2018年12月17日

先日の会食の席で・・・

早いもので、今年もあと約2週間でお仕舞いと云う時期になって参りましたが、先週ある大手調剤薬局様からのお声掛けを頂いて、恒例になっている会食のお誘いを受けました。
その時のお話の中で、様々な物件のご紹介等も詳しくご説明頂きながらお話頂いた訳なのですが、本当にこうして教えて頂くと物件については良く見てよく奥深い部分まで検討してみない事には見過ごしてしまい兼ねない案件もあるものだと気付かされました。
お世辞で言っている訳では無く、本当に何故こんな案件にドクターが興味を持たないのかと云う事についての疑問が湧く位、よく見ると良い案件がほったらかしにされていると云うものがあったり致します。
弊社を含めて他の開業コンサル会社様に於いても、殆どの会社様に於いてはお手伝いをさせて頂くドクターには出来れば流行って頂きたいと云う想いを持ちながら開業支援をされておられる事かと存じますが、中にはそう云った事よりも自社の売り上げを第一に考えて、自社についての条件面の良い物件だけをチョイスする会社様も有ろうかと思うのですが、開業をご検討されているドクターの皆様にはそう云った考え方をする開業支援会社には、くれぐれも引っ掛からない様にして欲しいと思っております。
ですから、開業物件を様々な情報ツールを使って調べる際には、あれもこれもと云うスタンスでは無く、一つ二つの物件をジックリと精査しながらその物件紹介をしてくれた会社に対して、どの部分が良いのかと云う疑問に対してのしっくりと来る答えをしてくれるのか否かと云う部分を良く見極めると同時に、ご自身でその答えに対して共感できるのか否かをご自身の中で反芻された上で、素直に良いと云う答えを導き出せるのであれば、その直感に従って物件の検討を先に進めるやり方が、最終的に最も合理的な方法であり且つ後悔しない検討の仕方では無いかと存じます。
私自身は、大手の会社様が良いとか中堅会社様が持つ案件が良いとか云った偏りは全くありませんが、皆さん其々の会社様の中において店舗開発部隊の考え方の中で、この物件であれば医療モールとしてはやるだろうと云う気持ちを持って物件開発をされている訳ですので、何処の物件が良いとか悪いと云う事は無いと思いますし、其々に良い点とそうで無い部分が混在するのは致し方の無い事であり、その中でドクター自身がどの部分に共感するかによって、その物件が良くも悪くも評価が分かれる事になる訳であり、飽くまでもドクター個人其々の考え方や診療スタイルの違いによって物件の良し悪しも決まると思っておりますから、仮にある医療モールの中で一つだけ空いているテナント物件があったとして、そこがいつまでも埋まらないのは余り良い案件では無いからと云う風に決めつける事は、至って理不尽な偏見であろうと云う風に考えます。
何故ならば、既にその物件に於いて他の科目のドクターがシッカリと事業をされている訳であり、潰れているのでも何でもありませんから全くダメな物件である訳が無いのです。
これからご開業を検討されているドクターの殆どの方々は、今迄の給与所得者から抜け出して個人事業主への道を歩み事になる訳ですから、あらゆる面で心配されるのは当然の姿でありますが、だからと云って空き物件が埋まらないと云う事に対しての偏見や怖れと云う形での物件スルーをしてしまうと云うのは、余りに物件の検討をする上に於いては稚拙な手段だと思います。
何故、そこのテナントが埋まらないのか?と云う事を突き詰めた上で検討をすべきであり、その答えを明確に理解した上で検討のまな板から外せばよい訳であり、大した理由も無く安易な気持ちで空き物件を除外すると云う考え方を改めた方が、今後についての物件不足と優良案件の減少化に対する手段として有効に働く様になると思われますので、是非、空き物件だからと云う事だけでスルーすると云う考え方を捨てて、どの物件についても同じ土俵で検討する事が、ドクターご自身の為には最も良い選択肢を増やす事に繋がると云えるのではないでしょうか?
これが先日の会食の中で私自身が気付かされた、物件の検討材料としての重要なファクターであると云う事ですので、皆さんも是非そうした目線での検討をされてみる事が重要なのではないでしょうか?

posted by 医院開業物件パラダイス at 00:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: