2020年11月27日

開業時期と開業物件の関係性は?

現時点においては、やはりコロナ禍の影響も続いている為もあり、以前ほどご開業についてのマインドが高まっている様には感じられないのですが、それでもこれから先については徐々に様々な要因によって、ドクターの皆様のご開業のご検討と云った事が増えてくるものと思われます。
そうした中で特にご注意をして頂ければと思う事に、物件の竣工時期や内密に進んでいる物件への特定科目の確定と云う事が挙げられます。
様々な物件情報の中からご検討をされて、これだと思う物件へのアプローチをした際に既に他のドクターによってその物件を押さえられていたり、既に決定していた場合等については第2案等の用意が無い場合には大変気落ちするドクターが多く、そういった事を防ぐ意味合いにおいても確定物件に関しては最低2か所位の目星を付けておかれるのが宜しい様にも感じております。
また、既に竣工済みの物件であって幾つかの科目が決まっていたりご開業されている状況であっても、ご自身の科目について条件的に悪くないと思われる案件であれば、そういった物件に関してもご検討の対象としてキチンとリストアップして置く事が重要になって参ります。
よく新規案件でなければとか、既に幾つかの科目が入っているからと云った事だけでその物件を除外視する方もいらっしゃいますが、それはご自身のご開業を準備するに際してはマイナスな思考だと思います。
変に色眼鏡で見ずに客観的な視点で物件選びをする事が大切な訳であり、総合的な判断によって物件のご検討をされる事が重要かと存じます。
その他では、現時点において竣工時期が1年とか2年先といった物件情報もありますが、それらを追うのであればその情報が途中で立ち消えにならない様に注意深くチェックをしておく必要があり、それと同時にご自身のご開業の時期をどの様に設定するのかと云った事に関しても、物件のチェックと共に大変重要になって参ります。
ご開業に向けてのスケジューリングを行い、それに向けてのご準備をするに当たっては資金の問題やスタッフ募集の問題、現在のご勤務先との関係等細かな調整が必要な問題が複数出て参りますので、それらの調整をしながら最終的にどの時点でご開業をされるのかをしっかりと決めておきませんと、結局大変な思いをされる事になるのはドクターご自身になるからです。
開業支援会社の担当者さんは、飽くまでもサポート役でありドクターの身代わりではありませんから、肝心な胆の部分はドクターが関与しなければ先へは進めませんと云う事を念頭に置きながら事を進める形になりますので、サポートを依頼したから気楽にという考え方は禁物です。
ドクターの周囲の人達のサポートは、飽くまでもドクターご自身の活動を補助するだけですので、ご本人がやる気を出して事に当たらなければ上手く先へは進めないという事は自明の理です。
ですので、ご自身のご開業の時期をしっかりと見極めながら、ご開業に適した物件探しにおいてもその竣工時期やライバルとなり兼ねない同じ科目のドクターに、その物件を先取りされない様にする事も重要になって参りますので、そういった際においてはご自身の開業支援をしてくれる会社担当者とはよくご相談をされながら、事を進めることが大切になって参ります。
ご自身のご開業時期に関して、仮に先送りになったとしてもご勤務先の延長が可能であれば問題ないと思われますが、仮に別のドクターが来る事が決定していたりした場合には、元には戻れませんのでアルバイトでその時期を過ごす形になりますし、それで構わなければ多少のご開業延長は大丈夫ですが、ドクターの人生の転換点として考えた時にやはりシッカリとした形で次のステップへ踏み出したい訳ですので、この辺りについては慎重にご検討され対処したいものです。
いづれに致しましても、これからのご開業については世の中の状態も見極めながら、常に先んずる形でスタートされる事が大切になって参りますので、その辺りの事も頭に入れながらご開業のご準備をされるのが宜しいかと存じます。
posted by 医院開業物件パラダイス at 09:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: