2019年02月28日

埼玉県の医療過疎を想う。

つい先日の新聞記事の中にも出ていた事ですが、本当に埼玉県に於いては産婦人科・小児科が極端に少なくて全国で見てもビリか、お尻から数えた方が早いと云った順番になっておりました。
弊社の存在する埼玉県久喜市に於いても街中を流してみると良く判りますが、小児科クリニックが異常に少なくて夜間診療や連携等で頑張っていたクリニックでさえドクターご自身が疲弊してしまって夜間の診療を取りやめる形になって仕舞う等、本当に異常事態と云ってもおかしくない状況になっております。
また、産婦人科についても同様の事が言えますし、10年位前までは普通にあった産婦人科クリニックが閉院してしまい、現在ではその跡地に呼吸器内科クリニックが出来てはいるのですが、少子化の中においてお産の出来る場所が極端に減少している事は、非常に先行きの暗い想いをさせられます。
まして、久喜市に於いては遥か以前から個人のクリニックが多く集まっている場所柄であり、大きな総合病院の誘致話があると市長への圧力を掛けてそれらが入って来る事を排除していたと云う背景もあり、大きな病院はほぼ無い状況であって近隣にあっても全て他の市に出来ていると云った状況が続いているので、とても病診連携と云う部分に於いては患者サイドから見るとお寒い状況下にあります。
また、そうやってドクターの新陳代謝が滞っている為に、整形外科や耳鼻咽喉科、小児科、婦人科等も他の科目に比べると非常に不足しており、それらを必要としている患者さん達は本当に患者さんで溢れ返る待合室に長時間待たされていたり、早朝からの順番取りをしてその日一日をその為にほぼ費やすと云った形を取っていたりしております。
ドクターと云った社会性の非常に高い仕事に於いては、余り無理を言う積りは無いのですが、出来れば都内在住のドクターであっても、仕事として成功される為に、割り切った形で埼玉県の中でも割合に医療過疎に陥っている、弊社のある久喜エリア等へのご開業をご検討頂けると、地域医療にも大いに貢献出来ますし、ドクターご自身のご開業と云う部分に於いても、大成功を収める事が出来るのではないでしょうか?
よく聞く大手スーパー等でのご開業の場合には、土・日の診療等を強く勧められたりして稼がなくてはならない状況もあったり致しますし、その上での店舗協力金等の一括強制支払金等を科される所等も多く耳に致しますが、そう云った場所で無くとも多くの患者さん達を集められる物件と云う物は存在しておりますし、賃料設定等も非常に安く押さえられていて事業としての先行きを見た場合に非常に有利な案件もございます。
多くのドクター達は、ご開業の際に東京・神奈川・埼玉と広範囲での物件探索をされますが、その中の埼玉の場合に於いても「さいたま市」限定であったり、その次には草加市・越谷市等へ目を向けるばかりで、大宮と春日部の中間エリアには全く目を向けないと云ったケースが多い様に感じられますが、このエリアこそがこれからの医療事業に於いては患者さんを多く集められる場所であると云う事を認識してほしいと思っております。
特に、小児科・耳鼻咽喉科・整形外科・皮膚科・眼科等と共に、専門性の高い内科クリニック等も競合が多そうであっても、実際には専門的には今一つと云ったクリニックが多い為に他との差別化が出来ていない状況になっており、こういった場面に於いてもそのエリアでの成功のチャンスが埋もれていると感じられます。
東京に於いても神奈川に於いても、徐々に競合が飽和状態に陥って来ておりますので、これからのご開業のご検討をされるのであれば、本当に埼玉の中央エリアの中でも「宇都宮線」沿線を探索される事をお勧め致しますが、これらのエリアに於いては駅前と云う立地では無く若干でも郊外型の案件の方が患者さん達には好まれる傾向が強く、その環境をよく検討されれば非常に大成功を収める事が可能な場所と云うものが、まだまだ存在している事を知って欲しいと思っておりますし、そこでご開業をされる事が本当に事業を成功に結び付ける事に繋がるのだと思います。
posted by 医院開業物件パラダイス at 13:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月24日

とあるクリニックの経営者の方とのお話で・・・

先日、仕事上での知り合いの方からのご紹介で、あるクリニックの事務長様とのご面談の機会を頂く事が出来ましたが、そのクリニックの院長がある大学病院との太いパイプを持っておられるとの事であり、殊に呼吸器内科の教授からその一連の配下の方々まで、広いお付き合いをされておられるとの事で、それらの方々からのご開業のご相談や研修関連のお話までを受けておられるとの事でした。
実際に幾つかのご開業のお手伝い等もされておられたそうですが、やはり本業のクリニックの経営や今後の展望計画等もあるとの事ですから、そう云ったお話を幾つも受けている訳にもいかず、今後そう云ったお話についてのご相談も頂けそうな形でお話を頂く事が出来ました。
流石に医局関連のお話や人脈等は皆無ですので、こういったお話からの伝手と云うものは非常に有り難いお話ですし、もし今後そう云ったお話を頂戴する機会があれば、本当にミスなく今迄と同じ様に真摯にお手伝いをさせて頂ければと思っております。
しかし、そのお話の中では全く申し上げてはおりませんでしたが、実はそちらの伝手からのお話ですとほぼ100%ご開業支援のご依頼のドクターは女性との事であり、女性ドクターに対しての苦手意識のある私としては内心「ウワーッ!そうなんですか?」と云う感じの心境になり、思わず表情に出ていたかも知れませんでしたので、若干の焦りがあったりも致しました。
どうして苦手意識が芽生えたかと云いますと、あるご開業のお手伝いをさせて頂いた女医さんとのお付き合いの中で、意外に強気な女性ドクターであったと云う事もあり、グイグイとご意見を云われた時に男性ドクターの時と異なり何となく反論出来ずにそのご意見に流されてしまい、後でそのご意見とは異なる形に訂正しなければならない時に叱られてしまったケース等が有り、そう云った場面がトラウマの様になっていて苦手意識として残って居る様なのですが、人は千差万別ですのでその辺りはシッカリと気を引き締めて頑張る所存です。
いい年をして情けない感じもするのですが、実際に対面すると頭の回転が速い女性とのやり取りの場合には、その場に於いてはやり込められるケースも多々あり、普段からそれ程女性との会話等も多くはありませんし、割合に引いてしまうタイプなのか自分の意見をガンガン通していくのは相手が女性の場合には遣り難いと云うのが本当の所です。
まあ、そう云った事は実際にお話が出て来てから頑張ろうと思う訳ですが、何もしていない時点から弱気になっても致し方の無い事ですし、この様なお話の橋渡しをして下さった知り合いの方には本当に感謝致しております。
昨今では、ご開業のご検討をされておられるドクターの方も、単に開業支援の会社様へのアプローチをするだけでは無く、お知り合いのドクターや先輩方からのご推薦のある開業支援会社様を信頼される傾向が強いですので、この様なアプローチでのお話と云うものは非常に有り難いですし、やりがいを大きく感じる次第です。
ドクターとの接点と云うものは様々な形でお逢いする形になりますが、本当にご縁と云うものを感じますし、その中でそのドクターからのご信頼を頂く事が出来た時の喜びと云うものは、何にも替え難い大切な感情でありそこから本当に人としてのお付き合いが始まりますので、それらのご縁を大切にしながらそのドクターのこれからのご発展を見守りつつ、更にはご開業の後についてもサポートをさせて頂きながら、ご開業がご成功に必ず結び付く様にする事が本当のご開業のお手伝いだと認識しておりますので、是非、本当にご信頼頂ける様であれば長いお付き合いをさせて頂きながら、ご成功される姿を近くから見させて頂ければと存じますし、その事がこの仕事の中で最も魅力的な部分なのです。
少しでも多くのドクターのご成功のお手伝いが出来ればと思いつつ日々仕事に邁進致しておりますので、もし、ご不安な事等があれば本当にお気軽に弊社の方へご相談頂ければ、そのきっかけが弊社としては大変嬉しいお話ですし、ご相談については何なりとお受けさせて頂きますので、宜しくお願い申し上げます。
posted by 医院開業物件パラダイス at 19:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月18日

ご開業をご検討されているドクターのお気持ちは?

いつもご開業のお手伝いをさせて頂いていて感じる事に、ドクターご自身のお考えやお気持ちと云うものが常に不安定な感じがしていて、ご自身の核と云うものは勿論おありなのですが、それにフィットする相手でないと直ぐに他を当たるとかご自身の言葉に同調する相手の方へ靡いて行ってしまうと云う、若干頼りなさを感じたし致します。
勿論、人間ですのでご自身に都合の良いお話や、理解を示している様な感じの態度や言動に惹かれて行くのは当然と云えば当然なのですが、この医療業界の中の開業支援をするフィールドには様々な人達が渦巻いている事も事実であり、中には詐欺師紛いの人物も実際に居りましたし、純粋な気持ちを持っていてもそれなりに頑なな態度もするドクターは、意外に簡単にそう云った方々のターゲットになって居たり致します。
弊社の方で考える事としては、勿論これからご開業を検討されるドクターのお考えや診療方針等をよく理解した上で、そのご開業エリアや物件等についてのアドバイスをするべきだと思っておりますが、そう云った中においても必ずしもドクターのお考えだけを良しとするのでは無く、その形で進めてしまうと将来的に悪い結果へ流れてしまいそうだと感じる部分が有れば、ドクターには大変恐縮なのですが別のご意見をアドバイスとしてお伝えさせて頂いたりも致しております。
そう云った時点でまず気付く事として、人の意見に耳を傾けるドクターは実際にご開業されても大抵の場合には上手くご成功されているケースが多く、他の意見を排除する形で全くアドバイスを受け入れないドクターの場合には、やはり出だしから上手く行っていない場面を拝見したり致しております。
一つには年齢的な部分もあるのかと存じますが、比較的に若い年代のドクターの場合には他人の意見についても一応聞いて下さるケースが多い様に感じるのですが、60歳前後の年齢になったドクターの場合には余り他人の意見を聞き入れるケースは少ない様に感じましたが、これはある年齢に達してしまうとご自身の中でのお考えが固まってしまっており、他のアドバイスを受け入れる隙間が無くなってしまって居るからかも知れませんね。
そう云った意味合いに於いては、ご開業のご検討をされる時期と云うものは若ければ若いほど適している様にも感じられます。
まだご結婚もされていない場合や、お子様がいらっしゃられない場合等については、ご開業エリアについても比較的自由度が高くなりますし、思い切りの良さと云う部分に於いても、若さと云うものが一つの武器にもなって居る様に感じられます。
昔の言い方として、ご開業の適齢期と云う云い方がございましたが、それは臨床経験等もある程度積んでいて医療への造詣もかなり深まっている時期と云う事で、40歳過ぎ位が宜しいのでは?と云った考え方も有りましたが、実際にその年齢のドクターと色々ご相談事をしておりますと、その年齢のドクターでは一般的に既にご結婚もされており、またお子様もいらっしゃっている中で、そのお子様の受験と云うイベントが絡む時期になって来ていると云う部分で、金銭的な部分とエリア的な部分での縛りと云うものがかなり出て来ていると云う事実です。
そう云った事を考え併せますと、ご開業される時期としては可能であれば30歳代でお子様がいらっしゃられてもまだお小さい時期と云う事であれば、金銭的な部分や学校などの縛りと云うものもございませんので、本当に遣りたい診療スタイルで更にご成功されるエリアと物件を様々探す事も可能になって参りますので、出来ればご開業されると云う形になるのであれば、出来るだけ早い時期にご決断をされた上で動かれる事をお勧め致します。
人には様々なご事情がございますので、一括りでその様な事を云うべきではございませんけれども、もしも、ご開業をご検討されるのであれば早い時期にお考えの中に入れてご検討されるのが宜しいのでは?と云う位のお話でございました。
更には、そう云う時期にはご開業の後にもそのままご相談の出来る業者様を選ばれる事をお勧め致しますし、ましてタダでお手伝いをしますと云うお話には気を付けるべきかと存じますが、この世の中にタダで他人の事業のお手伝いをすると云う人間はいないと云う、その様な甘いお話を真に受ける事をしないで、必ず他人の役に立つ事をする為の対価を求めると云う姿勢の業者へお話を依頼するべきであり、その対価の責任は取って頂く形でなければ、良い仕事等は望むべくもありませんと云う事をシッカリと認識して頂きたいと思います。
そして、開業支援と云う仕事はご開業した時点で終わるものでは無く、ご開業した後にご成功される時点までのサポートをしなければ、本当の意味での開業支援とは言えないと云う事が言えるのではないでしょうか?
弊社では、その様な考え方のスタンスに立っての開業支援をさせて頂いておりますが、勿論ご開業の後のサポートについては新たな顧問料等を頂戴する事無く、弊社をご指定頂いた事への感謝の意味合いで無料でのご開業後のサポートをさせて頂いておりますので、その辺りについては本当にご安心して頂ければと存じます。
posted by 医院開業物件パラダイス at 09:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする