2020年10月27日

ご開業物件について

コロナの影響によるご開業のご検討を控えるドクターの方々も、徐々にお考え自体が変化してきておられる様であり、ご開業物件への関心やお問い合わせについても徐々に活性化している様に感じられる今日この頃です。
しかし、物件自体の坪単価については以前に比べると、本当に高めの設定になって来ているのが非常に気になる部分です。
本当に場所によって様々な価格設定になっているとは言え、やはり坪単価が3万円/坪(税別)と云うのは実際にご開業されたとしても、保険診療一本では経営が難しい環境になってしまう訳であり、弊社としてはお勧めをしたくない物件に該当する訳です。
それでも、都内一等地に有って非常に認知度の高い物件のリニューアル案件等ですと、坪単価が2万円程であっても手を挙げられて既に入居申し込みを済まされて居られるドクター等もいらっしゃられますので、その場所での集患対策と運営方法をどの様にご検討されておられるのか等を、お伺いしたい位に思っております。
内科等についても、最近においては自由診療を加えて患者ニーズに合わせるドクターもおられる訳ですので、保険診療一本という経営スタイルにおいては、場所によっては無理が生じる物件も有ったりする筈ですので、事前に事業計画書をシッカリと作成する開業支援会社様等と綿密なお打ち合わせ等をされておきませんと、後々騙された感が大きく後を引く結果にもなり兼ねませんので、注意が必要かと存じます。
10年前位とは異なり、医療モールとして集まっていてもそれ程相乗作用が働かなかったり、逆にドクター同士の中で馬が合わなかったりして、同じ医療モールの中でも疎遠になったりするケースも見受けられ、全てが上手く行くといった形になる訳でもありません。
人間的に出来たドクターが複数入居されておられる場合には、その医療モール内でのトラブルも無く平和にお互いを尊重しながら、其々が思い描いていた診療スタイルで自由に診療され、売上的にも右肩上がりになると云うのは結構見受けられるケースですが、これが一つでも想いの揃わないドクターが入居されているケースですと、お互いに干渉しないという部分では問題ありませんが、患者さん達の目にはモール内での反目という構図に映ってしまう事もあり、結果的に変な口コミを書かれる事にもなり兼ねませんので、本当にそういった意味合いにおいてはご注意される事をお勧め致します。
殆どの開業支援会社様は、先生のご開業当日以降についてはほぼ顔を出す事も無くなってしまい、何か問題が起きても頼る先が見つからずに、お一人で悶々とされていたり、良くて薬局様へのご相談等で苦しい胸の内を明かす等しか方法が無くなるケースが一般的ですので、そうなる前に事前の確認をされる事は非常に重要かと存じます。
弊社においては、医療モールへの参加の場合については他のドクターの年齢や、凡その性格を含めた人となりを事前にその医療モールの取りまとめをしている会社様へ確認した上で、変わったお話等があればそれを直ぐにドクターへお伝えした上で、その物件のご検討をする一つの材料にして頂くようにしております。
またご開業の後についても、ご開業日以降は定期的にサポートする為に、必ず訪問日を事前に決めさせて頂きながら、そのドクターが医療法人化出来る位の売り上げに到達するまで、一切の費用請求をする事無く信頼関係の上に立った御礼の気持ちとしてサポートをさせて頂いております。
今迄の経験からしても、ご開業後の約半年間については特にドクターのマインドがブルーになり易い時期であり、その時に誰にもサポートして頂けない環境におられるドクターを散々見て来ておりましたので、それは本当の開業支援とは言えないのでは?と云う気持ちから、この様なサービスをさせて戴く様になった次第です。
ご開業に関するどんな事でも結構ですので、お気軽にご相談を賜れれば幸いに存じますが、ただ最終的に結論を下すのは、飽く迄もドクターご自身であると云うご自覚をお忘れになられる事無く、シッカリとしたお気持ちの上でご開業のご準備をされる事をお勧め致します。
posted by 医院開業物件パラダイス at 10:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月20日

ご開業準備とコロナ過との関係

現時点において世界的に見ても一向に沈静化するどころか、大規模な第2波に見舞われている欧州各地の様子を見るにつけ、これから日本国内に徐々に来日するであろう海外からの渡航者への対策と、国内における更なる沈静化の早期対策が求められる訳であろうと思われます。
経済基盤を根底から覆してしまう様な経済的圧迫の可能性のある政策は取って欲しくないものであるが、日本の大多数の経済を廻している筈の中小零細企業への配慮と言うものがシッカリと検討されれば、日本経済の体力そのものも徐々に回復するのではないかと思う次第です。
この様な状態において、来年には東京オリンピックの開催も視野に入れながらの経済活動をする形になる訳であり、そうなれば必然的に庶民一般における経済活動と云ったものも活発化せざるを得ない形になり、それが牽いては日本経済の活性化に繋がるのだと思います。
そういった見方をする限りにおいて、これからのご開業をご検討されるドクターの方々にとっては先々の不透明感に困惑して尻込みをされるよりも、いづれ以前と同じ様な形になるとは言わずとも、コロナ過を乗り越える形での新たな日常を勝ち取る形での通常の生活が成り立つ訳ですので、そこへ向けてのご準備とともにご自身の将来設計のご検討をされる為にも、今後のご開業についてのご健闘とご準備に関しては広くアンテナを張りながら進められる事をお勧め致します。
また其々の科目にもよりますが、コロナの影響を諸に受けてしまった科目もあれば、意外と影響を受けずに淡々と診療を進めておられた科目もあったりした訳であり、一概に不安材料だけを気にして今後のご開業について悲観される事は本当に杞憂だと思われます。
特に、大きく影響を受けてしまった科目としては小児科・耳鼻咽喉科のクリニックが最も顕著であったと思われ、それに続いて影響を受けられた科目が一般内科であった様に感じられますが、それらの科目についても現在においては其々の努力によって患者数も徐々に回復基調になって来ており、これから先への目標数値を明確にしながら其々がご健闘されておられます。
また、皮膚科・眼科・糖尿病内科等の科目に関しては余り影響が大きくなかった様にも見受けられ、世の中の動きがシッカリとして来れば再び営業成績に関しても上向いて来る事が期待されますので、そういった方向性をしっかりと把握されながらこれからのご開業に向けてのご準備をされるのが宜しい様にも感じます。
現在のご開業準備をされておられるドクターの皆様方の状況を見ていると、既にご開業されている中でテナント開業のクリニックを新たに土地を購入した上で、新規物件を近くに建てて新たにスタートを切ると云ったスタイルを取られるドクターも増えている様に感じられますが、そこには今迄診療をされておられた先生の他に新たにご子息を迎えられて、診療科目を増やしてリスタートされるといったスタンスを取られる先生もいらっしゃられます。
また、別のケースでは地道に診療における患者さんの予習復習をされていた事によって、そのドクターへの患者さん達の評価が大いに向上した事によって、今迄の診療以外にもそこから派生した新たな診療スタイルと、分院化を模索する検討をされるケースも見られるようになってきており、今後についてのクリニックの在り方や新たな診療への期待感も大きくなって来ている様にも感じられます。
この様に、大変な時期を乗り越えられたドクターの皆様方は、この経験を糧にして更に向上されるご計画と夢を持たれる方が多い様に感じられますし、その事が近くで見ていても大変頼もしくも思えます。
是非、これからのご開業のご検討をされるドクターの皆様方も、目先の不安感だけに捕われる事無く大局的に大きな将来に向けてのご計画を立てられた上で、ご開業のご準備をされるのが宜しいかと存じます。
弊社においても、そう云ったドクターの皆様方のお手伝いが出来る事を最大の喜びとして感じており、その為のご開業準備のお手伝いをさせて頂く訳ですが、以前から申し上げている様に弊社の場合にはご開業日までをご開業支援とは捉えておりませんし、ご開業された後についても先生が医療法人化出来る位までの売り上げを叩き出せる迄、寄り添いながらサポートをさせて頂く形をとっておりますので、まずは先生の将来的な夢とやりたい事のお話等をお聞かせ頂ければ幸いに存じます。
それと、弊社においては先生との間に上下関係は無いと云うスタンスでのお付き合いをさせて頂いておりますので、一方的に上から目線での命令調でお話をされる形ではご協力は難しいかと存じますし、商売の基本としてお互いの相手をリスペクトする気持ちがなければ、長いお付き合いという形は難しいと感じておりますので、その辺りに関しての世間的な一般常識についてもご理解頂ければ幸いに存じますし、そう云った事を弁えられておられる先生こそ大成功を収められております。
posted by 医院開業物件パラダイス at 11:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月13日

最近自分の行動で感じること。

いつもお仕事等で外回りをしていると、どうしても外食をする機会が増えてしまう訳ですが、最近はそういった折に自分が興味を持っていた知らないお店へ、下調べをした上でわざわざ立ち寄る傾向が強くなってきております。
水道橋辺りでの打ち合わせが終了すると、駅からほど近い場所にある有名な立喰い蕎麦屋さん(とんがらしさん)へわざわざ行ってみたり、同じく非常に興味を持っていた同じエリアにある新潟の「たれカツ」のお店へ行ってみたりと、B級グルメ的な場所の探索が密かな楽しみになってきております。
明日もその様な予定でおり、神保町にある昨年オープンの「カニ味噌ラーメン」のお店へ行きたいと思っておりますが、以前には新宿と東京駅地下街に其々出店している北海道本店からの分店で「一玄」さんと云う「エビそば」(ラーメン)のお店へも行っており、そのお店のスープが絶品であった事もあって、今度は新たな味でのカニと云う事で、札幌ご出身の店主さんの味を堪能してきたいと思っております。
しかし、そんなこんなで興味本位で新たなお店巡りを始めてしまいましたが、ユーチューブ等でも食べ物系の紹介ものも多く出ている事等もあって、今まで自分が知らなかった食への興味は尽きる事が無い様にも感じられます。
ピザ等にしても普通のピザではそれほど興味を示さなくても、シカゴピザであればそのお店へ行ってみたいと思う訳であり、自分の知らない味や食べ物に関しては歳を取る毎に興味が増して行くように思われます。
ステーキ然り、パンケーキ然り、豆乳然り、ラーメン然り、蕎麦然り、カレー然りと数え上げれば切りがありません。
まあお仕事に関してはそんなに簡単なものではありませんしまず受注する事が先決であり、それから先が本当に大変でもあり楽しみでもある部分ですから、様々ある同業者の中から弊社を選んで頂けた事への感謝と共に少しでもそのドクターとの意思疎通を図れるように努力をしながら、そのドクターの将来の為に可能な限り頑張らせて頂ければと思って取り組んでいる積りです。
唯、残念な場合もあって、そのドクターが弊社に対してご自身の興味を持つ科目分野についてもスペシャリスト的な知識を有していると勘違いされたり、ご自身の代理人的な立ち位置で全ての物事を代行するといった様に勘違いされる場合には、本当に精神的に疲弊もしますしそうではないと云う部分をご理解頂く為には、非常に難儀を致したりします。
飽く迄もご開業に携わる開業支援をする会社であり、その先生のお手伝いをさせて頂くと云う立ち位置ですので、経営コンサルタントや専門医療のコンサルタントでは無い、という部分をご理解頂きながらのお付き合いをさせて頂けると幸いに存じます。
もっとも弊社の場合には、ご開業の後についてもそのドクターがご開業後に医療法人化される位までの長期に渡って、無償でのサポートを定期的に継続して行っておりますので、毎月の売り上げ推移や動向を見ながらその補填をする為の集患対策等のご提案等もさせて頂いておりますので、若干ではありますが経営コンサルタント的な動きは行っております。
その様な弊社の立ち位置をご理解頂きながら、お互い人と人との繋がりという部分での信頼関係を築ければ、末永いお付き合いをさせて頂ける筈ですし、是非、その様な関係性を築きながらのご開業のお手伝いが出来ればと思っておりますので、よろしくお願い申し上げます。
posted by 医院開業物件パラダイス at 11:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする