2018年04月11日

ご開業物件の検討基準

殆どの方がご開業物件を選ぶ際に、患者さん等の人の動線を気にされる事と思われますが、大筋としてそれは正しい考え方であると共に、基本的な部分として捉えて置いて宜しいお話です。
但し、何が何でもその部分を第一に考える必要は無く、プライオリティを付けるとすれば2番目か3番目のくくりとして見て置いても宜しいと思います。
では、何を最も重要視すべきであるのか?と云う点になる訳ですが、これは勿論ご開業されて実際にクリニックを運営するに当たり、売り上げも当然ながら何を一番気にすべきかと云う事を考えれば、自ずと答えは出て来る訳ですが、その答えは月額のランニングコストに他ならないのです。
毎月売り上げが多くても少なくても問答無用に差し引かれて行く経費であり、固定費と云われる定型の経費であり、その中でも比重の大きなものとして家賃・医療機器類の分割買い取り費用・スタッフの給与・借入返済金等が挙げられる訳ですが、そうした固定費の中核を為すであろう家賃について、物件の場所が非常に望ましい所にあるので、少し位高くても場所さえ良ければ患者さんも直ぐに付くだろうと云った事で、余りシッカリとした事業計画書を作成せずに、何処かの会計事務所様が作成した「この位の売上があればこの物件でやっても何も問題ありません」と云った類の資料だけを見て、それを鵜呑みにして物件を決めてしまうケースもあったりする訳ですが、この事が後々そのドクターの首を徐々に絞めて行く事になると云う事を、良く見極められた上で物件を検討すべきかと存じます。
この医療業界に於いて、これからご開業される先生個人の将来や人生設計を共に考えましょう!等と思っているドクター周辺の業者様は、一人もいないと思って間違いは無いと断言出来ますし、仮にその様なお考えを持っている業者様のご担当者様がいたとしても、実際にはその所属会社の命令によってドクターをビジネスの種としてしか見ていない筈ですので、余り甘い言葉に惑わされる事無くシッカリとしたご自身のお考えをお持ちでないと、後で痛い目を見る事にもなり兼ねません。
ご開業物件を検討する際には、まず賃料が適正か否かを第一に見て、その次に立地が良いのか悪いのかと云った部分を見て、ご自身の標榜される科目がその物件で良い数字を出しているのか居ないのかを判断しながら、その時に人の動線等もチェックされるのが普通であり、その次にはその物件周辺の環境状況を把握しておく事も重要になって参ります。
どういう事かと云えば、ご開業されるドクターが接する患者さんの年齢が、高いのか低いのかと云った部分に絡んでくる訳ですが、比較的子供を対象とする科目のドクターであれば、周辺に戸建や分譲マンション等よりも賃貸マンションやアパートが多くあるエリアに物件が立っている事が望ましく、逆に年齢の高い患者さん達を対象とする科目であるならば、賃貸マンションやアパート群よりも古い団地群や新しくても大型の分譲マンションが多くあるエリアに物件があると云った形の方が、現時点を含めてそのドクターの将来的な展望を占う事も可能になる訳ですので、出来る限り現時点でのお話だけでは無くご自身の将来的な診療対象が居住していると云う点を良く見ておく必要があろうかと存じますし、その事が将来に渡ってご自身の繁栄にも関わって来る重要な要素になる訳です。
ですので、物件選びの際にはまずはランニングコストの部分で無理の無い金額設定が為されているのか否かと云った部分をシッカリと見極め、その上で周辺環境や診療圏調査の数字等もある程度参考にしながら、物件のご検討をされるのが最も理に叶ったご検討のやり方であると云う事が出来ます。
弊社に於いては、常にその様な形でドクターご自身の目線でご開業のサポートをさせて頂いており、決して売り上げ重視でビジネスライクなご開業支援と云った事はしておりませんので、是非、お気軽にご連絡を賜れれば幸いに存じます。
posted by 医院開業物件パラダイス at 16:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月05日

集患対策としてのポイントは?

これからご開業を検討されておられるドクターにとって、ご開業された後の患者さんの集まり具合についての部分が、最も気になる部分なのではないでしょうか?
ご開業される物件の良し悪しによって、患者さんの来院される確率も大きく異なって参りますし、一般の商業施設とは異なりどんどん広告を打つ訳にもいかず、さりとて何もしないで居てはいつまで経っても現状からの打開は覚束なくなって参ります。
その為に、ご開業される物件選びが重要になって来る訳なのですが、視認性の問題と認知度が上がるのかと云った問題が大きな要素として挙げられる訳であり、駅前の人通りの多い路面で誰でも直ぐに判る立地である事や、近隣に大勢の人たちが集まる所謂マグネット物件があるのか否かと云う部分も、大いに関係して参ります。
そうは言いましても、既にご開業されていらっしゃられるドクター達がそう云った場所に関しては押さえておられる事が殆どであり、後発として参入するのであれば、場所選びにしても専門性を謳うにしても、既存のクリニックと差別化を図れるのでなければ、わざわざ訪れる患者さんは少ないと思われる訳ですし、まして競合が1Km圏内の中に複数居られる様であれば、ご開業される先生としての独自性を持たせた診療方針や診療時間帯、診療の内容等についてニーズの有無をシッカリと検討する必要が出て参ります。
ですので、ご開業をご検討される時点において、ご自身の確たる診療方針等を掲げた事前予告としてのHPの開設は必須であり、ご開業日当日までのカウントダウンをそのHP上に於いてやりながら、更には診療の予約までをも取り入れて、スタートダッシュに繋げる努力も必要になって参ります。
また、ご開院前の新聞折り込み広告やパンフレットの配布等、可能な限りで出来る範囲の事を悔いのない形でする事も大変重要になって参りますし、スタッフ募集についても同様に、これからクリニックが出来ると云う事のアピールにも使える訳ですので、医療分野の中での広告が非常に制限されている中においては、考えられる全ての事についてやる必要があるのです。
HP・新聞チラシ・パンフレット・エリア密着型タウン誌・医療情報誌(路線別医療情報誌)等を上手く活用しながら、自院の認知度を上げて行く努力が必要であり、その部分がシッカリと為されていれば多少物件の立地が悪くても、患者さんの方からアプローチして来たり致しますので、そう云った事も良くご理解頂きながら、医療機器類の為の予算だけでは無く、将来的に使うであろう広告費と云った部分にも事業計画を作成する時点で取っておく予算取りの組み方をすべきであると云う事が出来ます。
また、少し見方を変えますとクリニックの待合院内にモニターを設置して置き、ご自身の科目に関連する病気やウイルスに関わる情報と、それに対する対処法等を簡単に纏めた動画映像を流しておきますと、待っている間に何となく見ている画面からインプットされて、患者さん自身が来院されているクリニックに於いてそう云った病気等を見てくれるのか否か等の質問が患者さん側からも出て来る様になり、そう云った事柄が更に口コミでエリアに伝搬して、患者さんを集める事に繋がって来る事になる訳です。
他にも、電子カルテを応用した患者さんへのクリニック側からのアプローチ方法等もございますが、全てを一気にするのでは無く、一つ一つの行動をシッカリとやりながら徐々に患者さんを増やして獲得すると云ったやり方が、最も成功に近づく堅実な方法かと存じますので、是非、これからご開業される事をご検討しておられる先生方は、こういった細かい点まで検討しながら物件選びとその後の集患対策について、何段階も対策をしておかれる事をお勧め致します。

posted by 医院開業物件パラダイス at 11:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月01日

開業用物件の立地について

ご開業用物件を検討する際に人の動線やメインの通り等について、何処にその物件が立地しているかを重要視する事は非常に大切な事なのですが、その見方については一般的に言われている事をそのまま鵜呑みにして考える事は、実は失敗を招く一因になり兼ねませんので注意が必要です。
大通りに面した駅方向から見た際に視認性の良い判り易い物件というものは、一般的には非常に有利な立地の物件である事は誰でも想像がつく事かと存じます。
しかし、その物件の同じブロックの真裏に医療モール的なビルが建っており、更に表側の大通りに面した物件よりも坪単価がかなり安価であったりした場合、どちらを検討すべきでしょうか?
多少金額が高くても、視認性も良く人通りの多いメイン通りに面した坪単価の高い物件を選ぶべきなのか、或いはメインの通りから1本裏通りに入っている目立たない物件の方が良いのか?と云う二者択一の選択肢があったとした場合ですが、条件的には駅からの距離はともに徒歩5分、同じブロックエリアの中の表通りに面した物件か裏通りに面した物件かの違い、坪単価は表通りに面した物件が仮に1.7万円で裏通りの物件が1.3万円であったとした場合に、どうするかと云った問題なのですが、皆さんであればどうお考えになりますでしょうか?
勿論、時間帯にもよりますが検討されているドクター自身が現地を見に行った際には、圧倒的に表通りを歩く人が多く、裏通りについては殆ど人がいなかったと云うのですが、裏通り物件の目の前には大きな3階建ての駐輪場の建物が有り、中には自転車が満車状態だったと云う事でした。
そこで、裏通りに面した医療モール的なビルに入っている地元の薬局様へ念のためにお話を伺ってみた所、表の大通りについては地元に住む人達は殆ど利用しておらず、朝晩の通勤時間帯に自分達の家から裏通りを使って駅の近くである駐輪場に自転車を預けて駅へ向かう人が殆どであり、地元住民の本当の通勤路は自動車の通りも極端に少なく歩いていても余り危険を感じる事も無い裏通りを使っているのが現状です、と云うお話でしたが、では、それら住民達が具合の悪くなった時にどうするかと云えば、勿論、普段使っている裏通りに面した医療ビルを毎日見ている訳でありますので、当然ながら、裏通りの物件に入っている医療機関を訪ねて来ると云う訳であり、自動車や自転車では行きづらい表通りの物件に入っているクリニックへは行きたがらないと云う現象がハッキリと見えてくるのです。
そう云った細かな視点でのチェックが、ご開業の後に業績に反映されてくる訳であり、坪単価の高い大通りに面した物件に入ったのはイイが、肝心の患者さんが中々来てくれないと云ったケースの場合、そう云ったアクセスの良し悪しと云った問題が、根幹に潜んでいるケースが必ず存在している筈ですので、よく注意して物件の状況を把握する必要があると云う事が出来ます。
後は、地元に住んでいる人達へのインタビュー等によって、人の動線や普段使いの道等を把握する事が、患者さんの誘導には欠かせない作業になりますので、見た目が良いからとか視認性が抜群だから大丈夫と云った一般的な事の他にも、大切な調べるべき要因が潜んでいる事を見抜く力と共に、その物件を地元の人たちがどの様に見るのかと云った点も重要なファクターとなり得る事も、是非、知識として覚えて置かれる事をお薦め致します。
坪単価が4千円違ってくると云う事は、一ヶ月のランニングコストが物件40坪だとした場合に、16万円の開きが生まれる事になる訳であり、1年辺り192万円の格差が生まれる事になりますので、このランニングコストの差額だけでも他の有益な部分への投資なり広告関係へつかう事が出来る訳ですので、始めの部分でのコスト計算と患者動線の掴み方が非常に重要になる事を、能々ご研究される事が肝要になって参ります。
嫌な言い方になるかも知れませんが、良くタダで開業支援のお手伝いをさせて頂きますと云ったお話をされる会社様については、その先生が必ず上手く行く為にと云うよりも、如何に早く自分の会社が仕事として食い込めるのかと云った部分を重要視している為、そこまで深く検討してアドバイスをする事は稀であり、薬の卸業として早く登録してくれる事と医療機器類の販売を受けたいと云う事で、ドンドンと迫って来るケースが多い事かと思われます。
何故ならば、タダで開業支援をしますと云うのは正しくなく、医療器衣類の販売価格に自社の利益もシッカリと載せさせて頂き、判らない形で売り上げを立てさせて頂きますと云うだけの事であり、ついでに薬についても自社を優先してね!と云ったスタンスで営業をしているだけであり、決してタダで仕事を受ける様な馬鹿な真似をする会社は存在する訳が無く、その辺りの営業に関しては、純粋なドクターを赤子の手を捻る様にして意とも容易く捕まえるのが上手だ、と云えなくもありません。
ですので、営業トークが上手で普段から病院等にも社名が知られており、簡単に相談にも乗って頂けて2つ返事で引き受けてくれると云った卸の会社様には、簡単に何も知らないドクター達は乗せられてカモになっていると云うのが殆どの現状だと思われます。
しかし、それで上手く行っていればよいのですが、中々売り上げが伸びなかったり、ご開業の後には相談する人もおらずに一人で思い悩む事になるドクターも大勢いる訳であり、そう云ったケースに至らせない為にも、弊社に於いてはご開業準備期間からご開業の後も長い期間、ずっとどのドクターにも寄り添ってご成功されるまでのご支援を続けさせて頂いております。
これから、弊社に於いても開業セミナーを行ったりも致しますが、セミナーの内容においてはどの会社様が開催しても同じ様な事ばかりのお話だったりする訳ですので、弊社に於いては上記の様なある種の暴露話もする可能性は高いかと思われますので、お楽しみにしていてください。
posted by 医院開業物件パラダイス at 19:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする