2019年04月29日

平成も後1日残すのみとなりました。

個人的なお話になりますが、私が結婚したのが平成元年5月28日であり、カミさんと色々ありましたが何とかかんとか平成を乗り切って、令和の時代へと突入する事になりそうです。
平成の時代は、バブル期の終わりから始まった時代であり、お金の使い方も今に比べると随分と派手に使っていた様にも感じられますが、またそんなお金の使い方をしていても、その分シッカリと働けば何とかなった時代でもあった様に思います。
現在の仕事とは全く異なる業界で仕事をしており、所帯を持ったと云う事もあって平成の時代に於いては随分と仕事をしていた様にも思えるのですが、その仕事が好きでやって居たと云う事もあり全く残業が多く合っても気にもならず、今でいえば過労死の認定時間を大幅にオーバーする位の残業もこなしていましたが、若さと云う事もあったのか全くどうと云う事も無く平気で仕事に没頭していました。
また、そうやって仕事をしていた関係もあり、休みを取る時には必ず家族を旅行に連れ出して、随分とお金も使った様に思います。
自分の仕事人生の中で、最も充実していた時期が平成の時代だったと云えるのかも知れませんが、その時代が幕を閉じて次の時代へと移って行くのを実感すると、自分も年を取ったのだなあと思ったりもする今日この頃です。
平成の時代には、現在と異なり貿易関係の仕事をしていた事もあり、商社や報道機関、メーカーや銀行等の世の中の動きを実際に回している会社とお付き合いをしていた事もあり、ライバル会社との競争やら何かと気の抜けない日々を送っていた為、夜中に夢を見て魘されたりして本当に精神的にはギリギリの状態で日々の生活をしていた様に思えます。
ライバル会社の仕事を取る為に、大手商社を相手にして世界中のエリア毎に分けられている仕事をソックリ取った時は、流石に社内でも驚かれましたし、相手のライバル会社の中でも私の存在は脅威として覚えられて居たようですが、この事は後日、私がその会社を退職する際に、たまたま同じマンションに住んでいたライバル会社のご家族がオランダへ駐在員として赴任すると云う時に、そこの奥様が私の妻に「うちの旦那と同業者の○○会社の方がご退職されるらしいのですが、お宅の旦那さんも○○会社にお勤めだったわよね?」と聞いて来たと云うお話であり、まさかウチがその本人ですとも言えず、業界内で私がその会社を退職する事は、ちょっとしたニュースとして広まっていた様でしたので、変に調子に乗った行動をしないで、静かにしていて良かったと云う思い出がございました。
この会社を辞めるきっかけになったのは、自分の娘が「ギランバレー症候群」と云う病気になって仕舞い、周辺のクリニックを片っ端から廻ってみても何処もシッカリとした答えをしてくれなかったので、思い切って隣の県にある「自治医大病院」へ診て貰いに云った所、そこの小児科の先生から、もしかすると非常に稀なケースですが小児であっても掛かる事の有り得る病気と云う事で「ギランバレー症候群」では?と云う答えを頂き、もしそうであれば緊急入院して免疫療法を受けなければ死んでしまうと云う事を云われて、直ぐに入院をさせ毎日見舞いに車で片道3時間を掛けて行き来をしておりましたが、流石に毎日は大変であり仕事が続かないと云う事もあって、仕事より子供だと云う事で会社を辞めたと云う経緯がありました。
そう云う事もあって、世の中には医療と云う分野の仕事もあるのだと云う認識が生まれ、次に職探しをする際に医療関係の会社を探して職に就いた訳ですが、その時のご縁で今の様な開業コンサルタントの仕事をさせて頂く様になった訳です。
人の人生等はどの様になるのかは全く予想が付きませんが、平成の時代を生きて来てモーレツ社員からコンサルタントへ変貌した一人の男がいたと云う事実が有りましたが、これから『令和』の時代にはどの様になるのか?自分の中に蓄積された物を、多くのドクターに還元しながら喜んで頂ける仕事が出来ればと思っております。
posted by 医院開業物件パラダイス at 18:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月21日

ご開業のご検討は、いつ頃からするのがベターか?

ご開業をご検討されるに当たって、ドクターの皆様は其々のご事情もあり、30代から60代まで幅広い年齢層の中で行われておりますが、実際にご開業される場合に於いて、最も安心且つ効率的なご開業の時期と云う物が実際にはある程度ハッキリと有る様に感じております。
この事は、飽くまでも弊社の経験からの個人的な見解ですので、必ずそうであると云う事は一切申し上げませんけれども、少なくとも塾年齢に達した時点でのご開業よりも若い世代の内にご開業されたドクターの方が、色々な面でご開業の成功確率が高く感じられました。
弊社の経験の中で最も若くご開業されたドクターは32歳でしたが、どうしてそんなに若い年齢でご開業されるのですか?とお伺いして見た所、元々ドクターを目指したのも早く開業したかったからと云う事であり、若い年齢のドクターに特有な若さ故のパッションも大盛でしたし、兎に角未来への野望も大きく、現況に留まっていると云った感じでは無く、常に先を見ていて向上心が旺盛なドクターが多かった様に記憶しております。
更には30代前半のドクターの場合には、結婚をしていてもまだ子供が非常に小さいか居ないと云った状況のドクターが多く、お子様の環境条件に左右される事無く開業エリアや物件の検討を出来る点が、熟年世代のドクターに比べると非常に有利に働いていると云う事が出来るのです。
また、金融機関の融資を受ける際に於いても、様々なローン設定等も余りされていなかったり、意外に持っているキャッシュが多かったりして、実際に融資を受ける際には、金融機関側から歓迎されるケースが多いのも特徴の一つだと思われます。
他にも、医局の中で同じ様な環境での実務だけをして来ていると、ある一定の病状や診療体制の中での完結と云う形になって仕舞うマンネリ化等も無く、自身でご開業されれば必ず直面するであろう、他流試合の様な毎日患者さんと云う対戦相手の変わる環境の方が刺激があって楽しいと云うドクターも居られましたし、仕事の内容の多様化と経営的なセンスを身に着ける事が可能になると云う部分で、若くして独立したいと云うドクターにも多く会って参りました。
また、誰しも初めての経験でのご開業と云う部分に於いては、少なからず不安感や心配と云う物が付いて回る訳ですが、若い世代の場合には意外にそれらの不安を払拭する要素も大きく、ダメならまた勤務医をすれば大丈夫と云った様な、切り札的な?感情も持っておられる方もいらっしゃいました。
後は、若さ故の頭の柔軟さと云うか物の考え方が柔らかいので、余り細かい事まで考え詰めずに実行していくバイタリティが、傍目で見ていても良く判りグイグイと頭角を現す感じを実感させられました。
しかし、そうやって様々な人達やドクター達と交わって行く中で、若くしてご開業されたドクターも世間の波に揉まれて徐々に尖った部分が削られて人間味の深い人物になって行く様に感じておりますが、この事はやはり医局の中にいて世の中の流れに合っていないドクターには見られない感じであり、人としての成長をするにはやはりご開業される事は大切な事だと云えるのではないでしょうか。
また、勉強しないドクターは開業をしてもしなくても一緒であろうと思われる節がありますが、ご開業したからこそ一生懸命に勉強しておられるドクターの姿を普段の姿の中から見る事が出来ますが、これは弊社がご開業の後もフリーでサポートをしているから判る事であり、ご開業された時点で離れてしまう業者様には判らない事かも知れません。
あとは、定年後のご開業と云う形のドクターの場合には後が無いと云う状況が有る為に、資金運用に非常にシビアになって仕舞って結局の所、タダでお手伝いをしますと云った業者様に乗せられて上前を撥ねられている状況が殆どの様ですから、そこまで追い込まれて開業するのは余り得策ではない様に感じておりますし、融資を受ける際にも年齢制限や金額制限もあり、更に金融機関そのものがそれ程喜んで融資を受けてくれないと云う事実を実際に見聞してもおります。
この様にして、様々な要因を加味してご開業の時期を考えてみますと、ご本人による希望が最も重要ではありますけれども、やはりご開業される時期としては、お子様が小さくて学校等への影響を考えずに済む事、様々な患者さんへの対応をしてみたいと云う診療方針を持っている事、資金的に無理なく借り入れが出来る環境にある事やある程度の開業資金準備金を持っている事、将来的に地域医療への貢献を考えていたり分院展開等も視野に入れている事等が無理なく実行できる年齢であるとご自身で考えられる時が、その最も有力なご開業時期であると云えるのではないでしょうか?
事実、若い年齢時にご開業されておられるドクターで失敗したと云う事例は弊社に於いては皆無ですが、勿論、30代でのご開業でなければならないと云う事ではございませんし、40代、50代、60代でのご開業されるドクターについても全てお手伝いをさせて来て頂いておりますし、其々のドクターの志次第では無かろうかと考えている次第ですが、若い時のご開業の方がリスクが低いと云う事は厳然たる事実としてあると云う事も言えますので、これらを総合的にお考えになられた上で、ドクターご自身の人生設計と共にご開業のご検討をされる事をお勧め致します。

posted by 医院開業物件パラダイス at 18:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月15日

ご開業物件の見極めと診療科目の関係

これからのご開業をご検討されるドクターにとっては、やはり物件選びが非常に重要であり気になる部分かと存じますが、その物件を選定するに当たっての根拠はどの様な検討によって決められるのでしょうか?
最も多いのが、人が多い場所で視認性・認知度の高い物件と云う物が多い訳ですが、本当にそれだけでしょうか?
ご自身が診療される診療科目に本当に合った物件であるか否かは、その物件周辺の居住者層に関わるものでは無いのでしょうか?
幾ら人口が多いと云っても若年層世代の多いエリアと高齢者層の多いエリアでは、自ずと診療科目によって患者数の増減が出て来てしまいますし、更に言えばご開業時点に於いては診療圏調査の数字が良かったとしても、その後の10年・20年後についてそのエリアでの人口比率がどの様になって居るのかまでを検討されておきませんと、ご開業されて数年が経てから今後のビジョンを検討した際に、患者数の増加が頭打ちになって来たり減少して来たりする事が実際に起こって参りますが、そう云った事を事業として本当に先読みして検討されるドクターは、どれ位居られるのでしょうか?は大変疑問に感じております。
まして、タダで開業支援をさせて頂きますだとか、ドクターの想いに寄り添ってご開業までのお手伝いを等と云っておられる業者様達が、そのドクターの将来設計までを検討してお手伝いをしているとは考え難い訳であり、実際ドクターがご開業してしまえば「後は野となれ山となれ」と云った感じでプッツリと音信不通になって仕舞うのが一般的であり、そのドクターが開業する際に使う資金や開業後に出す処方箋料が目当てなだけで、開業支援に若干の労力を使っても後にシッカリ儲けられるから気にしないと云ったスタンスなだけである訳ですが、その事に思いが至らずにタダでやってくれるのであれば、そちらを使うのがお得と云った簡単な考えで依頼されるドクター達は本当にいいカモな訳です。
勿論、そう云ったドクター達が多いので笑顔で下出に出ながらヨイショをしながら誘導して、自分たちのペースに巻き込んでおいて目に見えない形での利益の上乗せをするパターンな訳ですから、見方によっては非常にフェアでないアプローチだとも言える訳ですが、この世の中にタダで人に尽くすと云う事はボランティア以外に有り得ないのに、それを理解出来ない部分が世間知らずのドクターと云う事になる訳です。
この様に目先の仕事として近づく開業支援の業者様達は非常に多い訳ですが、どうせ開業支援をするのであればお手伝いをする対価は幾らですとハッキリと謳って、その替りにそのドクターの開業に関する責任はシッカリと負わせて頂きますと云った形の開業支援業者の方が、世間的に見ても当たり前と云うか普通の姿の様に感じるのですが、如何なものでしょうか?
普段先生と云われて持ち上げられていると、その辺りの感覚がマヒしてしまっているのであれば、お山の大将としてそのままご開業されると後が辛くなってしまいますので、人とのお付き合いに関してもご開業される折には勉強される事をお勧め致します。
それと、ご開業されてからご自身のクリニックの口コミなどをご覧になられて、非常に辛辣な事を書かれていたりすると大いに凹んでしまって弱気になられるドクターも多いのですが、これ等も病院勤務の時には判らずにいた世間からの評価であり、ある意味ご自身の為にある合わせ鏡として悪く言われている部分について、謙虚に振り返られてみる事も今後についてのご自身の向上には糧になる部分かと存じます。
嫌な事を云われるのは誰でも不愉快ですが、敢えてその様な事を云われて反省しながら改善する事こそ人として更に大きくなる為には必要な事ですし、それを悟る事によって更にご自身の診療に磨きがかかるものだと思いますので、ガッカリするだけでは無くそれをステップとしてご自身に磨きをかけて頂けると宜しいのではないでしょうか?
お話が脱線してしまいましたが、ご開業物件の見極めにはご自身の将来的な部分に於ける患者層の獲得が出来るエリアであるか否かと云う部分と、診療科目として将来的にも求められるエリアであるのか否かの両面を見極めながら、物件のご検討をされる事をお勧め致します。
posted by 医院開業物件パラダイス at 10:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする