2017年08月31日

明日から9月で、今年も既に75%が終了ですね。

暑かったり涼しかったりしながら気が付けば、今日で8月も終わりです。
今日なんかも8月とは思えない様な涼しさですが、関東では来週からまた暑さがぶり返して来るとの予報が出ておりましたので、体調管理が大事になって来ますね。
9月になると秋桜やススキ等と云った植物の名前が出て来ますが、台風さえ凌げれば徐々に暑さも緩んで来て、夜にはコオロギや鈴虫等の虫の音を聞く様になると秋も深まったと感じるのですが、今の所はまだ暑い日が有りそうです。
ご開業に関してもこれから年明けに掛けての優良物件が出て来そうですが、来春のご開業をご検討されておられるのであれば、今位から物件の絞り込みをされるのが宜しいのではないでしょうか?
例えば来年4月初め位のご開業と云う事であれば、現時点に於いて良い物件の目星がつけば10月位から具体的な資金の融資活動の開始や、ロゴマークの検討と共にクリニックの電話やファックス番号の予約取りを開始して、事前予告に繋がるホームページの作成依頼等をしながら、徐々にご準備を進められるのが宜しいかと存じます。
ご開業に関しての最重要ファクターは、何と言ってもまず物件選びと云う事になりますが、同じエリアで同じ科目のドクターが同じ様に物件探索をしているケースもございますので、まずはご自身で良いと思った物件については、出来るだけ早めに仮申込みと云う事をして、その物件に対して手を挙げていますよ!と云うアピールをする事によって、他のドクターの牽制をする事も大事になって参ります。
よく、気になる物件があっても目移りしてしまっていて、本当に良い物件と確信するまで何もアクションを起こさないと云うドクターも多々いらっしゃいますが、そのやり方ですと気付かない内に他のドクターに先を越されて、本来一番手でその物件に目を付けていたのに動かなかったが故に二番手になってしまい、最終的にその物件が良かったとしても入れなくなるケースもございます。
変な話ですが、物件については良いと思ったら直ぐに手を挙げておき、更に他にもっと良いと思う案件が出てきたら辞退すれば済むお話なのですので、遠慮せずに椅子取りゲームの様な感覚で先に抑えてしまう事が重要になって参ります。
それと、物件に関しての坪単価等も大変重要なポイントになりますが、ご自身の科目が本当にそのエリアで必要とされており需要(患者数)が高いのであれば、余りに金額面のみに気を取られる事無くトータルとしての収支の計算をした上で、充分な売り上げを見込めそうなのであれば敢えて坪単価が高くとも、視認性や認知度と云った条件を優先させて物件選びをする事も大切になって参ります。
特に、これからご開業と云う先生方は往々にして先行きの不安を心配する余り、本当に良さそうな案件が非公開で出て来ても、金額面で躊躇してしまってその物件をスルーする先生もいらっしゃいますが、そう云った事をされていると後からご開業される同じ科目の先生にその場所を明け渡す形になり、最終的にはそちらの後からご開業される先生に、患者さんを引っ張られる事になる可能性が高くなってしまいます。
そう云った事も含めてご開業の物件をご検討されるのであれば、単に物件の坪単価等だけに目をやるのではなく、トータルでの売上収支を検討して多少賃料の金額が張ったとしても採算が取れる目途が立つのであれば、迷う事無くそのエリアで最上の物件を押さえるべきだと思います。
こういった場合に、どの物件に対してもフラットな関係性で、どこにも偏らない立場の開業コンサルタント会社を選んでおきませんと、ある一定の会社組織の持つ物件や関連物件への誘致活動に巻き込まれる事になり、本当に良い案件が同じエリアにあってもそこをマスキングされた状態で、他へと誘導されてしまう結果になり兼ねませんので、大変注意が必要になって参ります。
この事は薬局様・機械の卸会社様・薬の卸会社様等においてよく見られる傾向であり、弊社の様な独立系で開業支援に対する対価をドクターに請求する形の会社においては、そう云った形にはなり難いのです。
その辺りの事も、これからご開業される先生方はほぼ全く知らない状態な訳ですので、ある一定の所だけにアプローチするのではなく様々な所へお問い合わせをされて、比較検討されるのが宜しいのではないでしょうか?
弊社においては、勿論どこかの会社様の紐付きでも何でもありませんので、お気軽にご安心されてお問い合わせをして頂ければと存じますし、その費用のご請求等に付きましても他の同業者様とは異なり、先生がご満足されご開業される直前位の時期にさせて頂く形を取られて頂いておりますので、ご開業のご準備に専念して頂けます。
そう云った事からも、是非、弊社の方へお問合せ等を賜れれば幸いに存じます。
posted by 医院開業物件パラダイス at 14:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月29日

開業支援会社をどの様に選ぶのか?

ご開業される時には、殆ど全ての先生方はいづれかの開業支援をやって下さる会社さんへお声掛けをされている事かと存じます。
では、その基準はどの様にして決めているのでしょうか?
友人や先輩等からのアドバイスを受けて、勧められた会社や紹介された会社へ依頼すると云う先生も多いかと存じますが、その他にも所謂タダで開業支援をしますと云う会社へ依頼すると云う先生もいらっしゃいます。
後は、ネットで見つけたり開業セミナーでそのままの流れで依頼する等、様々な方法によってご自身のご都合に合わせて、支援会社を選定されておられる事かと存じます。
まず、金額第一なのか?信用第一なのか?紹介第一なのか?等の違いによって決められるケースが多いのだと思われますが、@金額第一としてタダだからと云うお話ですが、今の世の中に本当にタダで人の為に働く奇特な方がどれほど居られるのでしょうか?とお聞きしたいですし、そう云った所へご依頼される先生も患者さんにタダで診療されるのでしょうか? 
勿論、ご開業された後やご開業時に医療機器や医療関係品・薬等を使って頂けると云う条件が無ければ、そんなことはやる訳がありませんし、そう云った甘言に乗ると云う事自体が、ある意味カモにされていると云う状態なのですが、そうとも知らずにお任せでやっていると開業支援の色々な場面で、判らない様に金額面での搾取もされる事になっており、本当に金額面でのセーブをしたいのであれば、あらゆる場面での見積もりを出させる等をして、もう少し良く検討される事をお勧め致します。
A次に、信用第一と云う事を謳う会社の場合ですが、これらの多くは開業支援に対する対価(報酬)を要求する訳ですが、当然対価を要求すると云うのであればそれに見合うだけの働きをしなければならず、そこにはまず第一に信用をされない限り仕事の依頼をされない形になって来る訳ですが、この事は一方通行の形では無く、先生と支援会社の相互間での信頼関係が大切になって参ります。
弊社の場合においてもこのケースに当てはまる訳ですが、更に云えば弊社の場合には報酬を頂く開業支援をさせて頂けたと云う意味に於いて、その感謝の気持ちからご開業の後も引き続きサポートを無料で、先生が法人化される位の売上になる迄の間、長いお付き合いを継続してさせて頂く様にしております。
その様になって参りますと、本当に金銭的な結び付きでは無く信頼関係に基づくお付き合いの形に変化しており、先生の方でも気軽にご相談やお声掛けをされる事が出来る様になり、本当の意味に於いて先生の味方と云う存在になって参りますし、弊社の方ではそう云った存在になれる事こそが、本当の意味での開業支援の目的であります。
先生がお困りの時に、気軽に相談出来る間柄の関係というものが最終的な目的であり、そこには金銭的なやり取りは一切無く、信頼関係を結べるか否かが重要な点になって来る訳であり、そう云った信頼関係の構築の為に開業支援をさせて頂く事を、一つの切っ掛けにさせて頂いているのです。
B次に、先輩や恩師・友人等からのご紹介で開業支援の会社を選定すると云うケースもございますが、このケースの場合には気を付けなければならない点が一つあり、それは義理を果たさなければならないと云う点と、もしもダメな会社さんであっても中々断りづらい面があると云う点だと思われます。
まあ、そうは言ってもそれ程ダメな会社さんが紹介される訳もありませんから、まずは大丈夫と思っていても良いかと存じますが、ほぼ丸投げ状態で身を任せる形になりますので、そこは相手の会社さんのプロフィール等を良く調べておく事も重要だと思われますし、どれ位の金額で動くのかと云う部分もシッカリと調査する必要がございますが、そう云った場合は、そのご指名を受けた会社からすると先生のご開業のご支援をする事自体が、所謂、「棚ぼた」状態な訳であり、非常に美味しいお仕事にありつけたと云う形になりますので、この場合には、先生の方で余り遠慮する事無く、思った事をどんどんとお願いして働いて頂く様にする事がベストだと思われます。
以上、簡単ではありますが、ご開業に当たっての開業支援会社のスタンスと種類と云った物について、ご説明をさせて頂きました。
以上ですが、是非一度、騙されたと思って弊社の方へ、お気軽にご連絡を賜れれば幸いに存じます。
posted by 医院開業物件パラダイス at 18:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月26日

来年春以降のご開業用物件が増えてきた!

良くも悪くも色々な物件情報がまた増えだして来ておりますが、それらの中でも来年春以降にご開業されるのに打って付けの物件が増えて来て居る様に感じます。
かなり良いと思われる物件については、土地柄もあってか坪単価もそれなりに結構高めなのですが、そう云った物件においては診療圏調査の結果でも比較的数字が良好と云う事もありますので、若干賃料が高くなっていても勝負すればそれなりに採算ベースに乗せる事も容易であると云う感じですが、この辺りについてはそう云った勝負に出る先生なのか否かと云う性格的な部分で、止めてしまう先生と出ようとする先生とに分かれる所です。
しかし、今迄のサラリーマンドクターから経営者ドクターへの転換をするのであれば、やはり幾何かの勝負に出る必要もあるでしょうし、リスク回避だけしていたのでは大した売り上げの伸びも見られず、安泰であっても小さく纏まった形で大きなお金がリターンして来ると云う事は望めません。
よくご開業したら、直ぐに医療法人化して大々的にクリニックを増やしていきたいとか、他の事業にも参画して事業拡大をしたいと云う先生も多くいらっしゃいますが、そう云った夢を語る人の中にも有言実行の方と有言不実行の人とに分かれる様であり、あまり多くを語らない割には行動が大胆な方と、夢を大きく語る割には行動が慎重すぎて、リスクを恐れすぎて踏み出せない人とに分かれる気が致します。
どちらが良いとか悪いとかの問題ではありませんが、その様な夢を少なからず持つのであれば、ピンチをチャンスに捉えるだけの胆力も鍛えておくべきだと思いますし、実際にご開業されれば少なからずのリスキーな場面にも遭遇する筈ですので、行動する前からリスク回避だけを考えてしまうのでは、夢に向かって踏み出すのが横の方へ踏み出す形になり兼ねません。
内科系のドクターにはこれらの傾向が外科系のドクターよりも若干強い気がしてなりませんが、どうせ人生の中で何回もご開業される訳ではありませんし、一回の勝負を掛けるのであれば時期的な事と共に、諸条件に関しても良く検討してみた上で、やれそうな時に思い切って行動しませんと、後々心の奥底で後悔する形になり兼ねません。
ご開業と云う人生の中での一大決心をされるのであれば、本当に良い方向がどっちなのかと云う事と、自分のやりたい夢はどういう事であり、それを追求するにはどうすれば良いのか?と云う事は、常に検討しておく必要があると思います。
今迄やってきた勤務医時代の実績は、全て捨て去ってゼロからのスタートをする位の意気込みが、本当はご開業と云う場面においては必要なのですが、どうしても前の実績を引きずってこれからの将来に繋げようとすると、後々必ず前の職場からのクレームや揉め事に結び付く可能性が出て来る事も、心の内側に含んでおくことが必要になると思いますし、そう云った過去の実績もいずれは頼る事が難しくなって参りますので、兎に角前向きな姿勢でご開業される事が重要かと存じます。
今迄に、ご開業のお手伝いをさせて頂いて大きくご成功された先生のお言葉に、「良い物件で開業する事が最も重要であり、賃料が高くてもそれを上回る稼ぎを出せばいい訳でしょう?」と云った非常にポジティブなお考えを持つ事が、本当に成功する為には必要な事だと感じさせられました。
その上で、「どんな物件でやっても、成功する先生は成功するものです」と云うお話をされたのは、ある意味真理だとも思いました。
是非、これからご開業される先生方は、リスク回避にばかり頭を働かせるのではなく、より大きな収益を挙げる事と事業を拡大する為のノウハウをどうすれば良いのか?と云う点に、頭を働かせて頂ければと思います。
弊社の方でも、そう云ったポジティブな先生を、是非、応援させて頂ければと思っております。
posted by 医院開業物件パラダイス at 13:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする