2020年01月13日

仕事で使っているPCの修理が終わったと思ったら・・・

昨年末から非常に調子が悪くなって来ていたデスクトップ型のPCが、遂に年末にダウンしてしまい業者さんに依頼して修理をしてもらっていた訳ですが、先週末に漸くそれが治って戻ってきました。
ところがそのPCはウィンドウズ7搭載のものであった為、明日1月14日までで使えなくなってしまうという事で、そのPC修理業者さんにお話を伺ってみた所、特段ウィンドウズ7のままで使っていたとしても海外へのメールやインターネットでのアクセスをしなければ、それほど恐れる事も無く普通に今迄にもウィンドウズXP等を使っているユーザーさんもいますとの事でしたが、本当にそうなの?という思いと特定の作業だけの使用であれば問題ないのかも?と云った想いが交錯して、今後どうすればよいものかを思案してしまっております。
新聞等を見ても、日本全国でもまだかなりのウィンドウズ7のユーザーがいる様であり、それらの方々が14日を境に一斉に全てのPCを変えてしまうとも思えず、ひょっとしたらこのパソコン修理業者の方が云う様に、慌ててウィンドウズ10への入れ替えをしなくとくも問題ないのかな?等とも考えてしまうのです。
最も、ほぼ1年位前に既に別のPCの購入を済ませており、そちらのウィンドウズ10搭載のPCも若干ではあっても使ってみてはおりましたが、やはり使い慣れた方へ手が伸びてしまう関係もあって、古いPCからなかなか脱却出来ずにズルズルと古いPCを大事に使っていたら、今回この様な形でのしっぺ返しを食らう事になったのです。
皆さんは、このウィンドウズ7に対する対策等はどの様にされておられるのでしょうか?
手っ取り早くウィンドウズ10搭載の機械で仕事をして、ウィンドウズ7搭載の機械は廃棄する位の勢いで乗り換えをされておられるのでしょうか?
PCの寿命は大体5年から8年位らしいのですが、今のウィンドウズ7搭載のPCも購入してから5年足らずですので、やはり勿体ないという気持ちの方が強く、使うには不便でも捨てられないと云った気持ちの方が強いのですが、今迄の様にフルに使う事が出来ないというのも中途半端な感じがしております。
しかしながら、仕事で使っている以上はスムーズに動くPCでなければお話になりませんし、古い方のPCについては今回HDDからSSDへの移行もしてありますので、容量的にも充分な形になっている為内部的な文章作成や図面作成、後は情報資料の備蓄用として割り切った形で使う事にする予定にしております。
ウィンドウズ10以降については、今迄の様なOSの変更は無いと云うお話がマイクロソフトからは出されている様ですが、今迄にも世界的に評判の良かったウィンドウズ7についてもサービス続行をして欲しかったと云うのが、多くのユーザーの気持ちかと思われます。
余りにOSの買い替えを強要する形にしているから、マックへの乗り換えを検討されたりしてシェアを減らしている感もあるマイクロソフトさんは、もっとユーザーの懐具合や立場等を考えて貰えたらとも思いますが、お金を儲けてしまうと他人の懐具合等は気にならなくなると云うのが人の常なのかも知れませんね。
まだ年の初めですから、あまりに不平等を言うのではなく、前向きに頑張る事を考えて仕事をさせて頂く事にしましょう。
今年も宜しくお願い申し上げます。
posted by 医院開業物件パラダイス at 22:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: