2019年05月20日

新規物件情報とご開業について

つい先ほどもあったのですが、新規物件情報についてはこれから作る予定物件の情報ですので、確実に造られるとか竣工時期がずれ込んでしまうと云ったお話については、ある程度の時期が来ませんとハッキリしないケースもあり、また、その物件情報元の方から常にその物件についての新たな状況報告等もありませんので、こちら側からその物件についての進捗状況の確認をしない限りは不明と云った事が非常に多いのが現実です。
以前には、物件情報の掲載をするに当たってその都度情報提供元から物件掲載料を頂いた上で、常にその情報の詳細を連絡頂く形で進捗状況の確認をしながら進めていたのですが、それをドクターの誘致によって紹介料を提供すると云うスタイルに変化してから、それら物件情報の管理についてが非常にルーズになって仕舞っていると云う現実がある訳なのです。
しかし、これらの事は物件の大部分についてがその様なシステムに変化している現時点に於いては、管理そのものが非常に煩雑な行為になってしまっており、その都度確認を取らなければ何も始まらないスタイルに変化している為、少し前の物件情報等については確認作業をしない限りは、新たな物件情報がどんどん入って来る事もあり、見落としや進捗状況の欠落等も有り得る状況になって来ております。
ですので、物件情報に関しては出来るだけ気に掛かる案件については早めの確認と、実際に業者等との面談等によって確実な物件情報の収集を行うと共に、早めに開業支援業者とタッグを組んでスケジュール管理と物件探索等を、両面から推し進める形にして行かれた方が宜しい様に思われます。
ご開業されるに当たっては、殆どのドクターがご自身の希望エリア内での物件探索をされる訳ですが、同じ事をこれまでの既にご開業されていらっしゃるドクター達もして来た訳であり、それを考えた時に同じエリアで同じ行動をしていたのでは、先にご開業されたドクター以上の良い物件は無いと思うのが普通だと思うのですが、如何でしょうか?
そうであるならば、やはりご開業と云う物は新たな事業を起こす事に他なりませんので、少しでもご開業された後にご盛業されなければご自身で事業を起こされた意味が無くなってしまいますし、そうならなければ残念であり寂しい結果を招く事になってしまいます。
その意味から云えば、ご開業物件探索とその場所でのご開業をすると云う事については、新たに事業を起こして商売を始めると云う事な訳ですので、若干通勤には不便であっても患者さんの供給が滞らずに、将来的に見ても患者さんが増え続けるであろう場所でのご開業をされるべきであり、その為のご開業であるべきだと考えます。
勤務医として通常業務をこなして働いている時点では、ご自身が院長となって事業を運営すると云う事がどれほどの事なのかが理解し難いのも判りますが、医療と云えども売り上げを挙げて行かなくては生活もままならないのでは何の為のご開業であるのかも判らなくなってしまいますから、その辺りの事も良く吟味されながらご開業のエリアや物件のご検討をされる事をお勧め致します。
現在のご開業状況に於いては、既に単なる医療モールへ入れば大丈夫と云った段階では無く、医療モールに入っているドクター同士の人間関係等も視野に入れながら診診連携の事も考慮して、患者さんをより増やす手立てとして有効なのか否か等も考えながら、物件のご検討をするべきかと存じます。
そう云った事柄の為にも、早めの開業コンサルへのご相談等は有効だと思われますので、是非、一度、弊社の方へご相談等をお気軽にされてみては如何でしょうか?
弊社の様な開業支援会社も山の様に存在する訳ですが、それらの中から本当に信頼しても良いと思われる会社を選択される事が、ご開業の最も成功への近道になるかと存じますので、くれぐれもご注意をされた上で優良な開業支援会社を選択して頂ければと存じます。

posted by 医院開業物件パラダイス at 21:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: