2017年06月30日

弊社のブランディングをどの様に発信するか?

世の中には自身の売込みが非常に上手い人と、さっぱり的外れで上手く自身を売り込めない人がいると思うのです。
弊社においても殆ど後者の典型の様なものであり、自覚はあっても結果がコミットしない(どこかで聞いた事のあるフレーズ?)と云う状況が、結構長く続く事がございます。
これは、一言で云えばブランディングやマーケティングが上手く出来ていないと云う事だと思うのですが、口では言えてもなかなか実行に移すのが難しいと云う事もありますし、第一、自己投資をしたくてもその資金が無いのであればやり様も無いと云うのが実際の所です。
元々この開業支援のお仕事に於いて、お金を儲けると云った形にはなり難い所があるので、どうしても生活するだけで手一杯と云った事になってしまい、自己投資をする余裕が生まれてこないと云うのが現状です。
どこかでこの状況を変換しなくてはならないのでしょうが、結構、他の広告関係の会社さん等からカモにされてしまって、余計なお金を捨てる羽目になったりもしております。
同業者のある会社さんでは、社長自らが本を出版してその読者たるドクターからの依頼を基に、開業支援のお仕事を順調にされておられるのを真近に拝見させて頂いた事もございましたが、そこに投資する額がどれほどの物なのかも判らず、結局はその先へ踏み出すのを躊躇してしまう事になってしまうのです。
しかし、現在ある友人と共に、全く別のアプローチによって共同でのブランディングを構築しようと云うお話をしている最中であり、このお話が上手く軌道に乗れば割合に面白い事業に発展する可能性も秘めており、今後についてが楽しみでもある訳なのです。
今回のテーマであるブランディングの発信については、ある程度の力とキャパシティーを持って居ながら、その広報活動に問題が有る為に、中々その良さを広く理解して頂けないと云う部分に於いて、これの打開策を検討するという物ですが、この問題が上手くクリア出来ればこの事をドクターに当て嵌めて、増患対策としての利用も検討出来る訳ですので、是非、今後の研究課題として突き詰めて行こうと思っております。
やり方については、現在試行錯誤をしながら取り組んでおりますので、簡単には公表は出来ない訳ですが、いづれそのノウハウの蓄積が役に立てばと考えております。
posted by 医院開業物件パラダイス at 20:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月28日

開業物件を見つける難しさと、本業との繋がり

弊社は飽くまでも開業支援会社であり、単に物件を掲載している不動産会社や紹介会社ではありませんので、非常にその辺の事情に関して誤った見方をされる方が多く、どうしたものかと悩んでおります。
そもそも、弊社のHPを立ち上げる際にドクターが弊社の物件情報をご覧になられた時に、ワクワクする様な優良物件がザクザク発見出来れば、まるで開業物件探しをするのに打って付けのパラダイスの様だと感じて頂ければと云う想いで、サイト名を「開業物件パラダイス」等と付けてしまった訳なのですが、このワードの為に海外からエロサイトと間違われて、非常に多くの海外からの閲覧者が出ていた時期もございました。
今となっては早10年位経ってしまっておりますので、今更変更する事も大変ですし当初の想いについては全く変わっておりませんので、このままのサイト名で頑張る積りでおります。
しかし、中には弊社のサイト名をご覧になられたりイーメイルアドレスを見て、イカガワシイ会社と勘違いされる先生もいらっしゃられた訳ですが、当方では全くその様な事は考えもせず、単に遊び心も手伝って決めてしまったと云う経緯もございましたので、本当に大丈夫なの?と云われれば全く問題ありません!と云う以外にお答えの仕様もございませんが、先生のお役に立ちたいと云う想いは一貫して全く変わっておりません。
そうした中、弊社に於いては業界内における様々なお付き合いの中から、本当に優良な物件だと思われるものだけをチョイスして物件掲載をさせて頂いておりますので、どの物件に関しても「この物件であればこの科目が最も適しております」と云ったお薦めをする事が出来るのですが、中にはそうでは無い科目も当然入って来てしまいますので、その辺りの矛盾の様な部分での葛藤はございます。
本当に良い物件を選ばれれば、ご開業に関しての半分位は成功したと云っても良い位の比重で重要なファクターであり、弊社に於いてはそう云った意味に於いて掲載物件の情報という物は、本業である開業支援のための重要なツールでもある訳なのです。
ですので、例え同じ物件が他社様の物件掲載の中にあったとしても、弊社としての判断に於いて優良案件だとの基準に合致するから掲載をさせて頂いている訳であり、弊社の掲載物件をご覧になられた上でのお問い合わせに付いては、基本的に弊社の方でその物件に関してのケアとその後のサポートをさせて頂けませんと、何の為に物件掲載をしているのかが希薄になってしまいますので、物件には興味があるが開業支援は余所に依頼すると云うのであれば、弊社としては本末転倒と云う他は無くなってしまう状況に陥る事になる訳です。
この事は、他の会社様においても同じ様な形である筈ですので、そう云った部分も含めて物件情報に関するお問い合わせや関わり方を、ご検討頂ければ幸いに存じます。
何回も申し上げている事なのですが、本当に良い物件を掲載しなければ本当にやる気のあるドクターとのお付き合いも出来ない事になり、そういった事が出来るだけ少なくなる様にする為に、優良案件を日々探して掲載させて頂いている訳ですので、是非、そう云った観点からお気に召す物件を見つける事が出来ましたら、その先についてもご信頼を頂きながら、お付き合いを賜れれば幸いに存じます。
posted by 医院開業物件パラダイス at 12:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月26日

先週末は物件確認と、ラーメン店の確認?

先週末には、川崎駅東口に於ける物件の周辺確認の為に、3物件位についての周辺調査をしましたので、もう喉はカラカラだし汗だくの状態でした。
その後は、東京駅へと移動しドクター面談までの間の時間を利用して、八重洲地下街の中に新たに出来たと云うお話を聞いた「エビそば一幻」さんを探し回り、結局、地下街の最も隅っこに当たる東邦さんエリアの場所にお店を発見した訳ですが、午後3時半を回っていたと云う事もあってお客さんが2〜3人位しか入っておらず、もっと駅近くのラーメン街の様な人だかりが無くて若干寂しさを感じてしまいました。
しかし、北海道本店以外では東京に於いては西新宿のみの出店でしたので、今回、東京駅地下に新たな店舗が出来たのは、エビそばファンとしては非常に嬉しい限りなのであります。
他のラーメン店の味とは一線を画す風味と味ですので、食べない人には全く判らない旨さであり、西新宿店よりも行き易いと云う点では画期的かも知れません。
次回には必ずお伺いさせて頂き、あの味を存分に堪能したいと云う想いで、今から涎を垂らして行く機会を待っている次第なのです。
そうして次のお楽しみを発見した後に、丸の内でのビル診での継承物件のご紹介と云う事でのドクター面談になった訳ですが、面談時には非常に良い雰囲気の中で時間が推移しましたが、どうなるのかはこれから約2週間位の時間が経過すれば明らかになると云う具合ですので、これも先のお楽しみと云う所でしょうか?
先週末については、本当に体的には疲れた感じもした訳ですが、やはりどこかで楽しみを見出すと云う事によって、人は大変さを楽しみに変えられるものだと云う事を実感した次第です。
後は、現在進行中の小児科案件と糖尿病内科の案件が上手く軌道に乗ってくれれば、と云う想いで粛々と頑張っております。

posted by 医院開業物件パラダイス at 16:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする