2019年06月28日

ご開業後の来患数が気になるドクターは・・・

ドクターの皆様がご開業される時に最も気になるワードが、自院の来患数がどれ程になるのか?と云う部分だと思われるのですが、その心配を払拭する為に診療圏調査結果を重視したり、駅前物件が良いとか医療モールが良いと云ったお話になろうかと存じますが、勤務医のドクターが開業医に代わる訳ですので当然開業医にしか判らない事情と云ったものもあり、勤務医として病院に勤めていながらほぼ何も知らなかった事柄として挙げられる事に、病診連携室と云う部署の活用と云う事が挙げられるかと存じます。
ほぼそう云った部署との繋がりの無い勤務医のドクターにとっては、働いていた自院の病診連携室がどう云った働きをしてどれ位のサポート力を持っているのか?と云った事も、ほぼ知らない状態で同じ病院内でご勤務されていたと思われます。
ご開業されたドクターの殆どは、この病診連携と云う事については意識も希薄であり、そもそも大病院とのお付き合いをするにしてもその病院には知り合いのドクターや教授等もいないから、お話を繋げる事自体が無理だとお考えのドクターも多くいらっしゃいます。
しかし、私達の様なコンサル業者の中にはそう云ったお話は「どうしてそう思うのかな?」と思う位に当り前に思いつくお話であり、当然近隣の病診連携室へのアポイントと登録によって、繋がりを持てると云う事は旧知の事実なわけです。
但し、ここで要注意な部分としては、登録そのものはいつでも出来る訳ですが、実際にその病院と診療所の患者さんのやり取りについて全ての登録診療所と遣り取りをしているかと云う事になると、決して全ての登録診療所へ患者さんのご紹介をしている訳ではありませんので、ほら信用できないお話だと云う方もいらっしゃられるかと思うのですが、登録時にそのクリニックのドクターのキャリアや経歴、クリニック自体に設置されている装備関係、該当ドクターの専門範囲と得意な診療分野等をシッカリと伝えた上で、二度と顔を出さないと云うスタンスでは無く何かあれば連絡を取ってみたり、患者さんの退院調整時に直ぐに顔を出せる等のフットワークが良いと云う事がアピール出来れば、自然と連携も緊密になりますし病院側としても頼って来る形になる訳です。
勿論、ご開業初日からそんな形になる訳はありませんが、特に内科系のドクターであればご開業後の立ち上りが急激な右肩上がりになる事が無い事も良くご存じな筈ですから、そう云った状況の中でこういう取り組みをしておく事は、将来的に見ても非常に有効な活動になろうかと存じます。
特に大きな病院だけをターゲットにする必要は無く、中核病院でも結構ですし大学病院でも同じな訳ですから、マメに少しずつ活動をされて自院のパイプを作り上げて行くと、ある時点から患者さんのご紹介事例が非常に高くなる事は事実ですので、広告費用も掛からず患者さん側から見ると信用力の向上が期待出来る活動ですので、ご開業された時点で直ぐにこういった活動をされておく事も、非常に大切な増患対策であろうかと存じます。
実際に2〜3か所の病院との病診連携を取られた、ご開業されて半年ほどのドクターにお話を伺ってみますと、思わぬ時に先方からの患者さんの紹介を受け、それが複数の病院から来る訳ですし、そのケースが順調に進むと更に患者さんを送ってくれるので、本当にやって良かったと云うお話も伺っております。
この様にして広告宣伝費を一切使わなくても、集患対策の一助として活用できるお話もございますし、勿論、自院のHPの充実や他の媒体での広告費用と云ったものも、ご開業された当初から2〜3年の内はどんどんやった方が売り上げに貢献しますので、始めの事業計画書の中に宣伝広告費を多めに予算組しない様な事業計画書を作成する会社様は、ご開業後の本当の実情が全く判っていない会社様であり、そう云った所へご開業のお手伝いを依頼されますと、後々ご自身が大変な状況をご経験する形になり兼ねませんので、その辺りを見るだけでも良い業者であるのか否かの判断材料にもなろうかと存じます。
題目と若干乖離したお話になってしまいましたが、つまりはどうしたらご開業後に安心した診療が出来るのか?と云う点と、その作業をする為の資金予算を組んでいるのかいないのか?更には、別の方策での集患についてアドバイスが出来るのか否かと云う点に注意しながら、ご開業準備を進める為のパートナー選びが重要ですと云う事を、是非、ご理解頂ければと思う次第です。

posted by 医院開業物件パラダイス at 11:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月23日

ご開業用物件の多様化とは?

ご開業用物件については、10年前から全く変化の無いスタイルの物件もありますが、戸建物件(医療ビレッジ形式)の物やビル診(主に医療モール形式)の物が依然として主体ではありますが、このスタイルの他に最近特に目立って来たものとしてドラッグストアの併設物件が挙げられる様になって参りました。
形式としては医療モールに準ずる形のものが多い訳ですが、中には敢えて複数科目では無く単科でのご開業であっても歓迎される形でのご開業が出来る物件もありますので、他科目と一緒に歩調を合わせるのは抵抗があると云ったドクター等の場合には、こういった物件でのご開業をご検討されるのはお勧めだと思われます。
多くの物件については、調剤薬局様が主導して物件開発をしている為に、昔であれば調剤報酬の部分でも余裕がありましたから科目が少なくても割合に鷹揚に構えていた大手調剤薬局様も、最近になりますとそうも言っておられず単科での薬局出店はほぼ難しい状況になっており、勢い開発物件(新規計画物件)については複数科目がご開業される状況になりませんと、ある科目のドクターがその物件でのご開業を決めたとしても、他の複数のドクターがご開業されると云う事で手を挙げない限り、その物件は計画倒れになる可能性が高くなり、その物件でご検討されていたドクターにとっては非常に不安定な状況が発生する事になってしまいます。
ですから、調剤薬局様主導の物件については比較的空きが出来てしまう物件が多く、その穴を埋める努力を更にしなければならないと云った、薬局側にとっても苦しい状況が生み出されてしまっている訳です。
また、医療ビレッジとして運営する場合に於いては、その物件を建てる場所を提供する土地所有者が希望する事によって、初めてその場所に医療物件を建てる事が出来る形になる訳ですが、その場合に於いても土地所有者は基本的には医療とは全く関係の無い方であり、土地の有効活用を主眼にしているだけですから医療には不向きな土地と物件であったり、計画を進めても心変わりをして一般の物販関係へ物件をスイッチしてしまう恐れも多分にあり、こちらについても土地オーナー様が医療に関しての理解のある方で無いと、非常に面倒な結末になる事もあったり致します。
それと、医療ビレッジ形式の場合には戸建の診療所物件が2〜3戸建てられると、その他に調剤薬局用の建物も加わりますから、かなり広めの土地でなければ駐車場スペースの確保も難しくなり、簡単にそう云った物件の開発も出来る訳ではありませんし、これらは必ず郊外型になる事が多い為に駐車場スペースは必須になって参りますので、余計に広さが求められる事になり土地オーナーとしては金銭的にかなり余裕のある方で無いと、これらの物件開発には加わって頂けないと云うのも実情です。
こうした状況の中、新たに注目を浴びて来ている物件として、ドラッグストア併設物件が挙げられる訳ですが、実際にはまだまだドラッグストア併設物件への入居ご開業については二の足を踏むドクターも多く居られる様であり、直ぐに決まるケースとそうでないケースの2極化になって居る感じも致します。
しかし、ドクター側が二の足を踏む気持ちも判らないでは無く、これらドラッグストア形式の物件はその殆どが郊外型ですから、駅からも離れており、場合によってはドクターが希望する都心に近いエリアでは無く田舎と呼ばれるエリアに行かなければ、その物件が余り無いと云う現実もあったり致しますから、ドクターご自身のお子様の教育に絡んで、余り遠方や、通勤に時間の掛かるエリアへは目を向けたがらない、と云う事も理解できるのです。
しかし、そうは言ってもご開業はドクターご自身が行う事業に他なりませんので、事業として成功しなければやる意味も無い訳であり、ここは何としてもご成功頂かなくてはならない部分ですし、そう云った意味合いに於いては単科であってもドラッグストアとしての売上が見込める業態であれば、ドクター一人であって処方箋枚数が余り多くなくてもドラッグストアとして経営的に不利になると云う事は無く、逆にドラッグストア側からのメリットとしてお客様に物販以外の医療もご提供しますよと云ったスタンスが取れる訳であり、その意味に於いては単科であっても殆ど問題が無いと云う部分に於いて、ドクターはドラッグストア物件にも検討の余地を見出すべきなのかも知れませんし、仮に複数科目が揃えばそれはそれで医療としての相乗効果も期待出来る訳ですので、ドクター側にとってのデメリットはかなり少なくなる訳です。
ましてドラッグストアには、どの物件であってもほぼ千人単位での買い物客が来る訳ですから、それらの客が仮に遠方から来ていたとしても自動車で来るのであれば、駐車場さえシッカリと確保出来ていればそれらの客が患者へと転換する事は現実的に大きな魅力になり得る訳ですので、この辺りも事業としての戦略に加味する必要があろうかと思われます。
こうなって来ると、単なる診療圏調査結果だけを信じていても、更に遠方からの患者の取り込みが可能になりますから、ドクターサイドの受け入れ態勢がシッカリとしていて、スタッフ等も感じの良い優秀な人を集められれば更に口コミでの患者の増大に繋がりますので、かなり希望の持てる物件だと云う事も出来るかと存じます。
以上ですが、現状でのご開業用物件の多様化と云う点において簡単なご紹介をさせて頂きましたので、今後のご参考として多岐に渡る物件のご検討材料の一助として頂ければ幸いに存じます。
posted by 医院開業物件パラダイス at 10:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月16日

ご開業時のコンサル会社との付き合い方

まずこれからご開業のご検討をされるドクターの皆様は、物件探しを独自に始めると同時に近くに出入りする卸業者の担当者へお話等をしながら、それとなく物件を探す様にお願いするケースが多いのではないでしょうか?
この段階で呆気無く気に入った物件が見つかった場合等には、その物件紹介をしてくれた業者にそのまま続きの開業支援をお願いするケースが殆どだと思われるのですが、これが長期戦になってしまい中々どの卸業者様から紹介される物件も芳しくない場合、エムスリーや他の開業支援会社の物件等を探す事になる訳です。
この辺りからが本題なのですが、検索した中から選んだ物件と繋がりのある業者は必ずしも1社とは限らず、物件の依頼元は複数の業者へ物件情報を流して、少しでも広くからドクターに見て貰える状況を作り出しておりますので、どの業者から物件の紹介を受けたかによって、その声を掛けた業者に開業支援も依頼する形になるのが一般的です。
ですが、その声掛けをした業者がオールマイティで全てをソツ無くこなせる業者であるのか否かは、お付き合いをしてみるまではハッキリしない部分もあり、若干の心配も心の底に秘めながら事を進める事になる事もあろうかと存じます。
ですので、こういった時点に於いてはその業者の出しているHPをシッカリと確認して、その業者が何を何処までやってくれるのか?或いは責任範囲は何処までなのか?と云う事を明確に確認した上で、お付き合いをする必要があろうかと存じますし、逆に言えば、ドクターご自身もここの会社にお任せしようとするのであれば、面倒臭がったりグズグズした態度では無く、明確な契約書等を交わしてシッカリと依頼する形の方が相手側の会社も腹を据えますし、真面目にお話を受けてくれると云う事で真摯な態度で接してくれる筈です。
よくドクターの中には適当にお話や物件情報だけを聞き取って、その後はスルーしてしまう方も多くお見受け致しますが、こういったドクターの態度は業者様側からすると、いい加減な態度のドクターだと云うレッテルが張られ、下手をすると卸業者様間でそう云った情報が流れてしまい、真面に良い物件のご紹介等をしてくれなくなったりも致しますので、飽くまでも人としてまともなお付き合いの仕方をされる事をお勧め致します。
勤務医時代には、先生として業者様からは持ち上げられて来ておられた事と存じますので、そう云った態度や業者を軽く見下す態度が自然に出てしまう事は致し方の無い事かも知れませんが、ご開業された時点からは世間一般での普通の職業人として見られますので、不遜な態度や小馬鹿にした様な態度で業者様と接していると、詰まらない噂や感じの悪いしっぺ返しを食う恐れもございます。
ご開業は飽くまでも商売・ビジネスであり、お山の大将ではいられない状況になって参りますし、そこで人間力を発揮出来るドクターが最終的には大成功を収めているドクターに他なりません。
ですから、卸業者様や開業コンサル会社様とのお付き合いをする中で、徐々にご開業後に向けての人付合いのトレーニングを兼ねて、気軽にご相談が出来て他人から信頼される性格づくりをされる事が、ご開業後に於けるご成功の第一歩の秘訣とも云えるのではないでしょうか?
一般的に、ドクターは医業のプロですから当然医学に関しては誰にも引けを取らないと云えるのでしょうが、これがご開業の準備期間を含めてご開業後についての事業展開や将来展望等を実現する為には、やはりそれなりに専門特化した業者様に支援を依頼する等しませんと、どうしてもスムーズには事を進められませんし、正直判らない事等も必ず出て来るものなのです。
ですから、そう云った場面に於いてはそう云った業者様のご意見等も素直に受け取って、上手く先へ進める事を考えながら業者にも協力する姿勢を見せて頂けるとお互いの信頼関係も深くなりますし、信頼関係が築ければ更にご開業準備もスムーズにできる形になり、弊社の様にご開業後に於いても無料でサポートをすると云った会社であれば、末永いお付き合いが自然と続く形になり、ヘルプしてくれる他業種の会社等も紹介されて、ご開業後に於いても殆ど心配事を気にせずに日々の診療を楽しく行える形になろうかと存じます。
ご開業準備中のドクターの皆様は、素直に人に対する気持ちと思いやりと云った事を、患者さんだけに限らずお持ちになれれば、必ずご成功されると云っても過言では無いかも知れませんので、是非、この事を心の隅にお留め頂きながらご準備をされます事をお勧め致します。
posted by 医院開業物件パラダイス at 17:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする