2018年04月30日

開業支援会社等を、どの様に捉えていますか?

ご開業の準備をする際に、そのお手伝いをする会社としては一般的に開業支援会社や開業コンサルタントと云った所へご相談されたり、お話を聞いたりしながらご自身のパートナーとなる会社をお選びになられている事かと存じます。
しかし、その時点でそれらの会社に対しての基本的な考え方として、どの様にそう云った会社をドクター自身が見ているのかと云う部分に於いて、誤った見方をされたままお話が進んでしまうと、後でこんな筈では無かったと云う事になり兼ねません。
今迄にも、その様なお考えによって失敗されたドクターを何例か見た記憶がございます。
では、どの様な見方をしているのが間違った捉え方であるのか?と云う事ですが、その会社に対して開業支援・開業コンサルタントと云う名称からドクター自身が、その会社をご自身の代理・代行をしてくれる会社であると云った様に解釈してしまう事から誤りが生まれて来る訳なのです。
ご開業と云う物は、他人に任せて進むほど楽な作業では無く、当然ご自身がこれから事業を展開すると云う事になる訳ですので、どんな細かい部分に対しても他人に代行させて決定しておいて貰うと云った他人任せの行動は取れる筈も無く、全てはご自身の責任と決断によって決定されて行くものであり、その其々の部分のサポートをする為に、開業支援会社や開業コンサルタントと云った方々が存在している訳なのです。
では、ご自身が直接お話や決め事をするのであれば、そう云った支援会社等は不要だろうと云ったご意見もあるのでしょうが、医療分野ではプロであってもご自身のご開業については、殆ど知識の無い状態でご自身だけのお考えで動こうと思っても、決して上手く行く筈がありませんし、その時々によってその場でサポートや下準備等をしてくれる人や会社がいなければ、まず順調にはいかないと云うのは誰でも判る事です。
ですので、内装の準備打合せ等で時間が合わないとか足りないから任せましたと云ったお話は、ご自身のクリニックについて全く関心が無いのかやる気が無いのか?と云ったように見られてしまう事になり兼ねません。
資金集めの融資についても、銀行を始めとした金融機関はドクター個人と契約を結んでお金を貸す訳であり、そのドクターの代理ですとか開業支援会社ですと云う事であっても、その人にお金を貸すわけでもありませんし、お金を必要とするドクターご自身が実際に顔を見せて、ご自身の将来的な夢やコンセプトを其々の金融機関の担当者にご説明した上で、この様なお考えであれば融資をさせて貰ってご協力しましょうと云うスタンスである訳ですので、その部分等を代理で幾つか金融機関を回って調べておいてと云われても、決して各金融機関は詰めたお話等は致しませんし、情報すら頂けない方が当たり前なのです。
ドクターのご開業についてのサポートをすると云う事は、代理・代行をすると云う事では無く、飽くまでもそのドクターの手助けをして円滑に事が進むお手伝いをすると云うスタンスである事をご理解頂けておりませんと、頼んだ事をやってくれないとか面倒だから頼んだのに何も準備が進んでいないだとか言った不満が出て来る事になる訳なのです。
ドクターご自身の怠慢から、業者に任せてあるから問題ないと云う事でほぼ細かいお話に介入しなかったドクターがいらっしゃいましたが、この先生は2年経っても3年経ってもさっぱり開業準備が進まないと云う事をお話されており、よくよくお話をお伺いしてみますと時々お金を渡して会食をし、その折に大体の構想を聞く程度であって、内装のレイアウトについてもメモ書きにラフに描いた絵を見て、こんな感じでOKと云った進め方で推移していた為に、出来上がった内装を見てびっくりする羽目になり、受付の目の前に邪魔な柱が立っていたり、診察室のレイアウトが左右逆に造られていたりと酷い状況になっていて、更にレントゲン室が診察室から異様に離れていたり処置室に水回りが一切無かったりと、本当に酷い状況の出来上がりを拝見した事がございました。
これらも、ドクターご自身がご自身の事業であるにも拘らずに他人に代行させて任せっ放しにしたと云う事から起きた悲しい現実であり、現時点のお勤めを優先する余りにご自身の代理と云う事で他人に委託してしまい、ご自分の将来を人任せにしたと云ういい加減さが招いた結果でもある訳です。
この様に、開業支援会社や開業コンサルと云った人達は、決してドクター自身の代理でも代行業者でもないと云う事を、よくご理解した上で面倒臭がらずにご自身のご開業なのですから楽しみながら積極的に関わって行き、そう云った会社に下準備や面談時に必ず同席して貰って準備の推移を見守って貰いながら、サポートをして貰うと云うスタンスをハッキリと意識しながらお付き合いをされる事をお勧め致します。
posted by 医院開業物件パラダイス at 10:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月26日

内装業者様の開業セミナーに参加してみて。

今日は知り合いに誘われて、ある内装業者様の主催する開業セミナーに参加させて頂きました。
内容的には私自身も大体判っている様なテナントクリニックの造り方や、内部造作の見せ方とコストに関する関係性等のお話を聞かせて頂く事が出来ました訳ですが、やはり人前でお話をすると云う事は意外に大変であり、焦らずに要点をシッカリと相手に伝えると云う事の難しさを感じた次第です。
私自身も、再来月には人前に立って開業についてのお話をする事になる訳ですので、今日の所はどの様なテンポと間を入れてお話をすれば良いのかと云う部分を良く見る様にしておりました。
尤もそんな事以外にも、タメになるお話もちゃんと聞いておりましたので若干ですが内容をご披露しますと、クリニックの内装費用に関しては自分自身もそうなのですが、テナント坪数が小さければ坪単価も安くなるだろうと云う風に考えておりましたが、これは大きな間違いであり本当はその逆で、坪単価を安くするにはテナント坪数が大きくなければ坪単価は全く下がりません。
これには固定区画と変数区画と云った考え方があり、固定区画と云うのはどの様な大きさのテナントであっても、標準サイズの必ず必要になる診察室やトイレ等の大きさと云ったものはほぼ同じであり固定的に考えても問題無いと云う物であり、変数区画と云う物はテナントが小さければ坪数を減らし、テナントが大きければ広く使えると云ったフレキシブルに坪数を変えられるスペースの事を云うのであり、この小さいテナントの中に必要最低限の固定区画を入れると云う事によって、坪単価が上昇する結果になると云う理屈がある訳です。
なーるほど!と思って聞いておりましたが全くその通りであり、広いスペースのテナントの方が坪単価を下げ易いと云うのは、そう云った変数区画の部分でのコストダウンによって齎される恩恵であり、そう云ったコストダウン出来る余地の無い小さなテナントであれば、必然的に坪単価が上昇するのは当たり前のお話であったと云う事なのです。
その他では、小部屋を増やせば増やすほど坪単価が上昇すると云うのも、小さなスペースに様々な部材を使わなくてはならず、大きな壁に単に壁紙を張り付けて終わると云った簡単な作業だけならば安くても当然であり、それとは真逆の作業の加算をするのですから、坪単価が上がっても当然である訳ですね。
その他、今のクリニックに於いては当たり前の電子カルテの使用と云う事による、カルテ動線の排除と云った事を謳う業者様も居られるようですが、これが実際に開業して仕事をしてみると良く判るのですが、ペーパーレスと云う事での電子カルテ導入と云ったお話ではありますが、実際には診察前の質問状やら紹介状やらと、何かしらの紙ベースがある訳であり、それらを添付したりする為にも旧来通りのカルテ動線と云ったスタッフ動線も残しておくのが、本当に使い易いクリニック内のスタッフ動線と云う事になるようです。
これらの事は、改めて伺ってみて勉強になった部分です。
こういった事も含めて、自分が講師をする際には出来るだけ判り易くご説明が出来る様に、悪い頭をフル回転させながら頑張ろうと思った次第です。
posted by 医院開業物件パラダイス at 23:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月21日

ご開業される時に、誰を頼りにされますか?

ご開業をご検討される折に、ご友人のドクターや既にご開業された先輩のご意見を伺っている先生をお見かけ致しますが、そちらへ頼られる比重を多くした場合に、最終的に開業支援をして頂ける会社はどの様に探されるのでしょうか?
開業支援をする会社は様々ある訳ですし、何処の会社が良いのか悪いのかも判断が付かない場合に、人から推薦された会社を選ばれると云うのは一つの良い方法だと思いますが、人其々に色々な見方や感じ方をすると云う事もあり、やはり最終的にはご開業される先生ご自身が良いと思う会社を選ばれる事が、最も良い選択であると云う事が出来るかと存じます。
但し、今迄のご開業される先生の行動を拝見しておりますと、先輩から勧められた業者さんを直ぐに全面信頼されてお付き合いされると云った、非常にピュアな性格の先生もいらっしゃいますけれども、こういった場合は本当は良く確かめておきませんとビジネスとしてカモられるケースも少なくありません。
その業者が本当に先生の為を想って、医療機器類などに関しても極力値引きをする努力をして下さる等の対応をしてくれれば良いのですが、言葉巧みに誘導して、大して安くなっていない物をそのまま買わせると云った手口についても見て来ております。
こういったビジネスライクな仕事をする業者に関しては、開業コンサルタントとして開業を専門にしている会社では無く、主に薬の卸や医療機器類、或いは人材紹介等を専門としている会社様に多く見受けられ、まずは自分の会社の取り分がシッカリ確保出来るか否かを見極め、その次に余禄として他の部分のお手伝いをしてあげましょうと云ったスタンスの会社様が多い様に感じております。
それと、タダでご開業のお手伝いを致しますと云ったフレーズに非常に弱い先生が多く、どうして世間一般での常識が通用せずに、その様なお話に軽々と乗ってしまうのかと云った部分に、大いに疑問を感じてしまいます。
世の中では一般的には「タダほど怖いものは無い」と云う事は良く云われる事なのですが、もしかするとそう云った言葉に弱い先生ほど、ご自分を特別な存在であると云った見方をされているのかも知れませんし、口では言わなくとも心の中ではそう云った意識が高いからこそ、先生の為にお手伝いをさせて頂けるのであればタダで結構ですと云った事を云われて、有頂天になられているものかと思われます。
こういった事については、今迄の傾向として年配の開業希望ドクターと女性のドクターに特に顕著に見受けられる傾向であり、ご自分は違いますと仰られていても、実際にはその様な行動をとられるケースが非常に多いので、云う事とやる事が違っていると云う部分でも判ってしまう訳なのです。
その事自体が良いとか悪いとかでは無いのですが、傍から見ていて良いカモにされていると思うと少し可哀そうにも思えてくるので、この様なブログの中であれば自分の気持ちを素直に述べさせて貰っても、別に悪い事をしている訳ではありませんから宜しいのではないでしょうか?
ですので、本当に人を見る目を持っており、何がベストの選択であるかを良くわきまえておられる先生は、ご自身のご開業のお手伝いをしてくれる会社を探す際には、何をしてくれるのか?その対価は幾らなのか?を明確に質問して来ますし、それをしてくれるのであればその対価を支払って当たり前と云ったスタンスの先生が殆どであり、そう云った先生に限ってご開業された後にも非常に順調に利益を上げておられますし、対価を支払ったが今の売上を考えたら、とても安い支払報酬であったと云う事で感謝される事の方が多いのです。
その様に、どういった事に支払いをしてどの様な利益を確保出来るのか、と云った事を明確に判断出来るドクターは、ご開業されても必ず上手く行くドクターであると云う事は確実に言えますし、出来ればどのドクターもその様にシッカリとした判断の目を持たれる事を期待致します。
そう云ったスタンスの中で、弊社にもお気軽にご開業に関するお問い合わせ等を賜れればと存じます。
posted by 医院開業物件パラダイス at 18:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする