2017年12月29日

今年もいよいよ終わりに近づいて・・・

決まり事として、一応お仕事は昨日までで終了と云う事で区切りをつけておりますが、開業コンサルタントと云う仕事は形のあるものではありませんから、何処から何処までと云う堺は無くやればどこまでもと云った形を取れる仕事ですので、自身の中で区切りを付けないと逆にダラダラしてしまう事になり兼ねません。
ですので公官庁と同じ日程でやり繰りを付けるのが最も妥当なラインになる訳であり、一応お仕事は昨日までと云う形にさせて頂いたのです。
そうして今年一年を振り返ってみてみますと、やはり歳のせいか一年がとても速く感じられ、それこそあっと言う間であった様な気がしておりますが、お仕事については上手く進んだお話や途中でダメになったお話等が積み重なって、時間を沢山使っていたのだと云う事が振り返ると良く判ります。
この仕事は、自分で積極的にアプローチを掛ける事が出来ない仕事ですので、どうしても受け身になりがちであり、その中での出会いを大切にしながら本当に必要として頂ける方に対して、全力でお手伝いをさせて頂く事でしか力を発揮出来ないと云う部分が、非常にもどかしいと感じられる仕事でもあります。
しかし、弊社を信頼してご依頼頂ける先生に対しては、本当に真摯に向き合いながら、少しでもお役に立てる様に努力をさせて頂いている訳であり、そこから更なる信頼関係が築ければこれ以上のご褒美は無いと云っても過言ではありませんし、そこを目標にしてこのお仕事をさせて頂いておりますので、この事が達成出来た時は喜びもひとしおです。
一昨年・昨年と余り良いお仕事に恵ませませんでしたが、今年・来年へと希望を持ち続けながらご開業される先生に少しでも貢献出来ればと云う気持ちでこのお仕事をさせて頂いておりますので、是非、今年以上に来年に付きましても宜しくお願い申し上げます。
弊社の場合にはご開業を成功させると云う事では無く、ご開業の後のご成功をお約束する為のお手伝いをさせて頂いておりますので、まずは、その為の基礎となる物件選びからご提案とご相談をさせて頂き、どの科目であれば何をすればと云ったノウハウの元、出来る限りのアドバイスをさせて頂きながら先生のご成功をサポートし続けたいと考えておりますので、繰り返しになりますが、来年も、何卒、宜しくお願い申し上げます。
また、お世話になりました全ての方々に対しまして、本当に今年一年、誠にありがとうございましたと云う感謝の念で一杯です。
是非、来年もその先も、ご開業されるドクターの明るい未来の為に、開業支援に関わる全ての方々のご協力を頂ければと存じますので、何卒、宜しくお願い申し上げます。
posted by 医院開業物件パラダイス at 12:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月25日

ご開業を考える時期は?

昔は、標準的に開業適齢期等と云って40歳代をその年齢とした通説がありましたが、昨今に於いてはそう云った年齢による見方の差が徐々になくなって来た感じが致します。
それこそ、30代前半でご開業される先生もいらっしゃいますし、50代・60代でのご開業をされる先生方も比較的多くなって参りましたが、どの辺りでのご開業をされるのが最も良いのか?と云う事になりますと、高校からストレートで入学されて留年等をせずにそのまま卒業された先生であれば、やはりご開業と云うケースの場合には若い時期にした方が、様々な面において有利であると云う事が云えるかと存じます。
ご本人自身の気力もそうですし、体力的な部分、気持ちの上での勢い、様々な患者さんの症状を見る上での探究心等、若いからこそ湧き上がるそれらに対するパッションというものは、年齢とともに減少する事は間違いありませんし、更には、何事も受け入れる頭というものが年齢を重ねる毎に硬直化していくと云う事実もありますので、そう云った意味合いに於いて若い時期のご開業の方がやり易いと云う事が云えると思います。
その他では、余り考えたくない状況(例えば閉院する等)になったとしても、若さと云う部分でのやり直しが利くと云う点においては、その部分だけでも非常にギャランティーになる部分だと思われますので、当然勢いも付け易くご自身の診療についてのお考えを思い切り試す事が可能になると云う点において、面白さが倍増すると云う利点もございます。
後は、資金面においても若い内の方が大きな借金をしたとしても、返済期間が長く取れると云う面においては有利に働きますので、好きなだけの借金をしてもそれ程恐れずに済むと云う利点がございます。
ドクターになってからの臨床経験が少ないと云う部分に於いては、年齢を重ねたドクターにはかなわない訳ですが、もしご本人がご開業を目標として医療行為をしているのであれば、当然勤務医の時代にはがむしゃらに様々な臨床を体験すべく頑張っておられた事でしょうから、ご開業されてもそれ程気にしないでも大丈夫と云った先生が多い様に感じております。
40歳代後半から50歳代に掛けてのドクターの場合には、その殆どの先生がご家庭内におけるお子様の問題等も出て参りますので、大きな借金をする事についても比較的消極的にならざるを得ない状況にもなりますし、徐々に体力も落ちてくる年齢になりますので、あまり無理が利かなくなって来ますから、診療時間などや診療方針にも、若干ですが無難な時間帯での診療が増える事にもなります。
その分だけ臨床経験がモノを云いますので、患者さんはそれを認めてシッカリとした良い先生と云う印象を持たれる事かと存じますが、家庭を守ると云う部分が大きくなる為に、守りの診療と云った姿勢が多く見受けられるドクターの年代でもあります。
もちろん、50歳代後半から60歳代に掛けては、融資の部分で厳しい状況になって参りますので、今迄貯蓄した資金を充てる形になり大きな借金は出来なくなりますので、勢い、その診療スタイルもこじんまりとした感じになる先生が多くなる傾向にあります。
この様にして見ますと、もし可能であるならば、やはりご開業については出来るだけ若い年齢の時に、ご開業をご検討してチャレンジしてみる事の方が、ご自身のリスク回避と云う意味に於いては安心材料にもなると思われますし、若い内に思い切りご自分のやりたい診療をやってみられる事を、是非、お勧め致したいと存じますし、そう云った折に、判らない点やご質問等があれば、何時でも弊社の方へご相談をして頂ければ、出来る限りのお手伝いをさせて頂く所存ですので、何卒、宜しくお願い申し上げます。
posted by 医院開業物件パラダイス at 15:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月22日

新規案件の中でも勢いのある物件とは?

ご開業をご検討されておられるドクターにしてみれば、如何に優良な案件を見つける事が出来るのかと云った点が最も重要な部分になっておられる事かと存じます。
そう云った観点から見て、優良案件というものはその物件のエリアについて良く知っているドクター等が見た時に、この物件であれば申し分無いと云う事で仮契約等を早々に行う事等からして、間接的に判ったりするものなのですが、そのエリアの状況が判らないドクターが見た時に、その良し悪しの判断が付かない為に一般的なセオリーを基に判断して、余り良い案件では無い等と決めつけてスルーするケースもあったりする訳ですが、そう云った場合には出来ればそのエリアに詳しい薬の卸営業の方等に、その物件の評価等を素直に聞いてみたりする事も大切な事であろうかと思われます。
そう云った低姿勢での他人への問いかけや評価を受け入れる事こそが、ご自身のご成功への一番の近道になると云う事をお知り頂く事だけでも大きな収穫になろうかと存じます。
以前にも、ある駅近物件について弊社の方で宜しいのでは?と云う事で、これからご開業のご検討をされておられるドクターへお薦めをした物件がございましたが、そのドクターについていた開業コンサルの方が物件の下見に同行されて、現地を見てみた感じとして余り良くない物件であると云う判断を下してその物件は却下されてしまった訳ですが、その後、すぐに別の同じ科目のドクターが目を付けて申し込みを済ませ、始めのドクターがまだご開業出来ずに物件探しを継続している間にさっさとご開業してしまい、更にその物件で大当たりをしていると云う姿を見せられますと、本当に勿体無い事をしたと云う感想しか出て参りませんし、NGを出した開業コンサルさんの見る目の無さと調査能力の低さにガッカリさせられました。
駅近物件であっても若干駅前のロータリーから奥まった所にある物件でしたので、認知がされにくいと云うご判断の様でしたが、その物件の前の細い通路が一般の人々が使う駅までへの通勤路であった事や、その物件の2階にファミレスが入っており、その更に上の階からが医療スペースであったと云う点がNGと判断された材料の様でしたが、それは全くの逆の考え方であり、そう云ったマグネット効果の高い店舗の入っている物件にこそ人が集まり患者さんとしても認知が広まり易い環境である、と云う点を見落としていた開業コンサルさんは、この場合には重大なミスを犯したと云っても過言ではありませんね。
この様に、其々の物件には其々の特徴などが隠されており、更にはその場所に物件を建てる意義や勝算と云った事も医療物件を造る上に於いてはある程度計算もされておりますので、そう云った総合的な観点から物件を俯瞰してみる癖をつける事が重要になって参ります。
その様に考えて行きますと、今後出て参ります新規案件の中にも自ずと勢いのある物件と云った物も浮かび上がって見えて来るものなのです。
是非、ご開業をご検討されておられるドクターの皆様には、その様な物件の見方や調査の方法を知って頂きながら、ご自身で納得の行く物件選びをされます事をお勧め致しますと共に、お気軽に弊社へアクセスして頂き物件のご相談等をされてみるのも良い方法かと存じます。
本当に良いご開業の為に、心よりお問い合わせを賜れます事をお待ち致しておりますので、宜しくお願い申し上げます。
posted by 医院開業物件パラダイス at 16:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする