2020年12月27日

今年も後4日のみですね。

早いもので、明日からの4日間で今年も終わってしまう形になりました。
今年の場合には、何をするにもコロナの影響が大きくあったので、クリスマスについても家でこじんまりとやった位であり、人を呼んでの盛り上がり等は全く無かったので、気が付いたら終わっていたと云った感じの呆気無いクリスマスでした。
また、正月用品の買い出しについても例年とは異なり、大みそかまでスーパーは営業をしているそうですが、それ以降元旦から3が日位までお店を休業にすると云う事のようであり、31日迄に現在仕入れた商品を売り切る形での営業にすると云う事でしたので、例年の様に大晦日に駆け込みで買い物をしようとしても、売り切れ商品や残り物の商品しかないと云う悲惨な状況になりそうな感じです。
こんな調子でこの1年をずっと過ごして来た訳ですので、流石の日本人もいい加減ウンザリしていると云うのが本音だと思いますし、医療従事者の方々は本当に疲弊しておられる事でしょう。
やはり政治の力でこの局面を早期に打開しない限り、国民任せでダラダラとした追随型の政策しか出せないのでは、本当に何をやっているのだと思いたくもなりますし、国民には多人数での会食等の制限を言っておきながら、議員達自身が多人数での会食をする事によってコロナに感染すると云った体たらくではお話にもなりません。
本当に困窮している人達が大勢出る結果になりながら、国民の税金で食わせて貰い議員をさせて貰っている輩が、何を血迷ってか自分だけはと言った考えの元で、自らが他人へ課した決まりを犯してその醜態を晒すドジを踏むのか、本当にいい加減にしろと言いたくもなりますね。
ゴートゥーキャンペーンにしても、言い出しっぺの親父が意地を張っていたお蔭でコロナ禍が一層酷くなる状況を作り出してしまい、そうなってから慌てて修正路線をいきなり出しても手遅れになっているのは判り切ったお話であり、もう少し自分のエゴを通す事よりも国民目線での政策路線を真剣に考えて欲しいものだと思います。
前首相の陳腐なコットンマスクの流布から始まり、締めはコロナ蔓延政策の遂行を強行したツケを、年末になってから路線変更するといった形で凌ぎましょうと云うハチャメチャな動きで今年1年は終了という事になり、弊社自体も本業に関してはゼロになってしまい、全く先の見えない不安な1年を過ごす結果になってしまいましたが、本当に来年こそは良い年になる様に頑張りたいと思いますし、早期にワクチンが全国民に提供された上で、以前と同様な経済活動と共に、自身の将来を其々個々人が思い描ける世の中に早くなって欲しいと思います。
ほんの少しずつではありますが、これからのご開業をご検討されるドクターの皆様も徐々に動き出しておられるご様子ですし、そう云った動きに対してのご支援について、微力ではありますが弊社においても全力でお手伝いをさせて頂ければと存じます。
残り4日では、何をどうすると云った具体的なお話にはなりませんが、それでも最後の最後まで気を抜かずに優良物件の探索から始めて、これからご開業されるドクターへの最も良いと思われる案件のご提供が出来る様、今後も情報収集と共に様々な所へのアンテナを張り巡らして、少しでも喜んで頂けるサービスとサポートがご提供出来る様、努力を重ねる所存ですので、これからも宜しくお願い申し上げます。
posted by 医院開業物件パラダイス at 14:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: