2019年05月31日

新たな新規物件の動き

今月は連休後に意外にバタバタしていた為に、気付けば5月も今日で終わりと云った有様であり、時間だけが早く過ぎてしまったと云う感じでした。
しかし、今月の間に於いても新たな物件の供給先や、新規案件でエムスリー様等には出ていない非公開物件の情報等も入手出来て来ており、下拵えの時間を使ったと思えば割合に有意義な時間を過ごしていた感じもあります。
多くの薬局系列の物件情報ですと、いまだに駅前に拘った物件(医療モール)の展開がメインになっておりますが、本当にその辺りだけをターゲットにしていたのでは、クリニックとしての売上や将来的な患者層の取り込みには苦労する時期が来るのではないでしょうか?
いつの時代もそうですが、皆さんと同じ動きだけでの追随では先に出た者が8割方を押さえてしまう結果になり兼ねず、後から出た者が逆転する様な形を作るにはかなりの創意工夫を必要としますし、地場固めの終わった場所へ新たな参入をしてみても、先人が引退する時期であれば問題無いのですが、競合する形になるのであればどうしても後から出た者は劣勢に立たされるケースが殆どですので、余り良い選択肢にはなり得ないと考えます。
常に、他のクリニックと単に競合するのではなく、別の視点で自院の売上の確保が可能な場所の選定とロケーションを選ぶべきであり、そう云う発想が出来るか否かによって、その物件がご開業後の売上にも関係して来る重要なファクターになるのですが、殆どのドクターの皆様はほぼ一般的な発想での物件選びによって選定をされておられる様であり、ランニングコストと直結する賃料設定の部分に於いても、余り神経を尖らせる事無く緩い流れで物件の決定まで行っておられるケースが多い様に感じられます。
相対的に見ておりますと、物件の坪単価は駅近や駅前物件の場合には本当に高くなって来ており、その事に比例してスタッフの人件費と云う物も都市部になればなるほど上がっていると云った事実もございますので、固定費として見た時にランニングコストの部分で賃料と人件費が余りに高くなっていると、診療報酬は全国一律ですので同じ儲けを出したとしても手元に残るキャッシュが大きく違って来る要因にもなる訳です。
ご開業と云う物は飽くまでも事業ですので、その事業が上手く行くか否かは単に物件の利便性だけでは無く、その物件でどれだけの売り上げを叩き出せるのかと云った部分が最も重要な要素ですから、余りに遠距離通勤を強いられるのであればNGですが、若干であれば通勤時間が掛かっても、利益部分を優先するのがご開業の基本だと思われます。
そう云った部分を全てクリアする為には、出来れば若い年齢の時点でご開業のご決断をされる事が望ましく、歳が重なればそれだけ身軽な体勢から乖離してしまう為、物件の検討やエリア選定に於いても幅を持たせることが難しくなって参ります。
その結果として良い物件を手にする事が難しく、若干については妥協しなければ良しと出来る物件に巡り合えないケースも増えて来る形になって参りますので、そう云った総合的な観点からご開業の計画をお立てになられる事をお勧め致します。
弊社に於いては今迄のご開業のご支援の経験からも、様々な年齢のドクターについてのサポートをさせて頂いて参りましたので、どういった年齢のドクターであっても其々の年齢に見合った優良物件の選定のお手伝いも可能ですし、何よりもご開業された後に必ずご成功されなければご開業した意味も無くなってしまいますので、ご開業後についてもご開業準備段階の続きと云ったスタンスでサポートをさせて頂いておりますので、是非、ご開業のご検討をされていらっしゃられるのであれば、弊社へのご相談をお気軽にされてみては如何でしょうか?
単なるビジネスライクな対応は致しませんし、お付き合いをさせて頂く場合には末永くをモットーにしておりますので、真剣にご開業のご検討をされるのであれば、ご相談を真剣に受け止めて真摯にご対応をさせて頂きますので、宜しくお願い申し上げます。
posted by 医院開業物件パラダイス at 15:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月20日

新規物件情報とご開業について

つい先ほどもあったのですが、新規物件情報についてはこれから作る予定物件の情報ですので、確実に造られるとか竣工時期がずれ込んでしまうと云ったお話については、ある程度の時期が来ませんとハッキリしないケースもあり、また、その物件情報元の方から常にその物件についての新たな状況報告等もありませんので、こちら側からその物件についての進捗状況の確認をしない限りは不明と云った事が非常に多いのが現実です。
以前には、物件情報の掲載をするに当たってその都度情報提供元から物件掲載料を頂いた上で、常にその情報の詳細を連絡頂く形で進捗状況の確認をしながら進めていたのですが、それをドクターの誘致によって紹介料を提供すると云うスタイルに変化してから、それら物件情報の管理についてが非常にルーズになって仕舞っていると云う現実がある訳なのです。
しかし、これらの事は物件の大部分についてがその様なシステムに変化している現時点に於いては、管理そのものが非常に煩雑な行為になってしまっており、その都度確認を取らなければ何も始まらないスタイルに変化している為、少し前の物件情報等については確認作業をしない限りは、新たな物件情報がどんどん入って来る事もあり、見落としや進捗状況の欠落等も有り得る状況になって来ております。
ですので、物件情報に関しては出来るだけ気に掛かる案件については早めの確認と、実際に業者等との面談等によって確実な物件情報の収集を行うと共に、早めに開業支援業者とタッグを組んでスケジュール管理と物件探索等を、両面から推し進める形にして行かれた方が宜しい様に思われます。
ご開業されるに当たっては、殆どのドクターがご自身の希望エリア内での物件探索をされる訳ですが、同じ事をこれまでの既にご開業されていらっしゃるドクター達もして来た訳であり、それを考えた時に同じエリアで同じ行動をしていたのでは、先にご開業されたドクター以上の良い物件は無いと思うのが普通だと思うのですが、如何でしょうか?
そうであるならば、やはりご開業と云う物は新たな事業を起こす事に他なりませんので、少しでもご開業された後にご盛業されなければご自身で事業を起こされた意味が無くなってしまいますし、そうならなければ残念であり寂しい結果を招く事になってしまいます。
その意味から云えば、ご開業物件探索とその場所でのご開業をすると云う事については、新たに事業を起こして商売を始めると云う事な訳ですので、若干通勤には不便であっても患者さんの供給が滞らずに、将来的に見ても患者さんが増え続けるであろう場所でのご開業をされるべきであり、その為のご開業であるべきだと考えます。
勤務医として通常業務をこなして働いている時点では、ご自身が院長となって事業を運営すると云う事がどれほどの事なのかが理解し難いのも判りますが、医療と云えども売り上げを挙げて行かなくては生活もままならないのでは何の為のご開業であるのかも判らなくなってしまいますから、その辺りの事も良く吟味されながらご開業のエリアや物件のご検討をされる事をお勧め致します。
現在のご開業状況に於いては、既に単なる医療モールへ入れば大丈夫と云った段階では無く、医療モールに入っているドクター同士の人間関係等も視野に入れながら診診連携の事も考慮して、患者さんをより増やす手立てとして有効なのか否か等も考えながら、物件のご検討をするべきかと存じます。
そう云った事柄の為にも、早めの開業コンサルへのご相談等は有効だと思われますので、是非、一度、弊社の方へご相談等をお気軽にされてみては如何でしょうか?
弊社の様な開業支援会社も山の様に存在する訳ですが、それらの中から本当に信頼しても良いと思われる会社を選択される事が、ご開業の最も成功への近道になるかと存じますので、くれぐれもご注意をされた上で優良な開業支援会社を選択して頂ければと存じます。

posted by 医院開業物件パラダイス at 21:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月13日

新たな物件の形態の事

最近はまた新たな物件情報等を得る事が出来ましたので、新規案件等についてもこれからの計画物件を始め、物件件数が少しずつ増えて来ておりますので、ご開業のご検討をされておられるドクターには、全くの非公開物件も含めて面白いご案内も出来るかと存じます。
そう云った中においても、特にこれから先の物件情報として面白いと思われる事に、今現在弊社を含めて数社のみでの合同プロジェクトが進められており、まだ内容は明らかに出来ませんけれども新たな開業物件の形態として、1件目が成功すればそこの系列で開業したいと思うドクターが多数手を挙げられる様に感じられます。
現時点に於いて、既に世間一般に広く知られている他業種の物件とコラボしながら、医療としての機能も充実させて行きながら異業種が共に手を組んで、其々が良い部分を引き出しながらお互いをフォローすると云った形態の物件になります。
ある意味情報発信をしながら、更なる集客と患者の囲い込みを進めると云った感じの案件ですので、既存の今迄あった様な単なる医療モールとは一線を画した新たな形態物件を創出し、世間的に人が求める物を異業種としてタッグを組んでお互いに発展する仕組みを構築しておりますが、これはいつまでも先のお話では無く今年中に実現させた上で、今後順次全国へと広げて展開して行くプロジェクトになる予定です。
ドクターサイドのメリットとしては、HP作成についての深いノウハウを持つ会社へ依頼してクリニックのHPの作成をする訳ですが、そこでお終いでは無く、ご開業後についてもその作成会社の常時行う宣伝の一環として、常にそのクリニックのアピールをクリニックとは関係せずに行って頂けるため、ご開業後のクリニックの認知度を上げる為の宣伝費用が非常に少なくて済む上に、常に検索上位にそのクリニックが出て来る形を取れる為SEO対策等の費用も全く不要になる等、認知度を向上させる手段をクリニックとコラボした異業種会社がやってくれる形になります。
また、既にその異業種に於いてカード会員等として登録されている顧客へのDM発信や、ネット・マスコミ等での宣伝もクリニックが資金を必要としない形で相乗りの形で行って貰える等の大きなメリットがあります。
また、待合室を極力小さくした上で共同の待合室としての異業種の空間を利用する事によって、坪単価を押さえながらスペースをクリニック側に有利な形で利用出来る形態にする予定であり、当然その共用部分の家賃負担は異業種側で持つ形になりますので、クリニック側のランニングコストも大きく押さえられる形になります。
更には、医療科目によっても異なって来ますが、若い世代の多く住むエリアや高齢者世帯の多く住むエリア等、物件によっても其々年代の異なる顧客を既に持っている形になりますので、それに合わせた科目の誘致をするだけでそのクリニックはスタートダッシュが大きく出来ると云ったメリットも生まれ、単なる医療モールとして出されている中で、どの科目が最も有利なのかと云った不公平感も解消される物件になります。
現在、上記の様な新たな形態の物件の構築を準備している最中であり、パイロット物件が成功すればそれを足掛かりに全国展開と云う形になりますが、入って頂くクリニック様は飽くまでも個別経営と云うスタンスですから、コンビニのフランチャイズ的な形とは全く異なり、クリニック側の自由は完全に保障されている形になります。
今後、弊社とご面談頂けるドクター様にはこれらのお話も差し上げられますし、他の物件と共にご検討頂いてその中から最も有利だと思われる案件をチョイスして頂ければ、ドクターの将来展望も更に大きくなると思われますので、是非、弊社の方へ個別でご相談頂ければ幸いに存じます。
posted by 医院開業物件パラダイス at 11:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする