2018年09月22日

ご開業日程スケジュールの事。

ご開業日程と云うものは、その開業支援会社様によってもある程度の差異はあったとしても、凡そ半年間位を目途にスケジュール作成をしていると云うのが一般的であろうかと存じます。
但し、そう云った日程を作成してみても、ご開業されるドクターそのものがご開業寸前までご勤務先にお勤めされているケースになりますと、殆どその日程スケジュール通りには事が進まず、後半になってからかなり慌てた感じにならざるを得ないと云う事になって参ります。
ご開業されるドクターの皆様やそのご支援をされる卸会社様等では、ほぼ同じ様にドクターのご開業日から遡って2か月前位迄にはご退職をされると云う事をお勧め致しておりますが、中にはそれが出来ない或いはしたくないと云った事でご退職時期を引き延ばすドクターもいらっしゃいます。
しかし、この事は最終的にはそのドクターがご開業された後に徐々に付けが廻って来る事になり兼ねず、余りご開業のご計画をされておられるドクターとしては得策とは言い兼ねる方法かと存じます。
結局、勤務医を辞めてご自身がご開業して事業主になる訳であり、そのスタートから先はご自身の稼ぎに絞られる形になる訳ですから、前職への未練や金銭的な部分で当てにすると云う事自体が、これから先のご自身を占う部分でマイナスの気持ちが出ていると云わざるを得ないと云う事が出来ますので、少し前に良く云われていた様に、ご自身がお勤めされていた病院から患者さんを多数引っ張って来ると云う方法に依存するやり方は、いづれどうしてもそこからの患者さんが減って来る形にならざるを得ない事になりますので、そこへの注力をするよりもご自身の診察力をもっと広く認知して貰う様な形で患者さんを集めるやり方の方が、長い目で見ると集患に繋がるのでは?と考えます。
それと、ご開業をご検討されているドクターは、必ずご開業資金と云うものをある程度貯めてから行動すべきであり、殆ど資金が無い状態でのご開業活動と云うものは、非常にリスクを上げてしまう事になり兼ねず、弊社の方では余りお薦めは致しておりません。
また、ご開業資金を折角貯めていたのにその資金を他に転用してしまって、結局ご開業資金は殆ど無いと云う状態の場合には、銀行への融資依頼をする為に事業計画書を作成して、その物件でこの診療をするとこれだけの患者さんが来ると予想されるので、資金返済には何の支障も無いと云った形で説明をしても、詰まる所ドクターの余剰資金を担保にして銀行口座を別口解説して頂けると、融資金利を大幅に下げてお金をお貸し出来るのですと云った形が金融機関の基本的なスタンスですから、そもそものラインとしてその自己資金が全くない状態で、更にはご自宅の購入等で他銀行から既に融資を受けていたりする場合に於いては、融資を渋られるケースもあったり致します。
ですので、ご開業のご検討をされるのであれば、このお話は以前にも書かせて頂いている事ですが、必ずご自身でご開業資金を貯めた上での行動をされる事が望ましく、仮にその資金を全く使わなかったとしても、それを持っているだけでご開業後に於いてはその資金が精神的な余裕を生む為の担保になったり致しますので、ご自身で自己資金を持っていると云う事は非常に大切な事なのです。
その為にも、ご開業についてはある程度計画的に物件探しや資金の蓄積をしておいて、その上でコンサル会社様等へのご依頼をしながらスケジュールを立てて貰って、その日程に合わせてご開業のご準備を進めるやり方が、最も穏やかにご開業を進める事が出来る方法であろうかと存じますので、ご開業を進める為には余裕を持ったご退職時期と資金準備をされておかれる事を強くお勧め致しますし、その事がご開業をするに当たっての余裕のあるスケジュール管理に繋がります。
posted by 医院開業物件パラダイス at 18:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月18日

物件の内装工事について

ご開業時における内装工事の部分は、平面図のご検討をされる折については割合に盛り上がったりするものですが、いざ、それが一段落して実際に工事期間に移って来ると、皆さん以外にそれまでの熱が冷めた様に現場についてのご興味が薄らいでいる様に感じます。
実際に工事をしている最中であっても、出来る限り関心を持って頂きながら、たまには現場を覗いて見る位の関心を持って頂けると宜しいかと存じます。
以外に始めの墨出しの場面などについては、「思っていたよりも狭い感じがする」等の感想を持ったり致しますが、平面図の作成が終了すると全てが終わった様な気になって関心が無くなると云うのは、勿体無いと思いますね。
これから具体的な部分が徐々に出来上がって来る訳ですので、こういう時にこそまめに足を運んで進捗状況を見たりするのも、ご自身のクリニックの完成を間近に見られるチャンスですので、楽しめるのではないかと思います。
スタッフの選別等もそうですが、全てこれから出来上がって行くクリニックの一部と云う見方を致しますと、全ての部分をじっくりと観察出来るとても良い機会であると思いますので、この滅多に無い機会を捉えてその進行状況の確認をしてみると云うのも、ご自身のクリニックのビルドアップを感じられる素晴らしい機会ではないかと思いますので、是非、こういった機会を逃さずに見て置かれる事も宜しいのではないでしょうか?
配管の給排水設備の設置から始まり、区画の壁の立ち上げからラン配線の設置、照明機材や壁材の決定等を経て徐々にその形が出来上がって来るところを少しずつみられると云うのは、それ程機会のある事ではありませんので、ご自分のクリニックの立ち上げの部分でご覧になられると云うのは意外に面白いものだと思うのですが、是非、機会があればドクターの皆様もご覧になられると、これも一つの薀蓄になるのではないでしょうか?
最もあまりに頻繁に顔を出されても、その現場の職人さん達からは煙たがられてしまうかもしれませんので、その辺りについてはほどほどにしておかれた方が宜しいかも知れませんが、一旦、ご自分の現場を覗かれてみて、その過程を見て置かれると云うのも意外に楽しいものだと思います。
今回のご開業ドクターは、余り現場のご様子にはご興味がおありではありませんけれども、室内の採光の具合や出入口関係の部分には気を配っていらっしゃいますので、皆さん人其々に見るべきポイントが異なっていると云う部分については、面白いものだと感じております。
後は、実際に工事をして下さっている職人さん達の工事に対する姿勢やマナーの部分については、何回か依頼をしていて実績がある会社さんだとその良し悪しが判るのですが、始めて以来をする会社さん等ですと営業の方は非常に素晴らしい方であっても、実際に工事を請け負う職人さん達が余り態度の宜しくない人だったり致しますと、次からは使いたくないと思ってしまいますし、そう云う場合には現場でのトラブルが発生したりしますので、コンサルをする方としては気を配る必要のある事だと思っております。
この様に、内装工事会社様を選定する場合に於いては、費用の安い高井の他にも、デザイン性が優れているかとか、実際にやる工事の職人さん達が良い方達か否かと云った事にまで気を配っておく必要がございます(余計なトラブルの発生を防ぐ意味に於いて)ので、意外に全てをじっくりと観察していませんと、その内装会社さんが良い悪いと云う判定をする事は難しく、トータルで良い会社様だと云う見極めをしておく事は大変重要な事であると感じておりますし、そう云う会社様を自信を持ってドクターにお勧め出来る様に、常日頃からのお付き合いの中から見極めを出来る様にしている積りです。
これからのご開業のご検討をされるドクターの皆様は、そう云った部分についても繊細な見方をしている弊社の方へ、是非一度、ご相談をされてみては如何でしょうか?
posted by 医院開業物件パラダイス at 19:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月12日

ご開業物件を選ぶ際の注意点は?

これからご開業をご検討されているドクターにとっての物件選びと云うものは、非常に大切な部分だと思われますが、本当に見るべき部分はどういった部分なのでしょうか?
まずは、その物件自体のテナント賃料設定を見るべきだと思われますが、どんなに条件の良い物件だったとしても、その賃料設定が余りに高いものであるならば、最初の内は良くても直ぐに経営的に無理が生じて来ますので、どんなに足掻いてみても2〜3年位で閉院に追い込まれてしまうのであれば、ご開業された意味も無くなってしまいますし、自由診療をどんどん取り入れるドクターであれば問題無いかも知れませんが、多くの保険診療オンリーでのご開業をご検討されるドクターに関しては、余りに高い家賃設定の物件を気に入ってしまい、広くて綺麗でお洒落だと云った様な感覚的な部分と、駅から近いしメイン道りに面した一等地だからと云った、それなりの条件に当て嵌まっている部分から来る高家賃の必然性を、じっくりと検討しないままに物件を決めてしまうと、後々非常に厳しい目に合う形になってしまいます。
ですので、物件選びの際には保険診療による収入であっても充分に採算を見込める物件であるのか否かと云う点と、最も人通りの多い通りからは一つ中に入っているけれども、それでも近隣の地元住民には直ぐに認知される環境であったりするのであれば、無理をしてまでメイン通りに面した物件に固執する必要も全くありませんし、そこで見栄を張る位であるならば実際の収入増加を検討するべきであり、収支の計算の上に成り立った物件を検討するのでなければ、ご開業される意味が全く無いと同義になってしまいます。
そう云った事を念頭に入れながら、次に見るべき点としては物件の視認性若しくは今後に認知度と云った物件自体の存在する場所と、その周辺環境を良く見る必要がございます。
物件の賃料設定が妥当だと判断され、その次に物件自体のある場所の視認性や認知度が良さそうなのか否かと云う部分は、ご開業の後に大変重要なファクターになって参りますので、その部分を軽視する訳には参りませんし、その部分はジックリと実際に現地へ足を運んで検討すべきポイントになって参ります。
経営的に賃料設定が妥当であり、物件のある場所がある程度視認性も良くて認知度もよさそうだと云う事になれば、次に見るべき部分としてはやはり同じ科目の競合医院の存在と、その競合に実際にどれ位の患者さんが集まっているのか否かと云う点についても着目する必要がありますが、この部分については薬の卸会社さん等である程度は調べて頂ける情報であったり致しますが、患者数が少ないと云う部分に於いては、そのドクターが高齢であって患者さんをある程度制限していたり、診療時間を短くしていたり、或いは本当に人気が無くて患者さんが集まらないと云ったケースもありますので、その辺りについては周辺からの口コミやインタビューで調べる必要も有ったり致します。
そう云った事を地道に調べてみて、ご自身がその地へ出てみても充分に競争できる物件だと云う目途が立ったのであれば、その場所に於いてのご開業と云う事をその時点でお決めになられればよろしいかと存じます。
その他に於いては、薬局さんとの位置関係に於いて直ぐ傍にそれがあるのか否かと云う部分で、患者さんに嫌われない為の周辺調査と云う事も必要だと思われますし、そう云った関連医事施設が無ければ、逆に呼んで来る等の手を打つ事も必要になったり致します。
その様にして、患者さんの利便性が高い状態になる様な環境を見ながら物件の選択をして行けば、必ず良い結果を生む事も可能になって参ります。
殆どのご開業をご検討されておられるドクターは、皆さん上記と同じ様な形での物件のご検討をされておられる事かと存じますが、やはり中にはそう云った事に無頓着であって、出逢ったコンサルさんや卸会社さんの言いなりに事を進めてしまわれるドクターもいらっしゃいますので、物件選びについては充分にシッカリとしたご検討をされます事をお薦め致しますので、もしも、これからのご開業についてのご不安や疑問点があるのであれば、是非、弊社の方へお気軽にご連絡を頂ければ、勿論無料でのご相談をお受けさせて頂いておりますので、宜しくお願い申し上げます。
posted by 医院開業物件パラダイス at 18:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする