2020年01月13日

仕事で使っているPCの修理が終わったと思ったら・・・

昨年末から非常に調子が悪くなって来ていたデスクトップ型のPCが、遂に年末にダウンしてしまい業者さんに依頼して修理をしてもらっていた訳ですが、先週末に漸くそれが治って戻ってきました。
ところがそのPCはウィンドウズ7搭載のものであった為、明日1月14日までで使えなくなってしまうという事で、そのPC修理業者さんにお話を伺ってみた所、特段ウィンドウズ7のままで使っていたとしても海外へのメールやインターネットでのアクセスをしなければ、それほど恐れる事も無く普通に今迄にもウィンドウズXP等を使っているユーザーさんもいますとの事でしたが、本当にそうなの?という思いと特定の作業だけの使用であれば問題ないのかも?と云った想いが交錯して、今後どうすればよいものかを思案してしまっております。
新聞等を見ても、日本全国でもまだかなりのウィンドウズ7のユーザーがいる様であり、それらの方々が14日を境に一斉に全てのPCを変えてしまうとも思えず、ひょっとしたらこのパソコン修理業者の方が云う様に、慌ててウィンドウズ10への入れ替えをしなくとくも問題ないのかな?等とも考えてしまうのです。
最も、ほぼ1年位前に既に別のPCの購入を済ませており、そちらのウィンドウズ10搭載のPCも若干ではあっても使ってみてはおりましたが、やはり使い慣れた方へ手が伸びてしまう関係もあって、古いPCからなかなか脱却出来ずにズルズルと古いPCを大事に使っていたら、今回この様な形でのしっぺ返しを食らう事になったのです。
皆さんは、このウィンドウズ7に対する対策等はどの様にされておられるのでしょうか?
手っ取り早くウィンドウズ10搭載の機械で仕事をして、ウィンドウズ7搭載の機械は廃棄する位の勢いで乗り換えをされておられるのでしょうか?
PCの寿命は大体5年から8年位らしいのですが、今のウィンドウズ7搭載のPCも購入してから5年足らずですので、やはり勿体ないという気持ちの方が強く、使うには不便でも捨てられないと云った気持ちの方が強いのですが、今迄の様にフルに使う事が出来ないというのも中途半端な感じがしております。
しかしながら、仕事で使っている以上はスムーズに動くPCでなければお話になりませんし、古い方のPCについては今回HDDからSSDへの移行もしてありますので、容量的にも充分な形になっている為内部的な文章作成や図面作成、後は情報資料の備蓄用として割り切った形で使う事にする予定にしております。
ウィンドウズ10以降については、今迄の様なOSの変更は無いと云うお話がマイクロソフトからは出されている様ですが、今迄にも世界的に評判の良かったウィンドウズ7についてもサービス続行をして欲しかったと云うのが、多くのユーザーの気持ちかと思われます。
余りにOSの買い替えを強要する形にしているから、マックへの乗り換えを検討されたりしてシェアを減らしている感もあるマイクロソフトさんは、もっとユーザーの懐具合や立場等を考えて貰えたらとも思いますが、お金を儲けてしまうと他人の懐具合等は気にならなくなると云うのが人の常なのかも知れませんね。
まだ年の初めですから、あまりに不平等を言うのではなく、前向きに頑張る事を考えて仕事をさせて頂く事にしましょう。
今年も宜しくお願い申し上げます。
posted by 医院開業物件パラダイス at 22:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月07日

明けましておめでとうございます。

皆様、明けましておめでとうございます。
昨日からの仕事始めで、物件情報の整理に時間を取られてしまい、本当は昨日の段階でのご挨拶をすべきところが本日になってしまいました。
昨年末の12月上旬に、仕事で使用しているPCの内の使い慣れている1台がクラッシュしてしまい、現在は新たに購入した新型機で仕事をしておりますが、まだ慣れていない為にそれほどスムーズに仕事が捗るといった感じにはなっておりません。
今週末に漸く修理に出していたPCが戻って来るようですので、本格的な仕事は結局そのあとになってしまいそうな感じです。
しかし、ウィンドウズ7を搭載している旧型PCですので、1月14日以降はネット回線には繋がずにオフィス内での単体処理業務専用に使ってゆく形になりますから、その内にはウィンドウズ10への移行も考えながら使う予定にしております。
修理した旧型機は、HDDを取り外して新たにSSDを移植して容量も増大した形で戻って来る筈ですので、少し楽しみでもあります。
そんなこんなで今年も始まりましたが、新たな物件探索をしている最中でもあり、来年ご開業希望の小児科ドクターの為にも可能な限り、将来的にも有望な物件の探索をしたいと思っておりますので、もし何か良い物件情報があればお教え頂ければ幸いに存じます。
昨年は色々な科目のドクターとの出会いもございましたが、何となくご縁が無かった様でありまして、5打数2安打といった感じでしたので、今年は気持ちを改めて出直したいという思いでおります。
昨年お逢いしたドクターについては、弊社の得意分野である優良物件のご紹介という点ではご満足頂けているものと思うのですが、コンサルテーションという部分においては、そのドクターのお身内に開業支援部署のある会社にお勤めされておられる方が居たり、医科をやらずに自由診療の美容一本でご開業される方等も居られて、方向性が異なっていたりという事で開業支援を出来なかったという事などがございました。
弊社としては、今迄保険診療でのご開業希望のドクターだけしかお付き合いがございませんでしたので、自由診療の美容関係につきましてはどのエリアでどう云った内容の施術が流行るのか?と云った事等については、エビデンスもございませんでしたし門外漢が知ったかぶりでお話等をする事自体、非常に無礼な事だとも思っておりましたので、その方面のお話には進んで入り込まない様にしておりました。
弊社は飽くまでも保険診療の分野において、将来的に渡っての患者動向やターゲットとなる人口増減を検討しならが、まずは物件の探索とご提案をさせて頂く事が重要と考えており、その優良物件が決定さえすれば、その先の開業支援についてはどの会社様でも大同小異でありますし、届出等については出来ないと云う会社様も在るようですが、そういった事の方がイレギュラーな事でありハッキリ言って論外な訳です。
どんなに優秀なドクターであっても、ダメな物件に入ってしまったのではご開業後にご成功されるには非常に時間も掛かってしまいますし、ご苦労もされる事になりますので、やはり初めの物件探索は重要だと思っております。
その点について、弊社では今迄の実績として全ての開業支援をさせて頂いたドクターの皆様が、其々大成功を収めておられます事からも判ります様に、物件探索においての失敗が皆無という部分は大きな財産だと感じております。
もし、物件探索などでお悩みのドクターがおられるようであれば、是非、一度弊社へのご相談を頂ければ幸いに存じます。
本年も、何卒、宜しくお願い申し上げます。
posted by 医院開業物件パラダイス at 19:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月23日

2019年も後僅かです。

毎年思う事として、頭をよぎるのはどうして1年経つのが早く感じられるのだろう?という思いであり、この事は毎年時間が早くなって行く様に思うのですが、他の皆さんはどの様に感じられているのでしょうか?
自分が子供の頃には時間というものが非常に長く感じられ、1日過ぎるのに3日間位掛かっている様な感覚を持っていたのですが、このところでは1か月が経つのも1週間位にしか感じないといった具合であり、時間の経過が非常に早く感じられます。
そんな中で、今日を含めても後1週間とちょっとしかない2019年、これから何が出来てどの様に締めくくれるものなのかが、気になってしまう今日この頃です。
今年の初めからカウントすると、ご開業希望の先生とは5名様お逢いさせて頂いた形ですが、其々あまりご縁が無かった様でありまして、心療内科・小児科・内科・皮膚科・小児科と云った順番での出会いでありましたが、現時点でのお付き合いをさせて頂けているドクターは2名という形であり、いづれも小児科ドクター様が残ったという形になります。
こういった事も、よく振り返ってみると自分自身の至らなさがこの様な結果を招いたのだと非常に反省も致しておりますが、しかしそう言いながらも中には弊社に対して金銭的なものは一切お支払する気もなく、単に情報だけを取ってからいらなくなった時点で捨てると云った態度をされるドクターも居られましたし、また、逆に仕事を進めた部分についてドクターの裁量でその分のお支払いをして下さったドクターも居られ、本当に人によって様々な接し方をされるものだという事も、今更ながら勉強になった1年でした。
そういった事をしながらも、これからのご開業物件に関する情報のご提供をして下さる会社様からのアプローチも割合に頻繁にあり、新たな視線と物件エリアの状況把握には大変に有り難いお話でもあり、各科目毎によって患者層も異なる事を加味しても、様々な物件情報をお教え頂ける事は非常に有り難く参考になる訳ですので、新たなお付き合いをさせて頂ける会社様とはこれからもそのパイプを大切にして行ければと思っております。
それと今年感じた事としては、弊社と同業である筈の開業コンサルタント会社様として、世間的に認知されている様な会社様であっても、なんとフルコンサル業務の出来ない会社様もあるという事実を知り、大変残念に思う反面、そういった形でしか開業支援が出来ないのであれば、思い切り良くコンサル業務の全ては出来ませんといった形でハッキリと謳うべきであり、組織が大きいからという事で信用して依頼をするドクター達をある意味騙している様に感じられたりも致しましたので、その事実を知った時には非常に憤りも感じました。
そういった形で百羽一絡げでコンサル会社として看做される事には、弊社としては若干の抵抗もありますし、さりとて其々が得意分野を持って活動している事も事実ですので、弊社に対して弱い部分である医療機器類の取り扱いを任されても、その部分だけであれば恐らくご辞退をさせて頂く形になるのでしょうが、そういった力不足の部分を補填するという形で専門の業者様と提携をしながらお話を進める形にしておりますので、突っ込んだお話をする場合にはそういった会社様のご協力を得ながら準備を進めるといった事も、ドクター側からのご理解を頂けるとより緊密な関係を構築できるのかなとも思っております。
そんなこんなでこの1年が過ぎて行った訳ですが、今年の残りと来年に掛けてもまだまだ色々とお話をしなくてはならないドクターの為に、時間のある限りこれからも誠心誠意お付き合いをさせて頂ければと考えておりますので、これからも宜しくお願い申し上げます。
posted by 医院開業物件パラダイス at 12:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする