2018年12月11日

ご開業する目的を明確に。

ご開業をすると云う事は、そのドクターの人生の中でも非常に重要なターニングポイントになる訳なのですが、良くお話をお伺いしてみるとドクターの中にはご開業される目的が余りハッキリとしておらず、ご開業された後に何をしたいのかがハッキリしないドクターもいらっしゃいます。
しかし、これではご開業をして見た所で行き当たりばったりの姿勢になり兼ねず、非常に危うい感じが致しますので、こういったドクターに対してはご開業をされた後に何をメインでやりたいのか?どんな診療をして行きたいのか?と云う部分を、まず先に固めて頂く作業からスタートする事になりますが、意外にこの辺りの事を深く考えずに勢いで始めようとするドクターが居られる事には、若干の驚きがございました。
それと、専門の分野を持たないドクターの場合は、メインに据える科目を一応内科とする事になる訳ですが、この場合に於いても呼吸器・循環器・消化器と云う形で全ての内科を標榜されるケースがある訳ですが、患者さん側から見るとこの先生はご専門は何なのかナ?と考えてしまう事もある様であり、たまにそのドクターに向かって「先生の本当のご専門って何なのですか?」と云う事を聞いて来る患者さんも居られる様ですので、一昔前と比べると、患者さんも随分ずけずけとモノを云う様になったものだと思ったりも致します。
しかし、本当に医局等の指示によらずに、ご自身の意志によって複数のクリニック等への勤務をされておられる先生は、往々にして得意分野の科目についても複数科目とも得意となっているケースもあり、そう云った場合に於いてはどの科目をメインにして診療をしようか?と云う部分に於いては一番儲けの出そうな科目にしようと云う事になる場合もあり、そう云ったケースの時に何をメインとしてご開業するのか?と云う部分に於いて、不明瞭になり兼ねないケースが出て参ります。
やはり、主となる科目が決まっていないと、その科目に合わせた内装を考えなければなりませんし、メインの科目に合わせた内装と共に、付随する科目についても考慮しながら内装計画準備を進める形になりますので、本当にご開業された後に何をどの様に遣って行きたいのかと云う部分を明確にしておきませんと、ご開業の後にブレが生じて来てハッキリとしない診療スタイルになり兼ねません。
売上高等を目標にする事は、若いドクターにとっては大変やりがいのある目標になると思うのですが、もう一度よく考えて頂き何がそのエリアに求められている医療なのかと云う部分から入って行って、そのエリアにおける不足している科目内容についてを充分に満たしてあげる形にすれば、売上高についても自ずと着いて来る事になる訳であり、考え方自体を売上高に着目するのではなく、医療の必要性と云う部分から考えて行けば、結果として売上高も引き上げられると云う理屈になりますので、医師として是非後者の考え方でのご開業をされる事をお勧め致します。
但し、言葉で言い表すには簡単であっても、実際に売上げを高くする事の難しさと云うものは、やってみた人でなければ決して判りませんし、ご開業される前のフワッとしたお考えの中でのお話を、もう少し地に足を付けて考えておきませんと、非常に具合の悪い結果を招きかねない事になりますので、充分なご注意が必要かと存じます。
いづれに致しましても、ご開業されるに当たっての基本的な注意点としては、まずご自身がどの様な診療をして行きたいのかと云う部分と、何をメインとしてやって行くのかと云う点を明確にしておいて、その事に対しての求められるエリアを探す事が、最もご成功されると云う事に対しての近道になろうかと存じます。
医療と云うものは、求められてこその事業ですので、そのエリアに於いて十分に満たされている科目なのであれば、その場所でのご開業は避けるべきであり、そこがどれほどご自身のご都合に合う場所だったとしても、そこでのご開業と云うものは避けるべき場所であると云う事が出来る訳であり、その辺りを冷静にご検討出来る方が、ご成功される事になる訳なのです。
posted by 医院開業物件パラダイス at 17:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする