2019年01月29日

ご開業物件の検討について (その2)

物件のご検討をされる時点に於いては、まず、ご自身の診療方針やそのスタイル等をある程度お考えの中で固めた上で、そのコンセプトに合う物件の探索をされるべきかと存じますし、その方針の上で探索された物件については具体的にいつ頃の開業になるからと云う事を伝えた上で、その物件オーナー側との交渉をして開業日までの賃料等についての打合せをするべきですと云う事を前回お話させて頂いた訳ですが、どのエリアでどういった形でのご開業(診療スタイル等)をされるかと云う事をまず始めにご自身の中で固めておりませんと、物件についての情報が上がって来てもその情報の中でどのポイントに重点を置いて検討すべきなのかと云う部分が希薄になり兼ねません。
まず、ご自身が何の為にどの様に診療をしたいのか?と云う点と共に、金銭的な部分での向上を第一に目指すのか?或いは地域医療への貢献などを第一目標としているのか?等によって、その基本的な物件への考え方も大きく異なって参ります。
売上第一と考えるのであれば、まず始めに診療圏の数字もそうですが、5年10年後のそのエリアにおける患者需要の増大化が望める場所であるのか否かと云う点に着目すべであり、目先の需要数だけに振り回される形での物件の検討と云うものは、既に過去のやり方と云っても良いのかも知れません。
一昔前位であれば、ご自身に関係する先輩ドクターや知り合いドクターがそれ程先に出て来ても居ませんでしたので、上手く空いたエリアに優良物件があれば、そこを押さえれば済むお話であったものも、現在に於いては殆どのドクターが希望するエリアに於いては、既に先輩ドクター達がそのエリアに根を下ろして地域医療への貢献を既にしている訳ですので、そこへ割って入っても所謂パイの奪い合いを演ずるだけの結果に結び付き兼ねず、余り得策と云う形にはならないであろうと云う事が言えるのです。
住宅街の中においてのご開業されたドクターの場合には、戸建が主流のエリアの場合年齢が上がって行っても人口の循環は左程無い形になりますから、ある一定期間を過ぎた時点で将来の事を考えながら、より広いエリアからの集患計画を練って行く必要性が生じて来ますが、この時点で外部から同じ科目のドクターが開業して来た場合、そのドクターと同じパイの中でのバトルを演じる形になってしまい、先に出ていたドクターの取り分が若干減る形になると同時に、新たに出たドクターに関しては大して売り上げが伸びないまま推移し兼ねない状況に陥る可能性が高くなる訳です。
この様な状況に陥る事を防ぐ為にも、地域医療への貢献度が高い物件になるのか?将来的にご自身の科目が長く必要とされるエリアの物件であるのか?と云う部分を良く検証した上で、物件の検討をされる事が肝要かと存じますし、そう云った事をアドバイスしてくれる開業支援の業者様と共にご開業の準備はすべきかと存じます。
勤務医時代の場合には、意外にドクター自身の都合に回りが併せてくれたりしていて、ご自身が困る様なシチュエーションが出て来なかったりしておりますが、そこから一歩外へ出ればご自身の都合だけでは上手く事が運ばないと云う事も自覚する必要があろうかと存じますし、ご自身の為に敢えて厳しい意見を云ってくれるサポート業者を選ばれる事が、これからのご開業支援には必要なのかも知れません。
厳しい事を申し上げておりますが、これからご開業されると云う場合に於いては、まず目先の売上だけを検討するのではなく、ご自身の将来を見つめた上での長いスパンでの売上向上と云う形が、最終的には多大な地域貢献に繋がって行くものであると云う事を自覚して頂ければと存じますので、そう云った視点からの物件のご検討をされる事を強くお勧め致します。
posted by 医院開業物件パラダイス at 11:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: