2018年11月29日

ご開業されるドクターの不安は?

これからご開業をご検討されておられるドクターの不安の第一は、やはり一番先に来るのが開業後にどれ位の患者さんが自分のクリニックに足を運んでくれるのか?と云う部分だと思います。
誰しもその事は考える事ですし、その答えについてもやはり誰にも答える事の出来ない質問だとは思うのですが、今迄にご開業のお手伝いをしてきた中にそのお答えをご自身の口からあっさりと仰られたドクターがおられ、成程その言葉にも一理あるなぁと思わされたものでした。
その一言は一体なんなのか?と云えば、「そのドクター自身の出来の良し悪しと、受けの良し悪しに掛かっているよ」と云うものでした。
つまり、その先生がご開業されるに当たって、どういった診療方針でどんなことを遣りたいのかと云う部分をシッカリと持っており、更にそのやりたい診療と云う事についての確かな自信を持っている事と、後はその先生ご自身が患者さんに対しての受けが良いのか悪いのか?患者さんの目線で診療と応対をするのかしないのか?と云う事に尽きると云うものでした。
ですので、その先生のお言葉によれば、多少物件が不利な状況の場所にあったり、裏手の寂しい場所で余り人目にも付かない様な所であったとしても、そこにいるドクターやスタッフ達が患者さんに対して大変快く接するのであれば、自ずと患者さん達の口コミによって患者数が増えるし、大盛況になるクリニックとして発展する筈ですと云うものでした。
どんなに場所の良い所でご開業をされたとしても、始めの内は様子見で来る患者さん達も多い筈であり、その内情が判った段階で始めて次も行ってみようかと云う想いになる訳ですので、ドクターサイドとしてはそう云った患者さんの心情も考慮しながら日々の診療をすべきであり、単なる金儲けの種が来ると云う位の感情で日々の患者さんを捌いていたのでは、次第に患者さんが離れてしまうと云う恐ろしい現実を知るべきであり、その事を物件の場所のせいにしたり、他人のせいにすると云うのは的外れなご意見かと存じますし、まずはご自身とそのスタッフ達の患者さんに対する対応をよく検討されてみる事が先決だと思います。
その様にして考えますと、どんなに物件の素性が宜しくとも、先生ご自身の素性が宜しくなければ (この場合には、ご開業に向いているのか居ないのかと云う部分) ご開業されてから本当に大成功するのか否かは判りませんと云う他ございません。
ですから、よく近い将来ご開業のご検討をされておられるドクターからのご質問に、競合が少ないエリアで而も人気のエリアやそれに近いエリアであって、更に診療圏調査の数字が非常に高い場所の物件を探してほしいと云う事が挙げられますが、この様な物件の探索をするのであれば約10年以上前に物件探しをしながら現時点に至るまでキープしていれば、この様な物件を手に入れる事は可能だと思われますが、その様な物件があれば殆どの開業希望ドクターは皆さん其処へ集中している筈ですし、その現象が無いと云う事はその様な物件が無いと云う証でもあるのです。
そこで出て来る事として、先にお話の出ていたドクターの仰られていたお話に繋がって来る訳ですが、物件の良し悪しに捉われるのではなく、ご自身の診療方針や患者さんへのご対応と云う部分に拘って頂いた方が、患者さんを多く集める事に繋がって参りますし、その事が最も早くご成功をされる為の近道であると云う事を、是非、ご認識頂けると先生ご自身の為にも宜しいのかと存じます。
以外に、どのドクターもそう云った事に気付かずに、単に物件や競合先が多いとか少ないとかいう部分だけに目が行ってしまっておりますが、実はそう云った事はご自身の内面の部分が第一であって、その次に考慮すべきファクターである事をシッカリと認識される事こそが、最も早くご成功される鍵になるのではないかと考えます。
皆様は、上記の事をどの様に考えられますでしょうか?
弊社としては、この事は真実であると云う実感を身をもって経験しており、その事を仰られたドクター自身についてもお手伝いをさせて頂きながら感じていた事であり、この事こそが成功の本質なのだと云う事を見させて頂きましたからこそ、この様なお話をさせて頂いたのです。
ご開業されるに当たって、ドクターが抱く本当の不安と云うものは、ご自身の腕に対する不安と云う事もあるかも知れませんし、患者さんに対して請けの良いドクターとなるのか否かと云う部分での不安と云う事なのかも知れません。
それをカバーする為に、少しでも良い物件をと云う形に走っているのかも知れませんが、本質をシッカリと探ってご自身に対する自信と云うものを身につければ、少しも不安がる必要はありませんし、その不安を取り除く為に弊社の様な開業支援の会社が存在する訳なのです。
posted by 医院開業物件パラダイス at 18:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月26日

物件選びの難しさ

前回のお話に出て来たドクターの為に、ある駅前物件のご紹介をさせて頂いた訳なのですが、やはり競合が少ないとはいえそこは駅前ですので立地的な有利・不利と云った事もあって、実際に現場へ行った上での実況見分をしない事にはハッキリとした結論も出せませんし、また、その見るべき時間帯や曜日等によっても人の動きや活気と云うものが異なって感じられるものですので、この辺りの見極めが難しいと常に思う訳です。
しかし、そうは言っても始めに良さそうなお話を聞いたドクターにしてみれば、早く現地で良さそうな案件を見定めてみた上で、本当に気に入れば早急に手を打ちたいと思うのは当たり前の感情ですので、この逸る気持ちを「落ち着きなさい」と云って静まる様に云うのも変なお話なのですが、物件と云うものはジックリと時間を掛けて検討した上で、本当に良いかダメなのかを見極める所が肝になりますので、この部分についてを物件の情報提供者様や薬局様の主導でお話のレールを敷かれてしまうと、ドクターにとっては余りメリットの無い、それ程美味しいお話では無くなってしまう事になる訳ですので、ドクターのサポートを旨とする弊社にとってはこの場面についてシッカリとした目線で判断を要求される事になる訳ですから、非常に重要なパートであると云う事が出来ます。
しかし、一旦これと思っていた物件がダメとなると、ドクターと云えども人の子ですから急にテンションが下がってしまい、他の物件をぶら下げてみせるコンサル会社の方へ目移りしてしまう結果になり兼ねず、この辺りについてのドクターからの信用度が始めから低い様だと、全く後のフォローが出来ない形になり兼ねないと云った状況にもなって参ります。
そう云う意味に於いては、ファーストインプレッションは非常に大切であり、単にドクターが喜びそうな物件を見せると云う事では無く、そのドクターのコンセプトに合った物件のご紹介が出来なければ、物件を出す意味も無くなってしまいますし、単なる時間の無駄と云う事にもなり兼ねません。
こう云う事が、物件選びの難しさと云う事になる訳であり、前回他のドクターの開業支援の際にも同じ様に、狭いエリアに固執していたドクターの為に、物件情報が無いのにも拘らず何とかそのエリアで物件を探索し、ついにそのエリアに最も近い駅と反対側で物件をゲットしたと云うケースもありましたが、ドクターによってはこのエリアと云う限定された場所での物件探しと云うのも意外に難しい訳ですが、逆に流行る所であれば都内のどこでもOKと云ったお話をされるのも、実際には雲を掴む様なお話になってしまい物件探索と云う部分では、非常に難しいお話になって来るのです。
後は、そのドクターがどんな診療をどの様にしてやっていきたいのかと云う部分が重要な訳であり、単にお金を稼ぎたいと云った事になると単なる科目の優劣や乏しいエリアでの開業と云ったお話にはならず、何をしたいのかが明確でないと物件を探すに当たっても非常に難しい検討になって参りますから、本当はそのドクターが最も得意な分野が何であり、それをどの様にして行きたいのかと云う部分がハッキリしていると、それに対応した物件を探索出来ますので、物件探しについてもそれ程難しいお話にはならないと思う訳なのですが、この部分についてが診療と云う部分に重心があるのか、或いは儲けと云う部分に重心があるのかによって、物件探しについては大きな違いが出て来るように感じられますので、中々簡単なようでいて難しいように思われます。
ですので、これからご開業をご検討されるドクターの方々は、まず先にご開業された後にどういった診療をどの様にして行きたいのかと云う部分を大切にして物件選びをされる事をお勧め致しますが、その結果として儲かるのか否かと云う問題になる訳であり、始めに儲かると云う部分を先に立てる事は、何をすれば儲かるのかと云うお話になってしまいますので、それでは何が出来るのですかと云う事にも繋がってしまい、診療に関してのプライオリティが低い形になってしまいますと、患者さん達に気付かれてしまって失敗しかねない状況になる可能性も出て参りますから、非常に注意が必要になって参ります。
ですので、まずご開業されると云う折にはご自身がどういった診療をどの様にして行きたいのか?と云う部分を先に掲げて頂き、その上でどうしたら儲かるのか?と云う事を検討されるのが正しい筋の様に感じますが、皆様は如何でしょうか? 
posted by 医院開業物件パラダイス at 00:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月18日

若い野心家のドクターにお逢いして・・・

今日11月18日は私の誕生日であり、ディズニーキャラクターである「ミッキーマウス」の誕生日でもあります。
今日のディズニーランドでは、この「ミッキーの家」での待ち時間が11時間待ちと云う途方も無い待ち時間を記録したとの事で、ニュースの話題になっておりましたが、小生の方では至って普通の日常であり、家族でラーメン屋さんへ行ってお昼を共にした位の事しかお話が出て来ず、更に云えばこのラーメン屋さんのおじさんが、私のオーダーしたラーメンの他のサイドメニューの「半カレー丼」を、間違って「半焼肉丼」を作って持って来た事位しかハプニングもありませんでした。
昨日は、夕方から初面談の若いドクターとお逢いさせて頂いたのですが、今回のドクターは若いと云う事の他に非常に野心家でもあり、現状に満足せずに売り上げ目標を大きく立てて、その為に新たにご開業をしたいと云う明確な思いのある方でした。
現在に於いても、普通の人であれば充分な稼ぎのあるドクターなのですが、そう云う事に満足せずに上を目指すと云う心意気が非常に気に入りましたし、昨今の若い方の中ではこの様なぎらぎらした思いを持つ人も少なくなっている様に感じており、久しぶりに骨のある人に遭ったと云う感想を持ちました。
まだ初めてお逢いしただけですので、今後、お仕事としてご依頼を頂けるのか否かは全くの不明ですが、もしこのドクターのご開業のお手伝いをさせて頂く事になるのであれば、私も気合を入れて今まで以上に頑張ろうと思わされました。
どんな目標であっても、一つの事を掲げてそれに向かおうとする気持ちは非常に大切な訳であり、純粋にそれを考えて実行しようとする人を見た時には応援したくなるものですし、その事によって自分自身もその人からパッションを貰える様な気もするのです。
聞けば今年の年末位までにはご結婚もされるとの事であり、こういったドクターがガンガン頑張って引っ張って行く様な形が出来れば面白いと思いますし、そう云った覇気のある若手が頑張る事が日本の将来も明るくするのではないでしょうか?
自分自身も若い時には何でもやれるような気がしておりましたし、現在の職業とは異なり貿易関係の仕事をしておりましたが、好きな仕事を職業にしたと云う気持ちもあって、残業が180時間位になって徹夜を何日もしていても、栄養ドリンクを飲みながら頑張っていた記憶がございますし、その頃は本当に仕事が楽しくて責任感の方が強く、寝ないでいても全く気にならなかった自分がおりました。
同じ様な事を今の若い世代に期待する訳ではありませんが、この様な純粋な気持ちとギラギラする欲望を持った若い方に久々にお逢いして、まだこの様な人が世の中には居るのだと思うと、ワクワクしますし応援をしたくなるものです。
と云った訳で、昨日は久々に面白そうなドクターにお逢い出来たと云う想いで帰宅したのですが、その帰りがけに電車の中で若い女性がどこかのバカ親父に痴漢され、大騒ぎになって乗っていた電車が所謂「社内トラブル」によって15分程ストップしてしまうと云ったアクシデントに見舞われ、折角良い気分で帰ってきたのが台無しになってしまいました。
ともあれ、今回お逢いさせて頂きました若いドクターについては、出来れば弊社で開業支援をお手伝いできればと思っておりますが、逆に弊社の手腕も問われる形になりそうですので、改めて頑張ろうと云う気にさせられました。
やはり開業支援をするのであれば、若いドクターにはより大きな可能性を感じますし、将来を思い切り明るくするお手伝いをしてあげたいと思います。
posted by 医院開業物件パラダイス at 20:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする