2019年07月13日

ご開業物件の見極め方とは?

ご開業物件のご検討をする際には、ドクター其々のお考えもありますので、何が良いとか何処が悪いとか云ったお話は難しいと云うのが本当の所なので、お薦めする際には事前にそのドクターがどう云ったパフォーマンスをご開業後にされるのかと云った具体的なビジョンなどをお伺いしてからでないと、一般的な事や世間的に良いと思われる物件しかご案内出来ないと云う部分がございます。
ですから、物件の掲載情報を良くご覧になられた上でお尋ねされて来られるドクターについては、凡その物件についての知識や良い点悪い点等を把握されておられる場合が多いので、更にその物件についての詳細な部分や踏み込んだ情報を得る為にご相談されると云ったケースがございます。
こういったケースの場合には、取り敢えずそのドクターの為に物件を仮押さえしておきませんと、何処で何時他のドクターが同一物件をご検討されているのかも判りませんから、ドクターを含めて弊社自体としても不安要素になる訳です。
一般的に、医療用物件についての仮押さえと云う物については、金銭的な縛りや責任と云った縛りは付帯しませんので、単なる手を挙げた希望の順番と云った程度の扱いですから、あまり深刻に考えてしまっていつまでも仮押さえを躊躇していると、あっという間に2番手・3番手になってしまう恐れがあり、そうなった場合には1番手のドクターがその物件を諦めない限り、2番手のドクターにはその物件の交渉権は廻って来ませんので、そう云った意味に於いても本当に良さそうだと思う物件であれば、出来るだけ早めに仮押さえ等をして手を打っておく事をお勧め致します。
また一般的な条件面等で、ドクターへ良いと思われる物件をお勧めするケースが多々ありますが、どのドクターが何をどの様にやって行きたいのかと云った細かい部分を教えて頂ければ、更に突っ込んだ内容の物件を探索も致しますし、そのドクターにとって最良と思われる物件のご提供も出来る形になりますから、始めから構えてしまって軽く物件情報だけを取ってやろうと云った姑息なお考えで無く、真剣にご相談を頂ければ弊社としても、とことん真剣に物件の探索をさせて頂く事になりますので、本業の仕事を取る為に片手間にタダでお手伝いをさせて頂きますと云ったスタンスの会社様と同様に見られる事は非常に困りますので、そう云った辺りについてもどの会社も同じと云った目線では無く、何を何処までやれるのかと云ったスタンスで開業支援会社を選ばれた上で、ご相談される事が良いご開業物件を見極める上に於いても重要になって参ります。
良く診療圏調査結果の数字に非常に重きを置くドクターも居られますが、この数字は飽くまでも一般的な目安としてしか機能致しませんし、殆どその科目を診ていなくても、単に標榜科目として掲載されているが故に、競合の数に入れられて数値化されている場合も多いのです。
それと前回もお話が出た部分ですが、ドクターがご開業されてからの患者さんの集まりの良し悪しと云ったものは、そこで診療をされている事の認知度が早く向上したのか、或いはサッパリ認知されておらずに知られていない為に、患者さんが集まらなかったりと云う事は良くあるお話ですし、逆に認知はされているがそのドクターの診療方針が気に入らないと云う理由で、1度は来院したものの次回からは行きませんと云った患者さんもいる訳ですから、認知度を上げる為の広告宣伝に力を入れる事と同時に、ドクターご自身の人間力を上げる努力についても日々怠らずに続けて行って頂ければと思う次第です。
ご自身の診療スタイルに合った物件に巡り合い、その上でその地域の患者さん達に好かれる診療をシッカリと腰を据えてやって行かれれば、必ずそのドクターはご成功されますし、勤務医時代とは異なる遣り甲斐をきっと手に入れる事が出来るかと存じます。
是非、そう云った未来の為に、弊社にご相談をされる事をお勧め致しますし、ご連絡を頂ければ幸いに存じます。
posted by 医院開業物件パラダイス at 11:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: