2019年08月31日

ご開業時の標榜科目の事

一昔以上前に於ける開業の場合には、ご自身の専門分野では無い科目等についても堂々と色々な科目を標榜しておられたドクターも居りましたが、最近に於いては患者さん達は勿論、保健所等でも主要な科目を3つまでと云う形で限定して標榜する様にと云ったお達しが出る様になっておりますので、以前の様に様々な科目を出すと云うドクターはほぼ見られなくなって来ております。
但し、逆のパターンとして内科であっても総合内科等の標榜をされるドクターが数は少ないにしろ出て来ており、それらの標榜に対しての患者さんの反応がどれ位の物かであるのかと云う部分が検証されていない気も致します。
また、これは調剤薬局様のご都合と云う部分もあったりするのですが、専門科目を謳うドクターが多い物件に於いては多科目の標榜は患者側から判り難いと云う説明で、ご遠慮して頂くケース等もままありますが、この事は本当は一人で多科目を謳うと、他のドクターがその医療モールに入れなくなってしまう事への懸念もあり、そう云った意味に於いて釘を刺しておられると思うのですが、現実的にそう云った多科目標榜するドクターが減っていると云う事等も事実としてあり、またドクター自身がご自身の専門科目に誇りを持っておられると云う部分も大きいかと思われます。
昔のドクターがご開業される折には、専門が麻酔科等の場合には取り敢えず内科と他の幾つかの科目を標榜されたりしていた訳ですが、最近ですとそのまま麻酔科での標榜として「ペインクリニック」と云う形で、ご自身の科目をそのまま生かす方向になって来ている様に感じられます。
ただ、以前のドクターとは明らかに異なる形ではあっても、小児科ドクターが単に小児科クリニックとしてでは無く、お子様をメインとしてその親御さんやその上のおじいちゃんおばあちゃん等も、併せて気軽に来て欲しいという想いから「ファミリークリニック」と云うネーミングでご開業されるドクターも増えて来ております。
これらの場合には、小児科と内科・皮膚科等も入って来るケースも有る為に、先にお話の出た調剤薬局様主導の物件には入り難くなってしまう為、物件自体についても広く出回っている各調剤薬局主導の案件には、入り込みにくい状況と云った事が起きて来ております。
そう云った観点からすると、一般的な医療モール案件を除外して検討する形となり、残された物件検討材料が建て貸しの戸建案件かドラッグストア物件で、複数科目の誘致を目論む物件以外の物であれば検討材料として浮上して来ますから、その2種類の物件を主にターゲットとして探す形になって参りますので、他の科目を除外する形で物件選びをする事になり、自ずとエリアや物件選びに若干ですが制約も出る形になって参ります。
しかし、本当にそう云った形での「ファミリークリニック」を目指すのであれば、多少の犠牲と物件の幅が狭まる事は致し方も有りませんので、その上でのより良い物件を探すしかないと云うのが現実的なお話になって参ります。
でもそう云った形で物件が上手く見つかれば、小児科をメインとして一般内科や皮膚科系等も診る形になりますので、患者さん達からは重宝されるクリニックとしての認知が広がり、ドクターご自身も遣り甲斐のある地域医療を担う形となり、診療そのものに対しての面白さと云う部分においても更に大きくなるのではないでしょうか?
故に、ご開業される折の標榜科目については、専門特化する方法と逆に広く集める主治医的な範疇を求めるやり方の二通りでの選択が、最近のトレンドとして有る様に感じられます。
これからご開業されるドクターに於いては、ご自身の方向性とご専門に対する思い入れを良く吟味された上で、ご開業時の標榜科目をご選択される事をお勧め致します。
posted by 医院開業物件パラダイス at 14:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: