2019年06月28日

ご開業後の来患数が気になるドクターは・・・

ドクターの皆様がご開業される時に最も気になるワードが、自院の来患数がどれ程になるのか?と云う部分だと思われるのですが、その心配を払拭する為に診療圏調査結果を重視したり、駅前物件が良いとか医療モールが良いと云ったお話になろうかと存じますが、勤務医のドクターが開業医に代わる訳ですので当然開業医にしか判らない事情と云ったものもあり、勤務医として病院に勤めていながらほぼ何も知らなかった事柄として挙げられる事に、病診連携室と云う部署の活用と云う事が挙げられるかと存じます。
ほぼそう云った部署との繋がりの無い勤務医のドクターにとっては、働いていた自院の病診連携室がどう云った働きをしてどれ位のサポート力を持っているのか?と云った事も、ほぼ知らない状態で同じ病院内でご勤務されていたと思われます。
ご開業されたドクターの殆どは、この病診連携と云う事については意識も希薄であり、そもそも大病院とのお付き合いをするにしてもその病院には知り合いのドクターや教授等もいないから、お話を繋げる事自体が無理だとお考えのドクターも多くいらっしゃいます。
しかし、私達の様なコンサル業者の中にはそう云ったお話は「どうしてそう思うのかな?」と思う位に当り前に思いつくお話であり、当然近隣の病診連携室へのアポイントと登録によって、繋がりを持てると云う事は旧知の事実なわけです。
但し、ここで要注意な部分としては、登録そのものはいつでも出来る訳ですが、実際にその病院と診療所の患者さんのやり取りについて全ての登録診療所と遣り取りをしているかと云う事になると、決して全ての登録診療所へ患者さんのご紹介をしている訳ではありませんので、ほら信用できないお話だと云う方もいらっしゃられるかと思うのですが、登録時にそのクリニックのドクターのキャリアや経歴、クリニック自体に設置されている装備関係、該当ドクターの専門範囲と得意な診療分野等をシッカリと伝えた上で、二度と顔を出さないと云うスタンスでは無く何かあれば連絡を取ってみたり、患者さんの退院調整時に直ぐに顔を出せる等のフットワークが良いと云う事がアピール出来れば、自然と連携も緊密になりますし病院側としても頼って来る形になる訳です。
勿論、ご開業初日からそんな形になる訳はありませんが、特に内科系のドクターであればご開業後の立ち上りが急激な右肩上がりになる事が無い事も良くご存じな筈ですから、そう云った状況の中でこういう取り組みをしておく事は、将来的に見ても非常に有効な活動になろうかと存じます。
特に大きな病院だけをターゲットにする必要は無く、中核病院でも結構ですし大学病院でも同じな訳ですから、マメに少しずつ活動をされて自院のパイプを作り上げて行くと、ある時点から患者さんのご紹介事例が非常に高くなる事は事実ですので、広告費用も掛からず患者さん側から見ると信用力の向上が期待出来る活動ですので、ご開業された時点で直ぐにこういった活動をされておく事も、非常に大切な増患対策であろうかと存じます。
実際に2〜3か所の病院との病診連携を取られた、ご開業されて半年ほどのドクターにお話を伺ってみますと、思わぬ時に先方からの患者さんの紹介を受け、それが複数の病院から来る訳ですし、そのケースが順調に進むと更に患者さんを送ってくれるので、本当にやって良かったと云うお話も伺っております。
この様にして広告宣伝費を一切使わなくても、集患対策の一助として活用できるお話もございますし、勿論、自院のHPの充実や他の媒体での広告費用と云ったものも、ご開業された当初から2〜3年の内はどんどんやった方が売り上げに貢献しますので、始めの事業計画書の中に宣伝広告費を多めに予算組しない様な事業計画書を作成する会社様は、ご開業後の本当の実情が全く判っていない会社様であり、そう云った所へご開業のお手伝いを依頼されますと、後々ご自身が大変な状況をご経験する形になり兼ねませんので、その辺りを見るだけでも良い業者であるのか否かの判断材料にもなろうかと存じます。
題目と若干乖離したお話になってしまいましたが、つまりはどうしたらご開業後に安心した診療が出来るのか?と云う点と、その作業をする為の資金予算を組んでいるのかいないのか?更には、別の方策での集患についてアドバイスが出来るのか否かと云う点に注意しながら、ご開業準備を進める為のパートナー選びが重要ですと云う事を、是非、ご理解頂ければと思う次第です。

posted by 医院開業物件パラダイス at 11:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: