2020年05月28日

コロナ禍での、これからのご開業について

今回のコロナ騒動に関してはドクターであるが故に、多かれ少なかれ騒ぎに巻き込まれておられる方々がいらっしゃられる事かと存じますが、そう云った事象に翻弄されてしまって、本来ご検討されていたご開業についての想いが雲散霧消と云う事になりそうなのであれば、これはそのドクターご自身の人生の将来設計が破綻してしまうと云ってもおかしくない様なお話になって参ります。
そう云う意味に於いては、現時点で非常に辛い思いをされておられるドクターの皆様にとって、ご自身の将来像を俯瞰して見た時にどういった状況になっているのかと云う部分を少しでも把握して頂きながら、ご自身の将来設計をされるべきかと存じます。
女性医師の数が多くなっている現在に於いて、その働きは更に重要な位置を占める様になっておりますが、現場サイドに於いてはまだまだそう云った状況にマッチした勤務システムの構築は為されていない様に感じられますし、そう云った中に於いての男女の別なく其々のドクターが、ご自身の将来設計をある程度若い時点から検討しておく事は、ご自身の中に於いて大変重要なファクターになると思います。
結婚・出産・育児・教育等とご自身の将来を検討した際には、どの時点でどれ位の収入を得られるかと云った事も想定されている事が望ましく、例えドクターと云えども人の子ですから、どれほど医療に没頭貢献する意志が固くとも、人間の一生の内にはそれ以外にも素晴らしいと感じる場面はある訳ですし、そう云った時点の事も想定しながらご自身の将来を見た時に、何もせずに流れに身を任せているだけでは、後になって後悔の念を抱いたとしても、遅きに失してしまう事にもなり兼ねません。
ご開業をされると云う場面に於いても、単に金儲け等と云う事では無く、ご自身の最も得意とする分野の中でのご自身のスタイルを全うしながら、納得出来る診療を確立すると云う趣旨に於いては、現時点で所属されておられる病院診療にも決して負ける様なものではありませんし、そう云った志を保ちながらの地域診療への貢献と云う部分においては、医療のベースと云う部分で大きな意義を持つ事になる訳ですし、素晴らしい選択であると云う事が出来ます。
特に昔の診療所の様な、何でもかんでも診ます的な診療所スタイルでは無く、其々のドクターが専門的なスキルの元でのクリニック診療を行う事は、患者さん側にとっても非常に有り難く、また頼れる存在としてその地域に根付くお話になりますので、ご自身の将来設計と共にどういった診療の確立を目指されるのかと云う部分も、ジックリとご検討されながらこれからのご開業についてのご検討をされる事をお勧め致します。
現時点に於けるコロナ騒動については、まだまだ予断を許さない状況でもあり、第2派・第3派と云う波が押し寄せる可能性も高い訳ですが、そう云った状況の中に於いても、ご自身の事も考えながら時を逸せずにご検討されておかれるのが、後々のご自身の為にもなろうかと存じます。
今はどのドクターも大変な状況下ですので、余裕が無いと云う部分も在ろうかと存じますが、是非、こんな時だからこそご自身の先々の事も良くご検討されながら、ご開業と云う選択肢についてもお考え頂きました上で、もし、ご相談事等がおありの様であればお気軽に弊社へのご相談等を頂ければと存じます。
物件その物は、まだまだ出て来る訳ですが、それでも少しでも先にご開業をされておられるドクターの方が有利な状況になる、と云う事は変わりませんので、ご自身のおかれた環境や年齢、将来設計も含めてよくよくご検討をされます事をお勧め致します。
posted by 医院開業物件パラダイス at 16:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月24日

コロナ規制も徐々に緩和されそうな気配でもあり・・・

未だにコロナウィルスに関しての規制解除は、現実的には難しいのだろうとは思われるのですが、それでも緩和方向には向かっていると信じたいですし、そうならなければ殆ど全ての国民が疲弊してしまって元に戻る事すら出来なくなってしまいそうであり、その事が最も不安な要素であると云えるのではないでしょうか?
そう云った現状に於いて、以前よりもディスカッションする相手先が少なくはなっておりますが、それでもこの医療業界の中での新たな動きの中から、組織の中での異動等によって新たにお逢い出来た方々等とのお話をする機会も出て来ております。
関東から関西へ、関西から関東へと云った人材の異動に伴って、今迄全くお逢いした事も無かった方々とのお話が出来る事自体、大変貴重な時間になる訳ですが、そうした方々との会話の中には今迄の方々とは見方の異なった意見も感じる事が出来ますし、よりポジティブな思考でのお話を伺えたりする事は、大変に自分にとっても有益な事だと感じております。
大きな勉強会等の集まりであっても、当初の趣旨から外れた形での懇親会主体の集まりに変化していたり、勉強会自体をあやふやにしてしまって、単に業界内での顔合わせ的な集まりになってしまっている所も多い中、そうでは無く懇親会等を殆どせずに毎回参加者全員が廻り持ちで自身の分野でのチェックポイント等を披露して、業界内でそれらを知る事によってより仕事を上手く流れる様にしたいと云った趣旨で、必ず参加者全てがスピーチをしなければならないと云った勉強会をしていると云うお話を伺うと、仕事に向けた向上心等が慢性化している自分を見透かされた様でもあり、非常に刺激を受けたりも致しました。
そう云ったポジティブな方とのお話の中には、必ず仕事に結び付く内容のお話もあったりする訳であり、今も仕事に結び付きそうな案件の紐の先を提示されている様な状態であり、その紐の先を上手く掴められれば、自分にとっても相手方にとってもウィンウィンの関係で、うまく仕事として流していけそうなお話等も頂けていたりしております。
そうやって、徐々にこのコロナ規制の緩和と共に、仕事に関しても以前の流れを少しずつ回復させて行く事が出来れば、現時点ではかなりの疲弊をされておられるドクターの皆様の、個々の将来のお手伝いをする事も出来るのでは?と云った期待も致しております。
実際にこのコロナ騒動のお蔭で、世の中の動きも変化してきておりますし、勿論、残念ながら商売を閉じてしまわれた所もあり、影響は大変大きかったと云わざるを得ませんが、それでも何とか生き延びる事の出来た方々によって、これから先を上手く乗り切る事が出来る様に其々が努力しながら、頑張って行ける社会にして行ければ良いのではと思う次第です。
こういった事があったからこそ、これから先の事も良く検討されながら、ドクターの皆様がご自身の将来の為にご開業と云う選択をされるのであれば、弊社に於いても、そのお手伝いが十分に今迄の経験等によって活かせる事が出来ればと云う想いでおります。
大きさの違いはあっても医療機関と云う枠の中で、医療に携わると云う事は大変意義のある事ですし、そう云う中での選択肢の一つとしてドクター個人の将来設計と共に、今後のご自身の診療スタイルを全うする為にもご開業と云う道を選ばれるのであれば、是非、そのお手伝いをさせて頂ければと思う所存ですので、これからも弊社をお選び頂けます様、宜しくお願い申し上げます。
posted by 医院開業物件パラダイス at 17:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月13日

ご開業後の集患対策で重要な点は?

殆どの開業支援会社様においては、ドクターのご開業に関するご支援については熱心で宜しいのですが、いざ、ご開業をされてしまいますと、掌を返した様に引いてしまって、それ以降全くご連絡もないという状況になってしまい、ドクターの皆様は非常に不安な船出をされる形になっているのだと思われます。
特に、開業2ヶ月目や3ヶ月目辺りの売り上げ集計の際には、診療報酬も手元に入っておらずに窓口収入の3割負担分のみと云う形になりますので、手元資金と云う部分においては非常にナーバスにならざるを得ないケースが多く、そういった時期等にドクターが相談相手を求めても殆どの場合においては、誰にも相談出来ずに不安な日々を過ごされると云う先生も少なくありません。
弊社においては、そういったドクターの孤独な姿を嫌になる位に他社勤務時代に見て来ておりましたので、そういった点においてもサポートをするのが本来の開業支援だと云う想いで、ご開業後についても定期的な訪問やアドバイスに関してを無料で行っております。
それは、ご開業までの期間において先生と弊社の間における信頼関係が醸造されているからこそ、その様にさせて頂く事に致しております。
ご開業後におけるサポートと云う部分では、勿論他社様においても有料で行っている会社様も在りますが、ご開業後の殆どのケースとしてクリニックでの会計事務所との経理契約を結ばれておりますので、そこへ更に経費を掛けて会計事務所とは別に顧問料の支払いをして頂く事は、先生に対して大変心苦しく感じますので、その部分については弊社をご用命頂いた事への感謝の気持ちという事で、ご開業後の無料サポートをさせて頂く様になったのです。
まあ、その事は置いておくとして、ご開業後の不安な時期を過ごされている折に、弊社としても集患と云う点でのサポートを検討する訳ですが、最も多いのはやはり広告宣伝を打つと云う部分になり、その為の資金のプールはご開業前の事業計画書の作成時点で既に織り込み済みな訳ですが、この広告宣伝費を計上していなかったりしますと近隣・周辺エリアへのアピールが出来ずに、さっぱりエリア住民への認知度を上げる事が出来ない状態になってしまいます。
ここに新しいクリニックが出来てますよ。有るのですよ。と云うアピールを積極的にしていきながら、既に来院された患者さん達にも口コミでのアピールを重ねてして頂く事によって、始めてそのエリア全体への認知度の向上を見る事が出来る様になり、その事によって漸く患者数の増加を見る事に繋がって参りますので、まずはご開業後に積極的にするべき事としては、地域別のコミュニティ誌等への記事掲載やインタビューを受ける事等と共に、エリアのクリニックドクターの紹介誌等への露出等が、費用対効果として期待の出来る媒体となります。
そういった事を含めて、ご開業後における気軽な相談相手を確保しておく事は、全く新たに診療所の経営をされるドクターにとっては意外に大事なことかも知れません。 
また、その様な金銭を含む宣伝活動の他にも、地域住民の方々へのアピールとして、病気に対する勉強会等の開催を小規模人数で行う等が、意外に効果的であったりも致しますので、そういった事をする際にどうやって周囲を捲き込むか等に関してもご提案をさせて頂いたり致しております。
その様な事をしながら、先生ご自身のご不安を払拭しつつ自信を持って頂きながら診療を進めて頂く様に、アドバイスやサポートをさせて頂いたりしておりますので、そういった点においては色々なドクターからの一定の評価は頂いております。
集患で最も大切な事は、やはり認知度を上げる事に尽きるかとは存じますが、それを向上させる為にどの媒体や素材を使えば効率的な結果を手に出来るかと云う部分においては、其々のドクターの皆様の環境や条件等によっても多少なりとも異なって参りますので、それについては事前の打ち合わせやお話し合いによって方向性を探る必要があろうかと存じます。
以上の様な事柄も含めて、ご開業のお手伝いと云う部分においては、是非、業者選びを慎重にされる事をお勧め致します。  
posted by 医院開業物件パラダイス at 18:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする