2014年05月14日

ゴールデンウィークも明けて・・・

1年の内でも皆さんが楽しみにしていたゴールデンウィークも、あっと言う間に終わってしまいましたね。
連休明けについては、大体、若干ボーっとしてしまう事が多いのですが、今回の連休明けについては物件の確保という問題が有った為に、気を引き締めて過ごしていたせいか非常に動きがスピーディであり、自分でも感心してしまう位に機動性がありました。
ご開業をご検討されておられるドクターのターゲット物件について、その物件オーナー様のお考えにおける賃料価格が、一般的な物件との価格乖離をしており、その為に入りたいという希望を出しても中々色好い返事を頂けないという状況になっており、他業種の入居希望者との天秤に掛けられている状態であるので、弊社としてもドクターの為に細心の注意を払いながら物件の交渉をさせて頂いている訳なのです。
今月末にはその結果も明らかになる予定ですが、物件のキープという部分に於いては前回もうまく処理する事が出来ておりましたので、何とか今回についても他に負ける事無く「上手く行けばいいなぁ・・・」と考えております。
弊社の物件情報に関しては、本当に厳選させて頂いておりますので、そこでのご開業をご検討されてもまず失敗するという事はない!と断言しても良い位であると思っておりますが、それでもこれから新規ご開業されるというドクターの方々にしてみれば、その根拠を提示しろという事になるのでしょうね。
診療圏調査の数字のみや知人のアドバイス等、客観的なデータと責任の無い個人の意見等を優先させて、弊社の勧めを疑問視するドクターも中にはおられますが、正直な所、その様な方についてのご開業のお手伝いについては、最終的にお断りをする事になるケースがございます。
その理由としては、今迄についてもご開業に関しての流行る流行らないという部分に於いての、コンサルとしての経験に基づく嗅覚が働く部分については、データを出したり数値的な物を提示する事が難しい場合もあり、そこを敢えて理詰めで問い詰められても答えようがない場合もある訳です。
根拠は?と問われれば、今迄の実績と経験で流行らなかったドクターが一人もおりませんでした、と云う事位しか言えないので、逆に個人の青色申告から医療法人への転換(年8000万円位以上の売上高の計上)をしなくてはならなくなる迄の時期が、3年から5年位を目安にして頂ければ、というお話にしかならないのです。
ご信頼を頂ける先生については、ご開業後についてもどこまでもサポートをさせて頂きますというのが弊社のポリシーですが、ご信頼頂けないドクターについては、ご開業のお手伝いをさせて頂いている間であっても、こちらからお断りをさせて頂く事もあると云うのも事実です。
飽くまでも有料での開業支援を業としている会社ですので、途中でお手伝いをお断りするというのは、報酬を諦めるという事に繋がりますので、通常では有り得ない事ですが、金銭的な儲けよりもポリシーの方が大切であると云う信念の元でのお手伝いをさせて頂いておりますので、その辺りのご理解を賜われれば、これ以上の喜びは無い訳です。
でも偉そうな事は一切申し上げません。
本当に人生の転換点になる、其々の先生方のご開業というスポットに真摯に加わらせて頂き、お手伝いをさせて頂いた事によって、その先生がご開業後にどんどんと業績を上げられるお姿を見るのが、この仕事をさせて頂いている中で、本当に満足感を得る瞬間であるという事が出来るのです。
posted by 医院開業物件パラダイス at 17:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: