2018年08月06日

ご開業物件についての、これからの検討の仕方

ご開業物件のご検討をされる際に駅に近い物件をご検討されるドクターと、若干駅から離れていてもシッカリとした駐車場の確保が為されている物件をご検討されるドクターに分かれる傾向がある訳ですが、其々に良い点悪い点等がありますので、何が良くて何が悪いと云った事を簡単に論ずる事は難しいかと存じます。
以前から弊社の方での推奨する考え方として、その科目に合った人口分布と今後の人口推移をまず始めに検討された上で、現状における患者ターゲットがその物件周辺に確保出来るのか否かと云う点をしっかりと考慮しながら物件を検討するやり方が最も理に叶った方法であり、ご開業された後についても安心して診療に取り組む事が出来る環境を与えてくれる物件になろうかと存じます。
駅前物件の場合には駅や物件周辺のみならず、近隣からの駅利用患者様も検討に入れるべき可能性を持つ科目に有利であり、その移動手段も車では無く電車利用になって参りますので、余り駐車場の設置について厳しい判定をせずとも済みますし、その分の負担も軽くなりますのでテナント分の賃料負担をメインとしたランニングコスト計算で済む点が、運営上に於いては有利な部分になって参ります。
また、駅前と云う物件の立地性から自転車による受診も大いに考えられるシチュエーションであり、その為の駐輪場の確保は駅前物件であるが故にマストになって参ります点に、ご注意いただければと存じます。
逆に、駅から若干離れた住宅街エリアの物件については、交通機関であるバス停等が近くにあれば構いませんけれども、多くの患者さん達は自家用車による移動手段によって受診されますので、やはり駐車場の確保がマストになって参りますが、テナント料が高い場合には駐車場料金も加算される事になった場合に、運営的な目線から見ますと若干厳しいコストパフォーマンスになり兼ねませんので、その部分に於いては良くご検討される必要が出て参ります。
しかしながら、そう云った郊外型の物件に於いては小さなお子様をメインとする科目に於いて物件的に有利な場合が多く、ベビーカーの置き場や駐車場がある事によってお子様を安心して連れて来られる環境が整っている部分に於いて、駅前テナントへの入居よりも遥かに患者さんからは喜ばれる環境になります。
この様に、物件のご検討をされる場合に於いても、そのドクターご自身の科目に合わせた物件選びをされる事が、ご自身の将来的な部分に大いに関係して参りますので、これらの事を事前にご一緒にご検討して下さる良きパートナーとしてのコンサル会社様とお付き合いされる事がご成功への早道であり、安心してご開業のご検討をして行く為の第一歩であろうかと存じます。
今回は短い文面でのお話になりましたが、核心を突いた部分になりますので、そう云った意味合いに於いてこれからご開業のご検討をされるのであれば、是非一度、弊社の方へご相談をされる事をお勧め致しますと共に、今後の永いお付き合いをさせて頂く所存ですので、お気軽にご相談賜れれば幸いに存じます。

posted by 医院開業物件パラダイス at 18:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする