2018年05月09日

物件選びの時のコスパを検討すると・・・

ご開業される先生方が物件をほぼ決定とする際に、ロケーションや競合の有無等と共に、ランニングコストとなって来る賃料設定も重要なポイントだと思われるのですが、毎月発生する賃料の設定額が毎月稼ぎ出す保険診療料と比較した時に、本当の意味でのコストパフォーマンスに優れた物件であるのか否かと云う部分を検証する必要があると思います。
賃料が安い分には、売り上げが大いに上がって内部留保が貯まった暁には他へ移る手段も検討出来ますが、それ程爆発的な売り上げに至らなかった場合に於いて、当初から若干広めだと感じていたとするならば、将来的な患者さんの増加に対する備えとして考えていたのでなければ、それは単なる余計なスペースと云う事になり、賃料の上乗せ材料に過ぎないのであれば、スタートする前に再検討される方が宜しいように思われます。
これからの開業に合わせて、様々なコンセプトや試したい診療内容とかがあれば、それも有効活用できる形を取れるのですが、単にゆとりのスペースと云う形であるならば、コスパの観点からは再検討される事が開業後の収支に大きく関係して参りますので、宜しい様に思われますが如何でしょうか?
内装業者によっては、単に広めに作っておくだけで先生の科目に合ったスペース利用のアイデアが出て来ない業者さんも居られますが、見てくれも大事ですけれどもより中身が充実してこそコスパの良い物件として、長く使えるスペースになる訳ですので、物件を選ぶ際には本当に良くご検討された上で、物件のチョイスをされる事をお勧め致します。
特に、都心部に於いては大きなスペースで開業される事の方が少ない場合が多いと思われますが、少し都内から離れた場所になりますと金額的には都内とさして変わらない賃料でありながら、スペース的には充分と云うか中途半端なサイズと云うか表現し難いサイズ間のテナントがあったりも致します。
こうしたテナント物件を選ぶ際には、本当にそのスペースを使い切る事が出来るのか?無駄な賃料を払わずに済むのか?と云った事を、よくご検討した上で決定しませんと後々大いに後悔する羽目になってしまいます。
細かいお話ですし、他の要素に比べると通常では余り気にしないポイントではありますが、ボクシングのボディブローの様に徐々に本体に響いて来る要因となりますので、開業コンサルの弊社としてはこういった辺りの事につきましても大変気になる訳なのです。
会計事務所様等からお手軽に事業計画書を作成して貰い、それを根拠にして大金を融資して貰い簡単に考えてしまいますと、ご開業後に徐々に後悔の念が高まって参りますし、殆どの場合には、そう云った時期には開業コンサルタント会社様は先生から既に離れてしまっており、懇意な形で相談する相手もいないと云った状況になり兼ねませんので、ご注意が必要かと存じます。
尤も弊社の場合には、ご開業の後にも定期的に先生の売上等に関してチェックとサポートをさせて頂きますから、上記の様な杞憂は一切ございませんので、ご安心してご開業準備段階からご相談をお受けさせて頂きます。
但し、他の業者様と天秤に掛けたりする様なスタンスを取られる場合には、弊社の方から身を引かせて頂きますので、その点宜しくご配慮賜れればと存じます。
posted by 医院開業物件パラダイス at 19:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月05日

開業コンサルのご紹介業者選びについて

開業支援会社が実際にドクターのお手伝いをする際に、ドクターにご紹介する様々な業者様が居られる訳ですが、その際にドクターに対して何社かを競合させる形でご紹介して、その中から一つの会社様を選定して行くと云ったプロセスを取るのが、ドクターにとっては最も納得の行くやり方であろうと思われます。
本来であれば、その様な形で全ての業者様の選定をすれば良いのですが、実際にはそのスタイルを取ってしまいますと一つの作業工程にかなりの時間を要する結果になってしまい、エンドが決定している場合に於いてはその様な方法で業者の選定を行っていると、必ずスケジュールの後半には時間が不足して来る結果になってしまったり、検討時間が足らなくなってしまう結果に繋がりかねないと云う事がございます。
2者択一の作業をする場合には、同じ物件に於いてのコンペと云う形式になりますが、同時に内見と云う事も出来ない訳ですし、其々の会社や其々の関係者には其々の都合がある訳ですので、お互いの都合の摺合せの上でコンペの形式を取る事になる訳ですから、当然一つの会社様との検討時間よりも時間が長くなる事は事前に分かり切っている事ですので、この方式を取る際には時間がいつでも取れるドクターであり、尚且つ開業までのタイムスケジュールに大変余裕のある場合にやって行けるケースになりますので、いつでもやりたい方式には違いありませんが、出来ない場合も非常に多くあると云う事を理解しておく必要もありますし、その為に開業コンサルタントの存在もある訳であり、選択の余地が時間的にない場合には、責任を持って最善の業者様を選んだ上でご紹介すると云うスタイルを取って行かなければ、開業までの時間が足らなくなってしまってドタバタの支援になり兼ねません。
事前にご説明をするケースが殆どですが、中には他所からその様なアドバイスを貰って来て、ご自分のケースに当て嵌めたがるドクターも居られますが、そう云うケースに限ってドクター側の時間が取りにくい環境であったり、コミュニケーションが取り難かったりして、時間のロスばかりが目立つ形になり兼ねないケースが多く見受けられますので、其々の開業環境をよく理解した上で其々の方法を模索する形にしませんと、最終的な良い準備が成立しないと思われます。
弊社の場合には開業準備の其々のプロセスに於いて、そのプロセスを任せる場合に他社との比較をその都度するのでは無く、今までに経験してきた其々の会社様の特性を見ながら、何処の会社様がドクターの要望のこの部分について秀でていると云う事を踏まえた上で、複数の会社でのコンペをしても恐らくその会社様に決まるであろうと思われる会社様を始めからチョイスした上で、開業準備のお話を進めさせて頂くスタイルを取っておりますので、時間的なロスを省く事が可能になりますし、コンペの時間を省きながらより深い検討時間を取る事が出来る形にして、ドクターに深い満足感を得て頂くやり方を取っております。
その業者様の選択に於いて、弊社の方での一存でと云う部分が気に入らないドクターも居られる事は間違いありませんが、実際に競合させてみるとほぼ弊社の選択した会社様に落ち着いてしまうと云うのが、今までの経験上ではほぼ間違いのない所でありました関係上、時間ロスの観点からも余計な手間は省いてその分をより深い検討時間に当てた方が宜しいのでは?と云うのが弊社の考え方であります。
飽くまでも其々のドクターのご意見や考え方を理解した上で、そのドクター目線での選択になりますからそれ程間違うケースは無いと思っておりますが、時間の足らないドクターにとっては、そこを飽くまでも競合コンペでやって行くのであれば、エンドが伸びてしまっても致し方の無い事であると云う事をご理解して頂きませんと弊社側の方でも付いて行けなくなってしまいますので、その辺りの事も良くコミュニケーションを取りながらご準備を進められるのが望ましいかと存じます。
posted by 医院開業物件パラダイス at 18:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする