2020年03月09日

開業支援と云う仕事の捉え方

これからのご開業を検討される時に、ほぼ全てのドクターは何らかの形で開業支援をする会社へ声掛けをしてお手伝いをして頂いている事かと存じますが、その際にそれらの会社を選択する基準がどう云ったものかについては人様々な訳であり、それはそれでよろしいのかと思います。
但し、私が個人的に思う事としてはそう云った会社様のほぼすべての開業支援の場合には、その先生がご開業された直後から全く姿を見せなくなってしまい、開業と云う全く新しいステージに立った先生のサポートは誰もしてくれないと云う現実に直面する事になるのです。
個人的に私の場合には、そう云った開業後の先生達の姿を組織に所属しながら前述の開業支援と云うスタンスで拝見しておりましたので、所謂良く云われる所の「開業医は孤独」と云う場面を散々見て参りました。
自分の仕事は、少なくともこれから新たな人生の転換点を迎えるドクターの微力ながらサポートが出来る、人の助けになる仕事だと思うからこそ続けて来た訳ですが、やはり開業支援と云う形でドクターのサポートをするのであれば、ご開業の後についてもある程度の期間はサポートを続けて行かなければ、本当の開業支援とは言えないのではないかと云う想いが組織に属している時にはずっとあり、その想いを会社の上層部へ伝えるとそれならば開業後の経営支援と云う形で顧問料を取って、そのまま観て行けば良いでしょうと云うお話を頂いた訳ですが、そのお話は尤もだとも思いますが、そこには会計事務所がそれに近い立場で入っている事が殆どであり、そこへ上乗せで顧問料を取ってサポートするのは、ドクターにとっては開業間もない時期に意外に負担が大きいと云う想いもあり、私の方で開業支援を自由に出来る立場になった時にはそれらのドクターへの恩返しと云う意味合いも含めて、ご開業後のサポートは無料である程度先生の方での自信が付くまでご支援をさせて頂く形にしようと云う形にしております。
そう云った思いを秘めながら会社勤めをしていた折に、ある切っ掛けによって独立せざるを得ない状況になった為、今迄の経験を活かす意味に於いても開業支援をして行こうと云う事で、現在のスタンスでのお仕事をさせて頂く事になりました。
以上の様な考え方が弊社の開業支援の仕事の捉え方であり、単に物件を見つけて型通りの開業スケジュールをこなし、開業日が過ぎればそのドクターとは見切りをつけて、新たなドクターへすり寄って行くと云う形は、余りにビジネスライクであってそこに人間味が感じられず、個人的に余り好きになれないやり方ですので、弊社としては余程感じの悪い自分勝手なドクターで無い限りは、基本的に弊社のポリシーに従った形でのフルサポートをさせて頂いております。
開業支援と云えども、一つの立派な仕事と捉えて居りますので、小さいながらもプライドもありますし、余りに人を見下げた態度で接するドクターについては弊社の方からお断りするケースもございます。
これは世間一般の商売を見た場合には契約も何も無い状況下で、有益な情報だけを吸い上げておいて用が無くなれば切り捨てると云った、使い捨てと云うスタンスを取られる様な場合には、誰しもその人に尻尾を振っていい顔だけをすると云う事は無いのと一緒で、少なからず商売と云うスタンスを取る場合に於いては、そのお互いをリスペクトする気持ちが無ければ成立しない関係だと思います。
そう云った事で、若干、浪花節的な部分も在るかも知れませんが、飽くまでも人と人としての関係性を重視しながらの開業支援をしたいと云うのが、弊社における基本的なポリシーですので、この辺りをどう捉えて頂けるかでご依頼を頂けるか否かも決まって来る様に感じております。
兎に角「開業医は孤独」と云った事を思わせない様に、少しでもご開業の後に於いてもサポートが出来る形で、お互いの信頼関係の構築が出来る様になればと云う事で、長いお付き合いをさせて頂ければ幸いに存じます。
そう云った形での開業支援を考えておりますので、長いスパンでのお付き合いをして頂けるドクターであれば、ご開業後については無料でのサポートも大歓迎と云う事で、お気軽にご連絡を頂ければと存じます。
posted by 医院開業物件パラダイス at 09:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: