2019年12月23日

2019年も後僅かです。

毎年思う事として、頭をよぎるのはどうして1年経つのが早く感じられるのだろう?という思いであり、この事は毎年時間が早くなって行く様に思うのですが、他の皆さんはどの様に感じられているのでしょうか?
自分が子供の頃には時間というものが非常に長く感じられ、1日過ぎるのに3日間位掛かっている様な感覚を持っていたのですが、このところでは1か月が経つのも1週間位にしか感じないといった具合であり、時間の経過が非常に早く感じられます。
そんな中で、今日を含めても後1週間とちょっとしかない2019年、これから何が出来てどの様に締めくくれるものなのかが、気になってしまう今日この頃です。
今年の初めからカウントすると、ご開業希望の先生とは5名様お逢いさせて頂いた形ですが、其々あまりご縁が無かった様でありまして、心療内科・小児科・内科・皮膚科・小児科と云った順番での出会いでありましたが、現時点でのお付き合いをさせて頂けているドクターは2名という形であり、いづれも小児科ドクター様が残ったという形になります。
こういった事も、よく振り返ってみると自分自身の至らなさがこの様な結果を招いたのだと非常に反省も致しておりますが、しかしそう言いながらも中には弊社に対して金銭的なものは一切お支払する気もなく、単に情報だけを取ってからいらなくなった時点で捨てると云った態度をされるドクターも居られましたし、また、逆に仕事を進めた部分についてドクターの裁量でその分のお支払いをして下さったドクターも居られ、本当に人によって様々な接し方をされるものだという事も、今更ながら勉強になった1年でした。
そういった事をしながらも、これからのご開業物件に関する情報のご提供をして下さる会社様からのアプローチも割合に頻繁にあり、新たな視線と物件エリアの状況把握には大変に有り難いお話でもあり、各科目毎によって患者層も異なる事を加味しても、様々な物件情報をお教え頂ける事は非常に有り難く参考になる訳ですので、新たなお付き合いをさせて頂ける会社様とはこれからもそのパイプを大切にして行ければと思っております。
それと今年感じた事としては、弊社と同業である筈の開業コンサルタント会社様として、世間的に認知されている様な会社様であっても、なんとフルコンサル業務の出来ない会社様もあるという事実を知り、大変残念に思う反面、そういった形でしか開業支援が出来ないのであれば、思い切り良くコンサル業務の全ては出来ませんといった形でハッキリと謳うべきであり、組織が大きいからという事で信用して依頼をするドクター達をある意味騙している様に感じられたりも致しましたので、その事実を知った時には非常に憤りも感じました。
そういった形で百羽一絡げでコンサル会社として看做される事には、弊社としては若干の抵抗もありますし、さりとて其々が得意分野を持って活動している事も事実ですので、弊社に対して弱い部分である医療機器類の取り扱いを任されても、その部分だけであれば恐らくご辞退をさせて頂く形になるのでしょうが、そういった力不足の部分を補填するという形で専門の業者様と提携をしながらお話を進める形にしておりますので、突っ込んだお話をする場合にはそういった会社様のご協力を得ながら準備を進めるといった事も、ドクター側からのご理解を頂けるとより緊密な関係を構築できるのかなとも思っております。
そんなこんなでこの1年が過ぎて行った訳ですが、今年の残りと来年に掛けてもまだまだ色々とお話をしなくてはならないドクターの為に、時間のある限りこれからも誠心誠意お付き合いをさせて頂ければと考えておりますので、これからも宜しくお願い申し上げます。
posted by 医院開業物件パラダイス at 12:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月17日

ご開業の準備についての想い

最近ドクターのご開業のお手伝いをさせて頂いていて感じる事に、ドクターご自身が周囲のご意見や先輩方のご意見等をご参考にされる事によって、ご自身のお考えにブレが生じるケースがある様にもお見受けする事がございます。
確かに一昔前と比べると、ご開業のエリアや物件に関しても条件面等が厳しくなっていたり、簡単には出難い状況が重なっていたりと、これからご開業のご検討をされるドクターにとっては、非常に選択肢が狭められる様な環境になって来ていると思います。
大きな括りで考えても、例えば小児科でのご開業の場合には、多くの方々が既に東京・神奈川辺りでのご開業ではかなり厳しいと云ったご意見を聞かされるケースもある様であり、それならば開業と云う選択肢よりもより収入の多い職場探しと云う選択肢を検討されるケースもあるようですが、その場合に於いても今度は年齢的な部分で定年と云う壁が有りますので、いつまでもその年俸を維持する事も難しかったりしますから、開業医と勤務医での将来的なシミュレーションをしながらご自身の将来設計をしなくてはならず、どちらを選択しても余り簡単なお話ではなくなって来て居る様に思われます。
但し、ご開業と云う選択肢をお選びになられた場合に於いては、物件やエリアのマーケティング調査や予測をシッカリとしさえすれば、難しいと云われるエリアに於いても掘り出し物件を見つける事は可能ですので、そう云った部分に於いて弊社の様な開業支援会社の存在価値はあろうかと存じます。
よくご開業予定のドクターに弊社の存在理由を誤解される場合があるのですが、弊社の場合には開業コンサルタントと云う括りよりも開業コーディネーターと云うカテゴリーが正しい様に思っておりますが、それは各科目毎に最適な物件の選択をする場合のマーケティング分野に於いて、過去から現在までの推移を鑑みながら、今後についての最もその科目に当て嵌まる物件を選択する部分についてはコンサルティング的な感じになりますが、その他の部分に於いては全能ではありませんので、弊社の比較的弱い部分の補填をする意味に於いて、医療機器卸会社様や内装会社様・広告宣伝会社様等の必要不可欠部分に関して、そのパートのプロをご紹介しながら進める形になりますので、何から何まで弊社が全てのコンサルティングをすると云う事は有り得ませんし、それについては他の同業他社様に於いても全く同じか、それ以前の段階でフルコンサルを出来ないにも関わらず堂々とコンサル会社を名乗っていたりと云ったケースもあったり致します。
また、弊社の様な立ち位置の場合(殆どの開業支援会社様)は、ご開業されるドクターの分身でも代理人でもありませんので、そう云った形での見方をされますとドクター側からのご不満と云ったものも出て参りますし、その辺りについては飽くまでもご本人が中心であって、そのサポートをする立場であると云う認識をハッキリとお持ち頂ければ、余り大きなご不満に結び付く事も無いと思われます。
以前にも、あるドクターから私の代理人だからと云ったお言葉を頂いた事がございましたが、この思い違いが加速してしまうとご本人は表に全く出ずに、事が進んでゆくであろうと云った感覚に陥られてしまいますので、この点については早い段階でお考え違いをご指摘させて頂いた事例がございました。
それと其々のコンサル会社様によって其々の得意分野も違っておりますので、何処の会社はあれが出来たのにこの会社はサッパリ出来ないと云ったレッテルを張られる事は、見方によっては非常に苦しい想いをさせられる訳であり、泌尿器科なのに小児科分野の事が詳しく判らないと云われている様な感覚でもありますので、この辺りの事は多少のご配慮を頂けると宜しいのかも知れません。
いづれに致しましても、ご開業のご準備については非常に大変である事は間違いありませんし、その中でのお手伝いをさせて頂くパートナーについては、何を何処まで出来るのかと云った部分での見極めをして頂き、お互いのリスペクトの気持ちを持ちながらで無ければ、関係性の維持も難しい物になってしまいますので、まずはドクターご自身がどういった診療方針で何をしたいのかと云った部分を明確にされる事が、本当に大切な部分になるのだと思いますし、その想いにお答え出来る物件やエリア選定を始めにするのが、本当の意味でのコンサルティングの部分であるとも思っております。
posted by 医院開業物件パラダイス at 20:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月08日

久々のブログです。

ブログから遠ざかっておりましたのは正直に言いますと、最近若干体調が思わしくなく想いだけが空回りしていた様な状況があり、ある方にそう云った状況の様子を指摘された事によって、改めて自身を見つめ直す切っ掛けを頂いた様に感じましたので、ここでその事を記しておこうと思って久々に書いている次第なのです。
現在行っているご開業のお手伝いと云うお仕事は、如何に気配りを出来るかと云う部分が重要な訳ですが、その大切な部分が我知らずの内に少しずつ欠如していた状況と云うのが有り、改めてその事を教えて下さった方に対して本当に感謝の気持ちを持っております。
人の想いと云うのは、各人差のあるものだとも思いますが、本当の気持ちを伝えられない或いは伝わらないのであれば、それはその本人の努力が足らないのであって、反省して然るべきことだと思いますし改めて気を引き締める切っ掛けを頂けた事は、有り難い事だと思っております。
最近ふと思う事に、自分も徐々に歳を取って来ているのだと云う実感をする事が有り、その主な事は体力の低下と気配りの低下と云う形で表れて来て居る様に感じる事があるのですが、これはお仕事をする上に於いては非常にマイナスな状況になりますので、今後については極力意識をしながらそれらの事をカバー出来る様に、気を付けて毎日を過ごさなければと改めて思った次第です。
少し前に患った腎臓系の病についても、治っていると云う自覚だけで完治している訳では無いので、今後については食事にも気を付けながらの生活をして行かなくてはと思っております。
今させて頂いているご開業のお手伝いのお仕事も多分にご縁のものですので、そのご縁を大切にしながら出来る限りのお手伝いが出来る様に、これからも頑張らせて頂ければと思っております。
久々のブログで内容もあまり何だか判らない様な感じですが、改めて気を引き締めてこれからもお仕事を頑張りたいと思っておりますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。
今年も残り後僅かですし、体調管理にも気を配りながら、皆様良いお年をお過ごし頂ければ幸いに存じます。

posted by 医院開業物件パラダイス at 13:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする