2019年06月16日

ご開業時のコンサル会社との付き合い方

まずこれからご開業のご検討をされるドクターの皆様は、物件探しを独自に始めると同時に近くに出入りする卸業者の担当者へお話等をしながら、それとなく物件を探す様にお願いするケースが多いのではないでしょうか?
この段階で呆気無く気に入った物件が見つかった場合等には、その物件紹介をしてくれた業者にそのまま続きの開業支援をお願いするケースが殆どだと思われるのですが、これが長期戦になってしまい中々どの卸業者様から紹介される物件も芳しくない場合、エムスリーや他の開業支援会社の物件等を探す事になる訳です。
この辺りからが本題なのですが、検索した中から選んだ物件と繋がりのある業者は必ずしも1社とは限らず、物件の依頼元は複数の業者へ物件情報を流して、少しでも広くからドクターに見て貰える状況を作り出しておりますので、どの業者から物件の紹介を受けたかによって、その声を掛けた業者に開業支援も依頼する形になるのが一般的です。
ですが、その声掛けをした業者がオールマイティで全てをソツ無くこなせる業者であるのか否かは、お付き合いをしてみるまではハッキリしない部分もあり、若干の心配も心の底に秘めながら事を進める事になる事もあろうかと存じます。
ですので、こういった時点に於いてはその業者の出しているHPをシッカリと確認して、その業者が何を何処までやってくれるのか?或いは責任範囲は何処までなのか?と云う事を明確に確認した上で、お付き合いをする必要があろうかと存じますし、逆に言えば、ドクターご自身もここの会社にお任せしようとするのであれば、面倒臭がったりグズグズした態度では無く、明確な契約書等を交わしてシッカリと依頼する形の方が相手側の会社も腹を据えますし、真面目にお話を受けてくれると云う事で真摯な態度で接してくれる筈です。
よくドクターの中には適当にお話や物件情報だけを聞き取って、その後はスルーしてしまう方も多くお見受け致しますが、こういったドクターの態度は業者様側からすると、いい加減な態度のドクターだと云うレッテルが張られ、下手をすると卸業者様間でそう云った情報が流れてしまい、真面に良い物件のご紹介等をしてくれなくなったりも致しますので、飽くまでも人としてまともなお付き合いの仕方をされる事をお勧め致します。
勤務医時代には、先生として業者様からは持ち上げられて来ておられた事と存じますので、そう云った態度や業者を軽く見下す態度が自然に出てしまう事は致し方の無い事かも知れませんが、ご開業された時点からは世間一般での普通の職業人として見られますので、不遜な態度や小馬鹿にした様な態度で業者様と接していると、詰まらない噂や感じの悪いしっぺ返しを食う恐れもございます。
ご開業は飽くまでも商売・ビジネスであり、お山の大将ではいられない状況になって参りますし、そこで人間力を発揮出来るドクターが最終的には大成功を収めているドクターに他なりません。
ですから、卸業者様や開業コンサル会社様とのお付き合いをする中で、徐々にご開業後に向けての人付合いのトレーニングを兼ねて、気軽にご相談が出来て他人から信頼される性格づくりをされる事が、ご開業後に於けるご成功の第一歩の秘訣とも云えるのではないでしょうか?
一般的に、ドクターは医業のプロですから当然医学に関しては誰にも引けを取らないと云えるのでしょうが、これがご開業の準備期間を含めてご開業後についての事業展開や将来展望等を実現する為には、やはりそれなりに専門特化した業者様に支援を依頼する等しませんと、どうしてもスムーズには事を進められませんし、正直判らない事等も必ず出て来るものなのです。
ですから、そう云った場面に於いてはそう云った業者様のご意見等も素直に受け取って、上手く先へ進める事を考えながら業者にも協力する姿勢を見せて頂けるとお互いの信頼関係も深くなりますし、信頼関係が築ければ更にご開業準備もスムーズにできる形になり、弊社の様にご開業後に於いても無料でサポートをすると云った会社であれば、末永いお付き合いが自然と続く形になり、ヘルプしてくれる他業種の会社等も紹介されて、ご開業後に於いても殆ど心配事を気にせずに日々の診療を楽しく行える形になろうかと存じます。
ご開業準備中のドクターの皆様は、素直に人に対する気持ちと思いやりと云った事を、患者さんだけに限らずお持ちになれれば、必ずご成功されると云っても過言では無いかも知れませんので、是非、この事を心の隅にお留め頂きながらご準備をされます事をお勧め致します。
posted by 医院開業物件パラダイス at 17:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする