2018年06月29日

最近の電子カルテを見て・・・

つい先日、電子カルテのデモを拝見する機会があり、今まで余りシッカリと内容を見ないままにスルーしてきた、大手メーカーの電子カルテを見る事が出来た訳ですが、やはりこう云った電子機器類の進歩は目覚ましいものがあり、方やサーバーを介しての機械とクラウド上でのサーバー無しの機械と云った、2極化の構図が成り立って来ているのですが、医療分野に於いてはまだまだサーバーへの依存度も高く、更には信頼度と云う点においても周辺機器との連動と云った部分に於いてもアドバンテージがあると思われます。
同じサーバーを介する機器類の中においても、其々の会社によって人気や機能の関係で緩やかなウェーブがある様であり、つい数年前まではL社であったものが現在ではM社の方がシェアも多くなっており、機能に関しても余り格差が無くなって来ていますし、使い勝手の良さプラス周辺機器類との連動やリースアップ後の扱い・メンテナンスと云った、トータル的な意味合いに於いての優位性と云ったものが強調されている様に感じられました。
総合的な価格に関しても、各社ほぼ同じような価格帯での勝負になっており、跳び抜けて金額が異なると云った感じの見積に関しては、最近ではあまり見かけられなくなってきたと云った印象があります。
クリニックの電子カルテと云う物は、いい意味で大きな病院の電子カルテと比べてみても機能的には遥かに上を云っている感じでもあり、今迄勤務医として病院で使い慣れている電子カルテと比べた時に、あまりの機能の便利さに驚嘆されておられる先生もいらっしゃいました。
そうなって来ますと、今度はクリニック内で行われる患者さんへの血液や尿の検査項目について、院内で行われる検査ではそれ程精密にと云う訳にもいかず、勢い外注での検査会社へ依頼するケースが増える訳ですが、そう云った折にも外注検査結果が伝送されてくる時点で、自院(クリニック)の電子カルテへ情報を飛ばせるのか否かと云った機能的な部分が問題になって来る訳であり、その機能を有する機器類が俄然優位に立ってくると云った構図も見えて参ります。
テクノロジーは日々進化していると云った事を実感する体験であり、単なる使い勝手の良し悪しを見ていた数年前までとは、同じ電子カルテのデモに於いても隔世の感がしたと云うのが本当の所です。
しかし、この様なクリニック内部の検査項目等にも微妙に絡んでくる電子カルテを見ておりますと、次には何処の検査会社を使うべきかと云った事が気になって来る部分であり、今まで余り検査会社様についての特色なども掴んで来ておりませんでしたので、こういった方面についても更に情報を集めて調べないといけないと云う事を、改めて感じさせられた日になりました。
電子カルテのデモから派生して、医療機器類の見方や検査会社の特色、更には其々の科目における武器となる周辺医療機器類の選択に於いても、少しずつ改めて勉強しなくてはと思い、気持ちを新たにした次第です。
これからご開業される先生にとっては、電子カルテは大きな武器にもなりますし、是非、ご自身の診療にマッチした機器類を揃えられて、タイムロスの無い効率的な診療を可能にする機器類を選択されれば、自ずと患者さんを始めとした口コミによる大きな反響を得る事が出来るものであると考えます。
posted by 医院開業物件パラダイス at 17:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月25日

6月24日(日)の開業セミナー、ありがとうございました。

昨日は、開業セミナーの講師としてトップバッターで1時間の持ち時間一杯を使い、弊社でのご開業時における押さえて置くべきポイントについてのお話をさせて頂きました。
参加者のドクターの中には、全くの新規開業希望ドクターの他に分院展開を考えておられるドクター等もいらっしゃいましたので、お立場の違い等もありますからあまり不用意な事はお話する事も出来ませんし、そう云った意味に於いては若干緊張する時間帯でありました。
意外に自分では気付かなかった事として、ご自分のお話されるパートの中で皆さん自社のアピールを結構されており、弊社に於いてはドクターへのアドバイスのお話が中心になっていた為に、ほぼ弊社自身のアピール等は全くする事無く終了してしまい、もう少し自社のアピールをしておけば良かったと後で反省してしまった次第です。
良く考えてみれば当然の事ながら、皆さん方はセミナーに来られるドクター向けに、自社のアピールをする為に講演されている訳であり、ドクターの為だけのお話をしていて自社のアピールを全くしないと云うのは、開業支援をする会社としてのスタンスから見ればやる気のない会社と思われ兼ねません。
そう云った意味合いに於いては非常に後悔する事しきりであり、次回この様な機会を頂けるチャンスがあるのであれば、もう少しシッカリとしたアピールをさせて頂きながらお話の中に盛り込むスタイルを取れればと思っております。
但し、弊社自体の事を殆どお話する事無く、純粋にドクター目線で開業準備についての気を付けるべきポイントをご紹介させて頂きましたので、メモを取っているドクターも意外に多く、少しなりともお役に立てれば良いのかとも思っておりますので、取り敢えずはガツガツせずにあっさりと行こうと思った次第です。
弊社以外にもお話をされた会社様は分野毎に複数社ありましたので、そう云った方々のお話は本当に勉強になりましたし、この様な開業セミナーへの参加と云う事は、自社のポテンシャルを挙げると云う面においても有効且つ勉強の場として大変役に立つ場であると実感致しました。
また、セミナー終了後にはあるドクターから今後のご開業に向けてのアドバイスを求められ、現在お声掛けをされている開業コンサル会社様や他の業者様等との考え方の違い等についてご質問を1時間位お受けさせて頂き、非常にシビアなご検討をされておられるドクターであると云う事に甚くいたく感心させられてしまいました。
電子カルテメーカー様もご講演されておられ、こちらについても電子カルテを単なる機械としてでは無く、集患の為のツールとしても利用する等と云った具合に、幅広く利用する方法についてもお教え頂く事が出来、大変に勉強になった次第です。
また広告関係についても、今後のホームページのあり方や見せ方についての、医業に関わる部分としての注意点等もレクチャーを受ける事が出来ました事は、大変為になりましたし、今後について必ず役に立つ情報でもありました。
自分自身、ドクターを前にして1時間全く休まずにお話をすると云う事は、通常では無いシチュエーションですので我知らずの内に緊張もしておりましたし、ゆっくりとお話をしている積りでも時間が足りなくなりそうな感じになって、思わず口調が早くなったりと直すべき部分も多く見受けられる結果となりました。
しかし、こういった事は良く考えてみますと、かなり自分自身の為の勉強にもなりますし、これからももしこう云った機会がある様であれば、積極的に参加させて頂きながら更なる研鑽を積めればと考えております。
昨日、セミナーにご参加くださった先生方、ご準備をして下さった主催会社様、その他ご協力下さった皆様、本当にありがとうございました。
posted by 医院開業物件パラダイス at 18:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月20日

開業物件情報の選定は?

ご開業準備で最も気を配る事柄として、ご開業物件情報を何処からどの様にして得るのか?と云う事が挙げられると思うのですが、皆様はどの様にされておられるのでしょうか?
多くのドクターは、現時点で一般的となっているエムスリー様のサイトから情報を得ておられるかと存じますが、そのサイトだけを頼っておられるのも宜しいかとも思いますが、他の部分のサイトにもエムスリー様には無い情報等が出ているケースもございます。
弊社も含めて、物件情報を多く掲載しているサイト等も小まめにチェックされてみて、より良い物件情報を得ながらご開業のご検討をされるのが最も正しい方法だと思われますが、殆どのドクターは通常からのご多忙と云う事もあって中々他のサイトへも目を向けるお時間が無かったりしますので、ある意味、致し方の無い状況かも知れませんが、やはり今後そのドクターの一生を掛けるのと同じ物件になる訳ですので、始めの出だしをシッカリと押さえて置かれる事をお勧め致します。
物件選びに於いては、様々なサイトの中に既に掲載されている物件の中から探す方法と、それらのサイトには掲載が為されていない物件であっても、業者様に依頼して探索をして頂きながら物件探索をすると云った方法もある訳です。
もしも、時間的に1年以上ある様であれば、物件探索に関しては後者の方法の方が、よりご自身にフィットした物件を探す事が可能になる可能性が高いと云う事が出来ますので、焦らずにより良い物件選びをされるのが宜しいかと存じます。
弊社に於きましても、その様なご依頼を頂く事も多々ございますが、出来る限りの良い物件を探してご提示しても、他社様の物件情報に惑わされてしまって本当に何が良いかを見失ってしまう場合もございますので、出来れば多くの業者様とのお付き合いの中から信頼出来る会社様を選ばれた上で、その会社様を信頼した上で物件を探索して頂いた方が、良い物件をゲットできる確率が高くなる様に感じられます。
今迄にも、その様な状況に於いて弊社をご指名頂いたドクターにつきましては、ほぼ確実にご開業後の売上が高いと云う事が言えますし、早いドクターでご開業から1年半で医療法人化するまでに至っております。
どういったコンセプトでどんな場所をご希望されるかにもよりますが、やはりご開業と云う事はそのドクターにとっての一大事業に他なりませんので、必ずしもエリア限定で他へ目を向けないと云った頑なな姿勢ですと、失敗する或いは成功出来ないと云ったケースにもなり兼ねませんので、飽くまでも事業を起こす事業主としてのご自覚をお持ちいただき、物件選択に於いてはどの場所が都合が良いと云う事では無く、どの場所であれば成功に近づけるのか?と云った事を第一に検討しながら物件の選定をすべきだと思われます。
そう云った観点からの物件情報の選定をして、角度を変えて調べておられるドクターは必ずご成功されますので、是非、その様な視点での物件探索をされる事をお勧め致します。
posted by 医院開業物件パラダイス at 19:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする