2018年08月24日

開業支援業務の最中だと云うのに・・・

11月1日に向けての開業支援をしている最中であるにも拘らず、何と、つい1週間位前に営業車の中でサイドブレーキのハンドルバーに胸をぶつけてしまい、どうしても痛みが引かないので本日整形外科さんへ診て貰いに行ってみると、何と、肋骨が折れておりました。
毎週一回は診察を受けて折れた肋骨の状態を確認しながら様子を見ましょう!との事でしたが、本音ではそんな形で時間を使うのは困ります!と云う事を云いたかったのですが、そんなことを云う位ならば医者に来るなと云われそうであり、只そうですか。と云うしかありませんでした。
而も週一の診察以外にも、出来れば毎日超音波治療に通ってくださいとの事であり、とても無理ですよ〜と思わず看護師さんには云ってしまいました。
今が開業支援の準備段階に於いては、最も重要かつ忙しい状況であるにも拘らず、どうしてこんな状況になってしまったのかが本当に恨めしく感じられてしまいます。
やっぱり日頃の行いが悪いのでしょうか?  そんなことは無いとは思っておりますが、神様はシッカリと見ていて私に罰を与えたのかも知れませんね。
肋骨骨折と云っても、それ程大げさに痛がる様な感じでもなく、また表面上でも見た目に何とも無い訳ですが、夜中に寝ていて寝返りを打ったりすると途端に痛みが走って目が覚めてしまい、寝不足になっている事は間違いありませんので、少しだけおかしいな?と思って本日受診してみた訳ですが、正直な所、骨折しているとは夢にも思っておりませんでした。
まだ外は日中非常に暑い訳であり、そう云う状況の中で胸にコルセットを装着してその上からシャツを着て歩き回ると云うのは、考えただけでもげんなりする訳ですし、これから秋口になるまでの間がまだありそうですので、外歩きが憂鬱になって参ります。
タダでさえ、汗疹の出来やすい体質なのですから、さらしの様な形状のコルセットを胸に巻き付けて炎天下を歩き回るのは、本当に願い下げにして欲しいと思ってしまいます。
しかし、ここは踏ん張って先生や周りの方々にご迷惑の掛からない様にしながら、仕事に精を出して頑張る所存です。
本日は、思わず蒙った付いて無い状況に於いての独り言と云いますか、愚痴と云う形になってしまいましたが、もしもお読みになられてしまったのであれば、大変申し訳ございませんでした。
以後、気を付けます。
posted by 医院開業物件パラダイス at 20:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする