2020年06月08日

コロナ騒動の中でのご開業を考える・・・

今年に入ってから、特に3月後半位から現時点に至るまでの期間は、病院は勿論の事クリニックにおいても極端に外来患者数が減っている事は事実であり、その様子を見ておられ今後ご開業のご検討されていらっしゃられたドクターの皆様は、一様に今開業をしなくて良かったと云う事をお話されております。
確かにそう云った側面も事実であり尤もなお話ではありますが、この騒ぎについても今後ずっと続く訳ではないと思われますし、現時点において苦慮されておられるドクターにとっては今後の経験ともなり、決して今の苦しさが無駄になるとは思いませんし、逆に見れば今回の様な大変な逆境を乗り越える事によって、将来に於いて似た様な状況に陥った時には、現在の状況がきっと役に立つ経験値になる事と思われます。
その分だけ、現在大変な思いをされておられるドクターの皆様は精神的にも強くなられ、この状況が収まれば患者さん達もそれぞれのドクターの所へ戻られるでしょうし、地域医療への信頼感も増す形になって新たな競合医院が出て来たとしても、それほど恐れる事無く自信をもって診療を続けられるようになろうかと存じます。
翻って、今ご開業のご検討を中断されておられるドクターの皆様にとっては、現在ご自身の置かれている状況を見極めた上で、ご開業の時期をじっくりとご検討されながらご開業されるエリア選定と物件選びをして、現在の状況が好転して来る時点とご開業の時期を見定めて、慎重な計画を立てられることが肝要かと存じます。
本当にご開業と云うものはタイミングが大切であり、ご自身のご開業に対するモチベーションが高い時期に思い切った割り切りと、慎重な下調べ等を総合して自信をもって進めなければ、決して良い形でのご開業は難しかったりも致します。
何よりもご自身とその周りの方々が、ご開業についてのご理解をして頂いており、そう云った大きな方向性をしっかりと見定めた上でご準備を進めていきませんと、途中で挫折しそうになったり諦めの気持ちが湧いて来たり、中には既に物件の契約をしてしまった後に、違約金分はいりませんのでやっぱり開業を辞めますと云った、弱腰になってしまわれるドクターもいらっしゃられたり致しました。
しかし、こういう形になってしまわれるのはドクターご自身の精神的な部分もそうですが、事前にご自身が何をどの様にやっていきたいのかと云った確たるポリシーが決まっていなかったり、ご開業に対してのふんわりとした形でしかご検討をされておられなかったりと云ったケースによくあるパターンですので、これからご開業をご検討されるのであれば、ご自身がどういった事をどの様にして、何をメインにやっていきたいのかと云う基本的な事を、しっかりとお決めになられた上でご準備をされる必要があろうかと存じます。
ご開業後に患者さんの来院数が少なかったりしますと、コロナ騒動に拘わらず非常に不安になったりするものですが、そういった場合においても何が原因でそうなるのかと云った事や、どうすればその改善が出来るのかと云った事を地道に検討する癖をつけてしまえば、今回の様な誰もが経験した事の無い状況に陥っても、突破口を見つける事は出来るものだと思っております。
患者さんが来なければ、どうしたら来易い環境を提供出来るのか?と云った事を検討すれば、自ずと答えも見つかるでしょうし手をこまねいているよりも、なんでもトライする気持ちが大切になって来るのだと思います。
これからご開業をご検討されておられるドクターの皆様は、今後のコロナ騒動の先をある程度予測しながら、その時期が完全に終結する前段階において、他のクリニックよりも少しでも早くご開業される様にご準備を怠らない姿勢が大切かと存じます。
先に地盤を押さえてしまった方が、後から出て来る方よりも優位に立つ事は明らかですので、そう云った事も踏まえながら何よりもクリニックの院長になられるという事は、ご自身が経営者になられるという事に他ならないと云うご自覚が大切かと存じますので、そう云った事を良く見極めながらご開業のご検討をされるのが、非常に大切な事かと存じます。 
posted by 医院開業物件パラダイス at 09:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月01日

早、6月ですね。

コロナウィルスの騒ぎが本格化した後、特に3月後半位からだったでしょうか?世の中の人の動きが徐々に制限されてきて、4月5月となると殆ど活動の制限や出勤の自粛等によって通常での営業活動も極端に減少し、それに連れてドクターのご開業に関する動きもかなりセーブされた感がありました。
尤も、其々のドクターのお立場によっても事情はかなり異なっていたとは思いますが、中でもコロナウィルスり患患者を受け入れる勤務先の中に居られたドクターは、かなり疲弊されていた事かと存じますし本当に頭の下がる思いが致します。
しかし、そう云った中での大変な思いをされておられたドクターご自身も、ご自分の将来設計はされて居られた筈ですし、この騒動の収まりがハッキリとすれば改めてご自身の将来をご検討されるものと考えております。
現状では、直ぐにご開業についてのご検討をされるには時期的に見ても遣り難い状況かと存じますし、そう云った周囲の状況が徐々に落ち着いて来てからのご検討で宜しいのだと思っております。
そうは言っても、やはり中にはこの状況下においても、精力的に物件の探索をされて居られるドクターがいらっしゃる事もまた事実であり、そう云ったドクターはコロナウィルス関連の動きについてはどの様に対処されておられるのか、或いは余り関知しない環境下のドクターなのかと思う事もございます。
既にご開業されておられるドクターの皆様も、このコロナ騒動ではかなりの痛手を受けていらっしゃいましたし、弊社を含めて様々な医療関連の会社様も其々大なり小なりのダメージを負っておられますので、早くこの騒動が沈静化して可能な限りでの通常に戻って欲しいものだと願っております。
今日から6月と云う事もあり、あっという間に1年の半分が過ぎようとしている現在、今から先でのご開業のご検討をされるのであれば、どうしても年末から年明け位を目標にして準備を進める必要がありますが、それも現時点では難しい状況なのかも知れません。
そう云う事になると、目標設定を来年春迄と云う形に設定して、無理の無い形でのご準備をされるのが望ましいかと存じますので、もし今後についてのご開業のご検討をされるのであれば、是非一度、弊社の方へご相談をされるのも一つの手段かと存じますし、そう云った中に於いてご自身の診療スタイルや、時期的な部分も含めての最適な物件探しからお手伝いが出来ればと存じます。
弊社に於いては、まず始めにドクターのご開業についてのお考えをお聞きし、その上でどういったエリアでどの様な診療をされたいのかと云う部分のヒアリングをシッカリとさせて頂き、その基礎に基づいて始めて物件の探索から開始すると云うのが通常のスタイルなのですが、仮に既に物件の目星を付けられておられるのであれば、その物件がドクターにとって有利な環境物件なのか否かの見極めをした上で、大丈夫な様であれば始めてその物件をターゲットにして、事業計画書の作成と共に金融機関への融資の申込み等を進める様に致しております。
そう云った事と並行しながら、テナントの内装工事会社の選定と医療機器類のご希望や選定の作業も進めて行き、ご開業後について万全の準備の上での診療がスタート出来る様にご準備をお手伝いさせて頂きながら、更にドクターにとって絶対必要となる人材(スタッフ)の募集確保の動きや、広告関連に関しても抜かりなくご準備をお手伝いさせて頂く形にしております。
勿論、スタッフ面接等も立ち会いますし、その後のスタッフ研修の計画実行、内覧会のお手伝い等もシッカリと最後までさせて頂いておりますが、弊社が他業者様と大きく異なる部分として、ご開業の後も定期的にドクターのサポートを継続して行う点がありますが、これについてはドクターから報酬を頂く事なく全くの手弁当での奉仕活動になり、ご開業後に最もご不安になられる時期である開業時から半年間とその先についての増患対策をすべき時期等も含めて、ドクターがもう十分だと云う時点までは最後までその先生のお手伝いをシッカリとさせて頂く事が、本当の開業支援の姿では無かろうかと云う想いでお付き合いをさせて頂いております。
これはひとえにお互いの信頼関係が構築されていてのお話になりますので、始めから使い捨ての様な感じでのお付き合いをされるドクターについては当て嵌まらないかも知れませんので、その辺りについては宜しくお願い申し上げます。
以上、これから先の半年間についても何か疑問に思われる事や、ご開業後についてのご不安等があれば、何なりとお気軽にご相談頂ければ幸いに存じます。
posted by 医院開業物件パラダイス at 18:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする