2018年11月26日

物件選びの難しさ

前回のお話に出て来たドクターの為に、ある駅前物件のご紹介をさせて頂いた訳なのですが、やはり競合が少ないとはいえそこは駅前ですので立地的な有利・不利と云った事もあって、実際に現場へ行った上での実況見分をしない事にはハッキリとした結論も出せませんし、また、その見るべき時間帯や曜日等によっても人の動きや活気と云うものが異なって感じられるものですので、この辺りの見極めが難しいと常に思う訳です。
しかし、そうは言っても始めに良さそうなお話を聞いたドクターにしてみれば、早く現地で良さそうな案件を見定めてみた上で、本当に気に入れば早急に手を打ちたいと思うのは当たり前の感情ですので、この逸る気持ちを「落ち着きなさい」と云って静まる様に云うのも変なお話なのですが、物件と云うものはジックリと時間を掛けて検討した上で、本当に良いかダメなのかを見極める所が肝になりますので、この部分についてを物件の情報提供者様や薬局様の主導でお話のレールを敷かれてしまうと、ドクターにとっては余りメリットの無い、それ程美味しいお話では無くなってしまう事になる訳ですので、ドクターのサポートを旨とする弊社にとってはこの場面についてシッカリとした目線で判断を要求される事になる訳ですから、非常に重要なパートであると云う事が出来ます。
しかし、一旦これと思っていた物件がダメとなると、ドクターと云えども人の子ですから急にテンションが下がってしまい、他の物件をぶら下げてみせるコンサル会社の方へ目移りしてしまう結果になり兼ねず、この辺りについてのドクターからの信用度が始めから低い様だと、全く後のフォローが出来ない形になり兼ねないと云った状況にもなって参ります。
そう云う意味に於いては、ファーストインプレッションは非常に大切であり、単にドクターが喜びそうな物件を見せると云う事では無く、そのドクターのコンセプトに合った物件のご紹介が出来なければ、物件を出す意味も無くなってしまいますし、単なる時間の無駄と云う事にもなり兼ねません。
こう云う事が、物件選びの難しさと云う事になる訳であり、前回他のドクターの開業支援の際にも同じ様に、狭いエリアに固執していたドクターの為に、物件情報が無いのにも拘らず何とかそのエリアで物件を探索し、ついにそのエリアに最も近い駅と反対側で物件をゲットしたと云うケースもありましたが、ドクターによってはこのエリアと云う限定された場所での物件探しと云うのも意外に難しい訳ですが、逆に流行る所であれば都内のどこでもOKと云ったお話をされるのも、実際には雲を掴む様なお話になってしまい物件探索と云う部分では、非常に難しいお話になって来るのです。
後は、そのドクターがどんな診療をどの様にしてやっていきたいのかと云う部分が重要な訳であり、単にお金を稼ぎたいと云った事になると単なる科目の優劣や乏しいエリアでの開業と云ったお話にはならず、何をしたいのかが明確でないと物件を探すに当たっても非常に難しい検討になって参りますから、本当はそのドクターが最も得意な分野が何であり、それをどの様にして行きたいのかと云う部分がハッキリしていると、それに対応した物件を探索出来ますので、物件探しについてもそれ程難しいお話にはならないと思う訳なのですが、この部分についてが診療と云う部分に重心があるのか、或いは儲けと云う部分に重心があるのかによって、物件探しについては大きな違いが出て来るように感じられますので、中々簡単なようでいて難しいように思われます。
ですので、これからご開業をご検討されるドクターの方々は、まず先にご開業された後にどういった診療をどの様にして行きたいのかと云う部分を大切にして物件選びをされる事をお勧め致しますが、その結果として儲かるのか否かと云う問題になる訳であり、始めに儲かると云う部分を先に立てる事は、何をすれば儲かるのかと云うお話になってしまいますので、それでは何が出来るのですかと云う事にも繋がってしまい、診療に関してのプライオリティが低い形になってしまいますと、患者さん達に気付かれてしまって失敗しかねない状況になる可能性も出て参りますから、非常に注意が必要になって参ります。
ですので、まずご開業されると云う折にはご自身がどういった診療をどの様にして行きたいのか?と云う部分を先に掲げて頂き、その上でどうしたら儲かるのか?と云う事を検討されるのが正しい筋の様に感じますが、皆様は如何でしょうか? 
posted by 医院開業物件パラダイス at 00:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月18日

若い野心家のドクターにお逢いして・・・

今日11月18日は私の誕生日であり、ディズニーキャラクターである「ミッキーマウス」の誕生日でもあります。
今日のディズニーランドでは、この「ミッキーの家」での待ち時間が11時間待ちと云う途方も無い待ち時間を記録したとの事で、ニュースの話題になっておりましたが、小生の方では至って普通の日常であり、家族でラーメン屋さんへ行ってお昼を共にした位の事しかお話が出て来ず、更に云えばこのラーメン屋さんのおじさんが、私のオーダーしたラーメンの他のサイドメニューの「半カレー丼」を、間違って「半焼肉丼」を作って持って来た事位しかハプニングもありませんでした。
昨日は、夕方から初面談の若いドクターとお逢いさせて頂いたのですが、今回のドクターは若いと云う事の他に非常に野心家でもあり、現状に満足せずに売り上げ目標を大きく立てて、その為に新たにご開業をしたいと云う明確な思いのある方でした。
現在に於いても、普通の人であれば充分な稼ぎのあるドクターなのですが、そう云う事に満足せずに上を目指すと云う心意気が非常に気に入りましたし、昨今の若い方の中ではこの様なぎらぎらした思いを持つ人も少なくなっている様に感じており、久しぶりに骨のある人に遭ったと云う感想を持ちました。
まだ初めてお逢いしただけですので、今後、お仕事としてご依頼を頂けるのか否かは全くの不明ですが、もしこのドクターのご開業のお手伝いをさせて頂く事になるのであれば、私も気合を入れて今まで以上に頑張ろうと思わされました。
どんな目標であっても、一つの事を掲げてそれに向かおうとする気持ちは非常に大切な訳であり、純粋にそれを考えて実行しようとする人を見た時には応援したくなるものですし、その事によって自分自身もその人からパッションを貰える様な気もするのです。
聞けば今年の年末位までにはご結婚もされるとの事であり、こういったドクターがガンガン頑張って引っ張って行く様な形が出来れば面白いと思いますし、そう云った覇気のある若手が頑張る事が日本の将来も明るくするのではないでしょうか?
自分自身も若い時には何でもやれるような気がしておりましたし、現在の職業とは異なり貿易関係の仕事をしておりましたが、好きな仕事を職業にしたと云う気持ちもあって、残業が180時間位になって徹夜を何日もしていても、栄養ドリンクを飲みながら頑張っていた記憶がございますし、その頃は本当に仕事が楽しくて責任感の方が強く、寝ないでいても全く気にならなかった自分がおりました。
同じ様な事を今の若い世代に期待する訳ではありませんが、この様な純粋な気持ちとギラギラする欲望を持った若い方に久々にお逢いして、まだこの様な人が世の中には居るのだと思うと、ワクワクしますし応援をしたくなるものです。
と云った訳で、昨日は久々に面白そうなドクターにお逢い出来たと云う想いで帰宅したのですが、その帰りがけに電車の中で若い女性がどこかのバカ親父に痴漢され、大騒ぎになって乗っていた電車が所謂「社内トラブル」によって15分程ストップしてしまうと云ったアクシデントに見舞われ、折角良い気分で帰ってきたのが台無しになってしまいました。
ともあれ、今回お逢いさせて頂きました若いドクターについては、出来れば弊社で開業支援をお手伝いできればと思っておりますが、逆に弊社の手腕も問われる形になりそうですので、改めて頑張ろうと云う気にさせられました。
やはり開業支援をするのであれば、若いドクターにはより大きな可能性を感じますし、将来を思い切り明るくするお手伝いをしてあげたいと思います。
posted by 医院開業物件パラダイス at 20:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月12日

これからのご開業事情は?

今迄のご開業支援を振り返ってみますと、割合にドクターのご希望に沿える案件等も有ったりして、それなりにご満足頂ける物件をご紹介出来ていた様に感じるのですが、これから先を考えてみた時に、今迄の様にドクターご自身のご希望に沿っての物件探索だけをしていて、本当にご成功する物件が見つかる物なのか?と云う疑問が湧いて参ります。
10年前に比べると、それなりに競合となる先生方のクリニックがそこかしこに出ており、その間隙を縫ってのご開業をされたとしても、やはり地理的に見た時には殆ど競合のエリア内と云える場所になってしまう傾向が感じられ、余り良い物件選びをしたと云う感じを受けないケースも見受けられますので、これから先については余程シッカリとした事前調査等をしない限りにおいては、本当にご満足の頂けそうな物件は見当たらないのでは?とも思う様になりました。
しかしそうは言いましても、まだまだこれからご開業のご検討をされるドクターは延々と続いて出て来られる訳であり、それらのドクターの皆様にも出来るだけ良い物件をご紹介させて頂き、更にご開業された後にはご成功をして頂きたいと思う気持ちには変わりありませんので、余計に良い物件を探すと云う部分に於いて、慎重さを求める比重が高まって来るものと思われます。
最近の傾向を見ておりますと、駅前の新築医療ビル等に於いては薬局様の主導と云う事もありますが、場所的には良いと思う物件であってもその賃料設定が高めになって来ており、まともに考えると保険診療だけをしていたのではその賃料を支払うのは困難なのでは?と思わされる物件が増えている様に感じられます。
しかし、そう云った物件であっても選ぶ自由の幅が狭まっている中においては、早い者勝ちと云った雰囲気に呑まれて早々にその賃料の高い物件へ手を出してしまうドクターもいる訳であり、その選択が正しければ良いのですが、そうで無ければ将来的に悲惨な結果に結び付く可能性が高くなりますので、弊社がお手伝いをさせて頂いているのであれば、ドクターに良く物件を吟味する様にご注意を促す場面になる訳です。
所が、現在多くの開業支援会社に於いてはその様な事には関心が薄く、早くドクターを物件に宛がってしまって医療機器類を売り込んだり、数値を高く盛った医療診療圏調査を見せたりして、少しでも早く売上に繋げようとする姿勢が見え隠れしており、弊社としてはドクター目線に立った時に非常に危ない感じを受けておりますし、酷い言い方をすれば食い物にされている様にも感じられます。
ですので、これからのご開業をご検討されるドクターに於いては、今迄と同じ様に物件を見るのではなく(現在のお住まいから30分圏内で通勤が可能なエリアだとか、駅前物件で無ければ全てNGであるとか、都心から離れた物件は論外だとか云うお話は、リセットすべき事柄であると云うべきです)、これからご開業されると云う現実をこれから新たに事業を始めると云う形にシビアに考え、何処でご開業すれば本当に当たるのか?と云う商売目線でご検討される事が正解な訳です。
その様にして考えて行きますと、既にご開業された先輩や同期のドクターへご相談される事自体が、躓きの始まりになり兼ねないと云う事を、新たにご認識される事をお勧め致しますし、是非、ご注意頂きたい事柄であると申し上げたい訳なのです。
今迄のご開業の環境とは今後のご開業の環境は大きく変化してきており、今迄の論理でご開業のご検討をしていたのでは、将来的に余り上手く行かないであろうと云う懸念が出て来ておりますので、その辺りの事を踏まえた上で慎重な物件選びをされ、更には安易に大手の会社であったり開業実績が多い事を売りにする会社へ依頼する事が、その会社のビジネスチャンスに結び付くだけで、逆にご自身の将来を潰す事になり兼ねないと云う危機感を持って、ご開業準備のパートナーとなる開業支援会社選びについても慎重にされる事が肝要になって参ります。
くれぐれもドクターご自身が食い物にされない様に、本当にご成功される事を真剣に検討してくれる開業支援会社様を選択して、素晴らしいご開業のスタートを切って欲しいものであると願っておりますし、是非、そう云った折にはご開業支援の数に於いては多くなくても、殆ど全てのお手伝いをさせて頂いたドクターがご成功されている実績を持つ弊社の方にご相談頂ければ、ご安心して頂けるものであると信じておりますので、お気軽にご連絡を賜れます様に宜しくお願い申し上げます。
posted by 医院開業物件パラダイス at 22:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする