2018年02月27日

ドクターとの付き合い方

これからご開業されるドクターには、勿論色々な性格の人達がいる訳であり、どの様な性格の人であるのかはお逢いしてみるまでは全く判りませんが、そう云った中においても性格的に冷たい人や逆に大変律儀な人もいらっしゃいます。
自分としては、それ程お顔を合わせておらずにメールや電話だけで物件のお話を進めていたドクターに、弊社以外から物件情報を得てそちらでのご開業をほぼ決めたと云うお話を頂き、それは良かったですねと云う事でその物件情報をドクターにもたらした薬の卸会社様の方で、ご開業のお手伝いをされるのだとばかり思っておりましたところ、何とそのドクターから弊社の方で出来れば開業支援をお願いしたいとのお話を頂き、非常に驚くと共に大変に有り難いお話だと思った次第です。
しかし、そのドクターは大変に律儀な先生であり、そうは言っても薬の卸会社様に対しても何も無しでは申し訳ないと云うスタンスを取られており、今度3者にて面談をしてどのパートを誰がヘルプするのかと云う事での決め事をしましょうと云う事になり、先生を含めてのご面談をさせて頂く事になりました。
弊社に於いては、元々ご開業のお手伝いをさせて頂いたドクターに関しては、ご開業の後に於いてもそのドクターに対してご開業後は無償と云うスタンスでサポートを続けさせて頂き、クリニックが医療法人化出来る位の売上になるまでお手伝いをさせて頂くと云う形でのご支援をさせて頂いております。
ですので、基本的にそのドクターの診療方針に沿って作られるであろう内装に関してや、税務関係・広告関係等に関してはこちらの方でサポートさせて頂きませんと、ご開業後にシッカリとしたサポートが出来ない状態にもなり兼ねませんので、この辺りについてはご支援を必ずさせて頂ければと思っております。
以前から、薬の卸会社様等に関しての営業的な部分や裏についてのお話等もさせて頂いておりますが、そう云った事を踏まえて彼らにもメリットのある形で参入して頂ければと思いますし、喧嘩をする形にはしたくありませんので、先生を含めて穏便に事を進められればと思っております。
いづれに致しましても、その様なドクターについては出来る限りのサポートをさせて頂きながら、その先生が目標としている将来設計に少しでも近づける様にお手伝いが出来ればと思っております。
現在の世知辛い世の中に於いて、こういった自分だけと云う事では無く他者の事も鑑みるドクターと云うのは非常に稀だと思いますし、一般的に見ても少ない部類の人だと思いますので、これからも長いサポートをして差し上げられればと思っております。
posted by 医院開業物件パラダイス at 12:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月25日

ご開業後の収益を左右するポイントは?

これからご開業されるドクターにとって最も心配になる点は、やはり売り上げや患者数と云う部分なのではないでしょうか?
この部分がクリアに見えないからこそ、開業するに当たっての心配や不安が膨らむのであって、この点についての危惧が少なければ少ないだけ開業後の期待感と夢が膨らむことになる訳です。
では、どうすれば不安を払拭して期待感を膨らませる事が出来るのでしょうか?
まずは、ご自身の中で最も自信のある診療スタイル等がどう云った物なのかと云う点、それとそのスタイル等が一般的な患者さんへアプローチする際に、ニーズとして捉えられるものであるのか否かと云う点、開業希望エリアに於いて既に同じ様なコンセプトで開業している競合がいないのかどうかと云う点、ご自身の診療科目自体がそのエリアに於いて将来的にも求められる患者構成としての人口形成のあるエリアであるのか否かと云う点等についてのリサーチがシッカリと出来ていれば、特にご心配される要素も減る事になる訳ですので、ご開業準備段階に於いての心細さと云ったものは大きく後退させる事が出来る事になります。
また、その様なリサーチが為されていれば、ご開業後についてもそのエビデンスに基づいての収益の向上が見込まれる事になる訳であり、いきなりアップする事は無いにしても徐々に収益が向上する形になって来ますので、ご開業された後に診療点数の少なさや患者数の少なさ等で悩んだり不安に駆られると云った心配事を回避する事が出来る形になりますので、ご開業準備段階に於いてご自身の診療方針の確たるスタイルの確立と、開業物件エリアとその周辺における患者ニーズの把握と云う部分でのリサーチがシッカリと為されていれば、ほぼ開業についての心配の種をつぶす事が可能になると思われます。
その他データに表れない部分で非常に大切な要素としては、ドクターご自身のキャラクターと云った部分がありますが、これは近年盛んに言われている事ですけれども、医療と云えどもやはり客商売でありサービス業の一種と云う捉え方をする必要もあり、患者さんに媚びる必要はないにしても上から目線での高圧的な態度や物言い、不親切な接し方と云ったものについてはドクター自身が気を付けて、それら一般的な人間が見て不快だと感じる要素があるならば、その部分を改善する努力が求められる事になる訳です。
ご開業されると云う事は、給与受給者から事業主への転換と云う大きな変化が伴う訳ですが、それと共に勤務医時代より更に踏み込んだ患者さんとのコミュニケーション力が問われる形になると云う事を、最も基本的な部分として理解する必要があろうかと思われますので、その根幹部分について是非、ご開業される前段階に於いてドクターご自身のリサーチもされておかれる事をお勧め致します。
posted by 医院開業物件パラダイス at 09:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月19日

開業コンサルとしての責任とは?

開業支援をする為に、その対価を頂く形でお手伝いをさせて頂くと云う事は、正にその仕事に対しての責任を持ちますと云う事に他ならず、その基本姿勢をご理解頂けるドクターにとっては非常に頼り甲斐のあるお話になるでしょうが、そう云った内容についてのご理解を得られない場合には、単なる怪しい人間としか映らないのでしょうし、実際にその様な怪しい開業コンサルなる人物もいる為に、非常に弊社等に付きましても同一視される恐れもありますので困っている次第です。
やはり、どの様な人物であるのかについては騙されるまで判らない場合が多く、騙された後になって漸く気づく形になりますので、それではそう云った開業コンサルと称する人間には始めから近づかなければと云うスタンスになってしまう訳ですが、それでもそう云った開業コンサル会社の中にも素晴らしい人材や考え方を持った会社様・個人等がいらっしゃいますので、そう云った人達に巡り合う事が出来れば、非常に開業についてもその後についてもドクターは安心して個人事業主としての船出を飾る事が出来る様になる訳です。
弊社についてもその様な、如何わしい考えを持って開業希望ドクターを食い物にしよう等とは考えた事もありませんし、この仕事をする意義を大きな括りで考えますと「人助け」と云う範疇に入るのでは?と考えており、サラリーマンから事業主への転換をするに際しては一般人であっても大変な所を、更に医師と云う職業の中で経営等と云った事柄からは全く無縁であった人達をサポートしながら、その準備と成功へ導く事を主眼としてご支援させて頂き、それが上手く行った時に見る事の出来るドクター達の嬉しそうな表情を見る事が出来ると云う、その一点の為に開業コンサルタント会社を今迄続けさせて頂いて来た訳です。
よって、開業する為の準備だけをお手伝いすると云うのであれば、単なるヘルプにしか過ぎない事になり本当の意味に於ける開業コンサルタントとしての責任を全うしたとは言えないと考えるのですが、この辺りの事を皆さんはどの様に受け止められるのでしょうか?
そこまで考えるのは行き過ぎであると云うご意見もあるでしょうし、その通りであるが開業後については別にチャージを頂く形で顧問としてサポートすれば良いと云うお考えもあるのでしょう。
しかし、それでは税務会計の分野で政務会計事務所を顧問先として雇っている中で、その同じ様な目線での顧問契約をすると云う事の意味を明確に差別化出来るのか否かと云う部分に於いて、混同されかねない状況も出て来る訳であり、更に云えば開業当初としてそれ程金銭的に余裕の無いドクターに寄生虫の様に取りついて顧問料を吸い上げると云う事について、弊社としては違和感を覚える為に敢えて無料でのサポートをさせて頂いている次第です。
時が経ってドクターに余裕が出て来た時点で、そう云った経営顧問的なサポートについての有料支援をさせて頂けば事足りると思っておりますので、始めから余りにビジネスライクに開業支援を捉える事にはいささかの躊躇があるのです。
そう云った事も含めて、弊社に於いては開業支援の中にご開業後についてのサポート期間も時間を区切らずに入っていると云う認識をして頂ければ、ある程度のご信頼を頂く事も可能であると信じておりますし、また、その様にする事こそが開業コンサルとしての責任のあり方では無いのでしょうか?
弊社に於いては、その様に考えて行動をさせて頂いております。
posted by 医院開業物件パラダイス at 14:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする